フジテレビと日テレ、電波法違反の免許停止罪とか!?:ヒロユキ暴露!

みなさん、こんにちは。

いやはや、ちょっと前にこんなものをメモしておいた。
「水戸黄門」がついに終了か!?:「涙のあとには虹も出なかった」?

この中で私は
それもそのはず、TBS、フジテレビ、日テレなどはすでに韓国朝鮮系、パチンコ系列の資本に乗っ取られてしまったからである。時代錯誤のくだらん韓国ドラマばかり放映する割には、日本的なものを排除する傾向がかなり前から見えて来ているからである。ハワイで韓国番組をみるから良いのであって、日本で韓国人朝鮮人見たってしょうがねえだろうヨと俺は思うがナ。

とメモしていた。おそらく、これを読んだ人は「大丈夫かい?そんなこと言って」と思ったに違いない。

その後、在日朝鮮人を描いた「パッチギ」の在日青年役をしたという、高岡蒼甫

e0171614_21143339.jpg

が「フジテレビ」批判をして、スターダストというプロダクションを追い出されることになったというニュースがあったようである。

しかしながら、正しいのは私や高岡蒼甫氏だったということが最近証明されたようである。以下のものである。

フジテレビと日本テレビの放送免許が危ない問題。

日本には、電波法という法律があって、携帯電話の電波やテレビの電波などの管理をしています。んで、限られた電波資源を外国が乗っ取ったりしたら大変なので、テレビ局などは、外国人株主の比率をは20%以下にしなければいけないと決められています。(電波法 第五条)


んで、外国人直接保有比率は、証券保管振替機構で見られるんですが、2011/07/26の数字を見ると、、、
日本テレビ 22.66%
TBS 7.19%
フジテレビ 28.59%
テレビ朝日 14.57%
テレビ東京 1.26%

フジテレビは、外国人直接保有比率が28.59%と、20%を大きく超えちゃってます。
日本テレビも、22.66%とわずかに超えてますね。
テレビ朝日は14.57%で大丈夫です。
テレビ東京の1.26%という圧倒的な外国人への人気の無さも気になりますけど、、、、


んで、今現在でも、フジテレビと日本テレビは、「免許の取消し」に当てはまるんですね。ただ、いきなり外国人に買われてしまって廃止では可哀想なので、免許の残存期間中は、総務大臣は免許を取り消さないことが出来ます。(電波法 第七十五条)

前回の放送免許の更新が2008年から5年だったので、2013年までになんとかしないといけないんですね。

ちなみに、外国人がテレビ局の株を買うだけで、放送の免許が無くなっちゃうとアレなので、テレビ局側は、外国人の株式の取得を制限するという荒業が使えると放送法の第五十二条の八には書いてあったりします。

ただ、外国人が株を買えなくするには、日本中の証券会社の仕組みを変えなきゃいけないし、議決権の無い株式にいきなり変換したら、「配当を多くしろ」とか揉め事になるのは予想されるわけで、どうなることやら、興味津々な昨今です。

ちなみに、議決権のない株式は、議決権が無い替わりに、配当が多くもらえたりします。

これは「2ch」の創始者、在日青年の噂のある西村博之のブログらしい。

まあ、統計データを見るまでもなく、コマーシャル企業を見れば、明白ですナ。フジ産経グループは高岡蒼甫氏の名誉回復してやった方がいいのではないかい? 彼はまったく正しいことを言っただけなのだからナア。

いやはや、何事も本末転倒。世も末ですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-07-29 21:17 | 反日・在日の陰謀

<< 小沢一郎衆議院議員公開討論会お... 「最後の審判の日」が近い!?:... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE