「止められない”邪悪の風”がすべてに死を運んでいきます!」:ヒトラー予言的中中!

止められない”邪悪の風”がすべてに死を運んでいきます!
エンリルとエンキは、その警報をシュメールの神々に伝えた…
逃げろ! 逃げるんだ! 彼らは叫んだ。
人々を分散させるんだ、身を隠させろ!
神々は自分たちの都から逃げた。
怯えた鳥のように、彼らは自分たちの巣から逃げ出した。
国中の人々が”邪悪の風”の手中に落ちた。
逃げても無駄だった。
死はひっそりと、まるで幽霊のように、田畑や街を襲った。
一番高い壁も、一番厚い壁も、洪水の水のように通り抜けていった。
どんな扉もそれを締め出せず、どんな錠もそれを追い返せなかった。
ドアに鍵をかけて家に隠れていた人々は、ハエのように殺された。
通りに逃げた人々は、道の上に死体となって積み重なった。
咳と痰が肺を塞ぎ、口は唾と泡でいっぱいになった。
”邪悪の風”が目に見えず、人々を包み込むと、彼らの口は血で溢れた。
”邪悪の風”はゆっくりと吹きつけながら、西から東へと平野や山地を移動していった。
あとは死者と死に行く者が残され、生きていたものはすべて、人も牛も同じように犠牲になった。
水は毒に浸され、田畑はすべての植物が枯れた。
南はエリドゥから北はシッパルまで、”邪悪の風”は国を打ちのめした。
マルドゥクが最高権力を宣言したバビリは、”邪悪の風”を免れた。

ゼカリア・シッチン著「エンキの失われた聖書」より


みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまった、この日本。この世界。この「風雲」も今では「放射能の風雲」である。シッチン博士の研究によると、かつてこの地に降り立ったニビルの神々たちが、1万年ほど前にこの地球から立ち去った原因が、「核戦争による死の風」、つまり放射能であったという。

私が3月4月にここにメモしておいたことが、いよいよ現実味を帯びて来た。今やだれの目にも私の言っていたことが正しかったということが解るだろう。

皮肉な未来:核兵器を持たない国民が核兵器になる国
「アポカリプス方程式」:人類絶滅の「地獄の黙示録方程式」
「誘導放射能」:人体に放射能がうつるのではなく、人体が放射能になるのだ!
日本全土が被爆の危機に!?:”邪悪の風”がやってくる!
被災者を受け入れる地方自治体は、「除染」と「放射線医療」の完備が必須だ!
ストロング・ラブ博士の警告!:「もし5時だと答えれば、なぜ1時にしないのか」
「東京のジレンマ」:見捨てるべきか?、助けるべきか? それが問題だ!
「3月11日19時までの日本列島震度分布」発見と「運命と宿命」の風

さて、これを証明してくれるものを見つけたので、ここにもメモしておこう。以下のものである。
飯舘村で大量のプルトニウムを検出 - Infoseek ニュース
飯舘村で大量のプルトニウムを検出 (日刊SPA!)

e0171614_16533585.jpg


放射線量が年間積算20mmシーベルトに達する怖れがある「計画的避難区域」に指定されている飯舘村

福島第一原発敷地内で「ごく微量のプルトニウムを検出した」と東京電力が発表した3月28日以来、「プルトニウム放出」の疑惑をメディアはほとんど報じてこなかった。だが、ここにきて驚くべき情報が飛び込んできた。半減期2万4065年と言われるプルトニウムが、現在計画的避難区域に指定されている福島県の飯舘村に大量に見つかったというのだ。

今回、“3・11”以降、政府・東電の統合記者会見などでプロのジャーナリスト顔負けの鋭い質問を繰り出し、「芸人廃業」覚悟で取材・執筆活動をこなす夫婦漫才コンビ・おしどり(♀マコリーヌ&♂ケン)が渾身ルポで迫る――。


アポカリプス方程式(黙示録方程式)
e0171614_18553889.gif

の確率pは、
p = p(巨大地震の頻度)・p(東京電力の社員の技術度のなさ)・
  p(原子力安全・保安院のモラルのなさ)・p(日本政府の科学知識力のなさ)・・・・

であるために、これは当初考えられた以上に1に限りなく近いことは今や明白である。

p(東京電力の社員の技術度のなさ)=1
p(原子力安全・保安院のモラルのなさ)=1
p(日本政府の科学知識力のなさ)=1

救いがあるとすれば、

p(巨大地震の頻度)<1

ということぐらいである。

まあ、そんなわけで、我々はアドルフ・ヒトラーの予言の通りの歴史をたどっている真っ最中なのですナ。
[PR]

  by kikidoblog | 2011-09-13 17:03 | 原子炉被災

<< 欧州の「謎の地下深部10km震... 日韓併合 ビフォー/アフター:... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE