HAARPに地震波か?:研究用29、人工電磁波活動中!

みなさん、こんにちは。

久しぶりにHAARPのことである。ここ最近はここに特にメモするほどの変化がなかったので、ここにメモすることはなかった。200nT=M4〜M5程度の地震電磁波は連日出ているから、日に1、2度はこのクラスの地震が来るかもしれないが、今のところそれ以上の地震電磁波は日本を通る大円方向にはないようである。

しかし、今日のものには、久々に見る人工的な電磁波が鮮明に出ているようである。

宇宙天気ニュース
によれば、
2011/ 8/24 06:47 更新
500km/秒の高速太陽風が始まりました。小規模のオーロラ活動が発生しています。

とあり、太陽活動は今は活発になるつつあり、太陽風は強くなっているようである。だから、ある程度のオーロラ活動があり、下のインダクションメーターには強烈なピンク色の領域が出ている。

Magnetometer Chain
青の垂直成分が大きく、赤黒の水平成分が小さいのが、地震電波の特徴。これは、比較的穏やかで大きな地震電磁波はない。
e0171614_9595317.png


Induction Magnetometer
一番下の周波数ゼロの近く(水平軸上)にある「白く明るい」部分が地震電波の特徴。まあ、白色に近い部分。一方、深夜に垂直に立ち上がった、幅広くピンクから真っ赤に近い色の帯状の部分はオーロラ活動によるものである。これは特にBz成分に顕著。
e0171614_1013152.gif

e0171614_1013397.gif

e0171614_1013587.gif

今回のスペクトルデータには、大きな地震電磁波はないのだが、人工的なスペクトルが執拗に放射されていることが分かる。なぜなら厳密に0.5ヘルツの周波数の整数倍の電磁波だからである。

Spectrum Monitor Waterfall Chart
e0171614_1042662.gif

この滝チャートは、電離層の構造をMHz域の電磁波反射で調べているものだが、何層かの色のバンドに分かれているのが正常状態である。等間隔に色のついたバンドが並んでいる時間帯は、人工的な電磁波がどこかから電離層に向けて放射されていることを示している。

VHF Riometer
e0171614_1012350.png

(これでは、太陽活動の概日周期からどれだけ外れた異常活動があるかが分かる。)
Electron density
Digisonde
(電離層の電子密度が高まっていることがわかる。)


一説によると、彗星エレニンによる、地球太陽エレニンの直列による大地震発生は、エレニンにかこつけた人工地震のカモフラージュであるという。HAARPによる人工地震誘発を隠蔽するために、彗星エレニンのせいにしているというのである。

James McCanney - Planet X ScienceHour - Aug 18, 2011 - Part 1


NASAにも2分派がいて、1派はエレニンが巨大地震を引き起こすと言っている連中、もう1派はエレニンは小さすぎて惑星彗星直列しても何ら巨大地震を引き起こすほどのものではないと言っている。どちらが正しいのかは我々には分からないが、NASAですら混乱しているのである。

NASA DATA ON COMET ELENIN MISSING ( MAINSTREAM REPORT )


しかしながら、仮にエレニンの直列により巨大地震が引き起こされようが、あるいはエレニンにかこつけた人工地震であろうが、どちらにおいてもことが起こりえるのは、「311」とかの「特別な日」である。したがって、そういう特別な日は注意すべきだろう。

544


それによると、

2011月9日
201111
2011年9月26日
2011年9月30日
2011年0月17
2011年10月31日
2011年11月23日
2011年12月28日
2014年1月2日

などが、一応、「要注意日」だという。

さて、さらには、「エレニンの1ヶ月後に褐色矮星ニビルが来る」という説もある。エレニンはこの本命であるニビルのダミー、カモフラージュだという説もある。だから、ここ1、2年は常に要注意でいる方が良いのかもしれないですナ。

もちろん、こういう予測ははずれるに超したことはないが、人工地震を仕掛ける方の宗教的儀式的問題だから、しかけられる方に無関係にことが運ぶからたちが悪いのである。だから、知りたくもない情報であったとしても、こうして頭に入れておく他ないわけである。「孫子の兵法」の「敵を知り己を知ったら百戦危うからず」というものである。

また何かあれば、メモするつもりである。


おまけ:
米東海岸でM5・8 原発停止、交通も混乱
e0171614_10425747.jpg

 【ニューヨーク、ワシントン共同】米地質調査所(USGS)によると、米東海岸で23日午後1時51分(日本時間24日午前2時51分)ごろ、マグニチュード(M)5・8の地震があった。首都ワシントンでけが人が出たが、死者や重傷者の情報はない。震源はバージニア州リッチモンドの北西約60キロの地点で、深さは6キロ。一部の原子力発電所が運転を停止した。また、交通機関にも混乱が発生した。


おまけ2:
5.8 earthquake in Virginia felt in Washington, New York City, North Carolina Aug 23, 2011

[PR]

  by kikidoblog | 2011-08-24 10:39 | HAARPモニター観察

<< 「スピルバーグ、お前もか?」:... リンゼイ・ウィリアムズの警告!... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE