「警察国家アメリカ」:「白人至上主義アメリカの復活」=「ネオコンNWO」

みなさん、こんにちは。

次はこれ。「警察国家アメリカ」=「白人至上主義アメリカの復活」=「ネオコンNWO」である。
e0171614_2351362.jpg

これはこの20年近く前からデービッド・アイク氏やジョン・コールマン博士やヘンリー・メイコウ氏などが主張して来たことだが、それが着実に現実化してきたのである。


これは、アメリカのシアトルでその地で有名なネイティヴ・インディアンの男性を白人警官が白昼堂々と撃ち殺す映像である。
Seattle Police Gun Down Innocent Man - Raw Video


これは、「丸腰」で無抵抗、投降の意思表示をしたアジア系の男性をテーザー銃で一撃する場面である。
Police Officers Taser Man After He Gives Himself Up to Cops


これは、無賃乗車で逃げた黒人男性が無抵抗のうちに射殺される場面。



故アーロン・ルッソ監督



が言っていたように、ユダヤ人は「全員にマイクロチップを埋め込み、奴隷化する」ということを本気で考えているのだヨ。



もはや「経済大国アメリカ」、「自由の国アメリカ」は単なる神話かジョークに過ぎない。現実は、ネオナチに限りなく近づく。ネオコンとは、ヒットラーの呪いをかけられた「ヒットラーの息子たち」なのである。


おまけ:
人口削減計画「エコサイエンス」の著者、ジョーン・P・ホールドレンがやってくる!
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-26 09:33 | アイク

<< 世界一足の速い奴?:動物か、エ... 中林海岸のサイクリングロード崩... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE