中田ヒデを後ろで支えた男、松田直樹選手逝く:松田選手よ、永遠なれ!

在りし日の松田直樹選手、安らかに眠れ! RIP.

すぽると "LiNE" サッカー元日本代表 松田直樹



みなさん、こんにちは。

いやはや残念無念。無意識状態にあった、元サッカー日本代表の松田直樹選手が、長野の病院で逝去したようである。


サッカー元日本代表松田選手死去 練習中倒れ、入院先で

 サッカー元日本代表DFで、日本フットボールリーグ(JFL)松本山雅FC所属の松田直樹選手が4日午後1時すぎ、長野県松本市の信州大病院で死去した。34歳。2日の練習中に急性心筋梗塞で倒れ、救急搬送されていた。
 松本山雅FCの加藤善之監督らによると、松田選手は2日午前9時半ごろ、松本市のグラウンドで練習中に倒れた。見学していた女性看護師が心臓マッサージをしたが、病院搬送時は心肺停止状態だった。
 その後、微弱ながら心臓の鼓動が戻り、人工心肺装置で血流を維持したが意識は戻らなかった。
【写真説明】 2002年6月、サッカーW杯日韓大会のロシア戦で相手選手をマークする松田直樹選手(左)=横浜国際総合競技場
e0171614_15544340.jpg
サッカー:元日本代表の松田選手が死去

 長野県松本市のグラウンドで2日に急性心筋梗塞(こうそく)で倒れた元サッカー日本代表DFの松田直樹選手(34)は4日午後1時過ぎ、入院中の松本市の信州大医学部付属病院で死亡した。
 松田選手が所属する日本フットボールリーグ(JFL)の松本山雅(まつもとやまが)FC(松本市)や同病院によると、松田選手は2日午前10時ごろ、グラウンドで15分間のランニングを終え、脈拍を計測中に突然倒れた。心肺停止状態で搬送され、集中治療室(ICU)で人工心肺装置をつけて治療を続けていたが、回復しなかった。【大島英吾】

松田直樹選手=2011年1月、大平明日香撮影
e0171614_15533249.jpg


おそらく病院では脳死判定が行なわれたのかもしれないが、少なくとも2週間は様子を見て欲しかった。人工心肺をはずせば、それで終わりだからである。すこし諦めが早すぎだのではないか、と私は思う。

本当に残念である。AEDさえあれば、松田選手は一命を取り留める事が出来たはずだからである。設備の悪い無名チームを立て直しに行ったことが結果的に寿命を短くしてしまった。

サッカー選手というものは、昔のサムライのように、ピッチ上で死ねれば本望だというような考えを持っているものである。私もそう思っているから、死ぬ事には何の恐れもいだかないだろうが、若い松田選手の場合は、本当に気の毒な話である。

さて、いずれだれかが松田選手を追悼するYouTube番組を作るだろうから、ここでは、数年前にまったく同じような形でピッチ上で亡くなったミキ・フェヘル選手のものを再度メモしておこう。

あるサッカー選手の死 / 生放送中に起きた悲劇


中田英寿選手がヒデでいられたのもいつも君が後ろに居てくれたからだ。君の勇姿が見られないのはほんとに残念だ。松田選手、安らかに眠れ。ご冥福を祈ります。安らかに眠れ! RIP.
[PR]

  by Kikidoblog | 2011-08-04 16:14 | サッカー&スポーツ

<< 松田選手への弔いの言葉の数々:... 脳卒中で左半身不随に陥ったクレ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE