光より速いニュートリノ登場!?:相対性理論の終焉か!?

みなさん、こんにちは。

いやー、このニュースは衝撃的で面白い。

先日、私は「「マックスウェル理論」を読んで見ると:無限の可能性がある!?」をメモしておいた。この最後のところで、もしマックスウェル方程式が非線形の場合には、光速度より早い粒子が存在しても特に問題はないと指摘していたが、今日これを証明してくれるようなニュースが飛び込んだ。以下のものである。
根底崩れた?相対論…光より速いニュートリノ

 名古屋大学は23日、ニュートリノと呼ばれる粒子が、光速よりも速く飛んでいるとの測定結果が得られたと発表した。

 物体の速度や運動について説明するアインシュタインの相対性理論では宇宙で最も速いのは光だとしているが、今回の結果はそれと矛盾している。測定結果が正しければ、現在の物理学を根本から変える可能性がある。

 光の速さは真空中で秒速約30万キロ・メートルで、今回の測定では、これよりも7・5キロ・メートル速い計算となった。この測定結果について研究チームは、現代物理学では説明がつかないとし、世界の研究者の意見を聞くため、発表に踏み切った。

 観測が行われたのは、名古屋大学などが参加する日欧国際共同研究「OPERA実験」。スイス・ジュネーブ郊外にある欧州合同原子核研究機関(CERN)から、730キロ・メートル離れたイタリア中部の研究所へとニュートリノを飛ばし、その飛行時間を精密に測定した。その結果、光速では2・4ミリ秒で届くところが、その時間よりも1億分の6秒速く到達した。光速より0・0025%速い速度だった。

 研究チームは過去3年間にわたって、ニュートリノの飛行速度を計15000回測定。観測ミスや統計誤差ではない確かな数値であることを確認した。

(2011年9月23日17時44分 読売新聞)


まあ、そういうわけで、「現代の物理学では説明がつかない」というのは間違いである。「現代の物理学の標準的理論では説明がつかない」とすべきである。

基本的には、電磁場も素粒子の基礎方程式は線形理論の範疇を出ていない。だから、それを非線形に拡張するというのが1つの方向だろう。そうすれば、波の振幅が弱い範囲では線形に戻るが、それが強ければ非線形効果で光速度を超える未知の粒子が出て来てもよろしいということになる。

あるいは、光速度は普通の波と同じく「何かの圧力と密度の比」で決まっているという可能性がある。

いずれにせよ、ニュートリノが光より早いとなれば、未来からニュートリノが現在に向って飛んで来るということもあり得る。そうなれば、未来予測が出来ることもあり得る。

いやはや、実に興味深い。今後を期待したい所だが、よくある話のように、御用学者からこの結果は実験のミスだとか、研究者が悪いとか、さまざまな誹謗中傷で結果を葬り去るというやり方もあり得る。こういう相手の出方をニュートリノで未来予測できれば、正真正銘の本物だろうということですナ。
[PR]

  by kikidoblog | 2011-09-23 18:24 | ミステリー

<< 「私をフォールドイットして!」... 岡潔、この魅力的数学者:「プラ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE