謎の遺跡「ウィングメーカー」とは何か?:サイケデリックな文明!?

みなさん、こんにちは。

いやー、これは驚異的に面白い。つい先ほど、In Deep氏のサイトで見た「ウィングメーカー」なる未知の文明のことである。これはNSAの地球外生命体研究部ACIOが極秘に調査した、謎の遺跡らしい。

[地球の内なる太陽] Vol.5 - 歴史の中での地球中心の謎(前編)

そういえば、最近お知り合いの人から、「ウイングメーカー」というものを教えていただきました。

1972年に米国で見つかった古代遺跡「らしき」もの

e0171614_22484552.jpg

で、そこに壁画として「24枚の壁画」が残されています。それぞれ意味は不明ながら、それぞれがとても示唆深いものなのですが、その中に特に、数枚、「地底からワラワラと人々が地表に出てきている」というように解釈のできる絵があります。

ご紹介します。

ウイングメーカーの24枚のすべての絵に関しては、

ウイングメーカーの壁画一覧

にあります。

ウイングメーカーそのものに関しては、私は最近知ったばかりで、これについて何も知りませんので、そこにある説明や、あるいは他のサイトなどをご参照下されば幸いです。


この遺跡の地下には次のような24の部屋があった。
e0171614_22423797.jpg

(どう見てもDNA構造である。)

その24のそれぞれの部屋に何かを象徴するような壁画が1つずつ描かれていた。それが壁画一覧にある24の壁画である。

e0171614_224652.jpg


今現在、たくさんの研究者がこの絵の中の文字や絵の内容を解読に挑戦中だというのである。

さて、そこでそのサイトのメッセージを拾って、この謎の人々「ウィングメーカー」とはどんな人々なのか、すこしでも彷彿できればと思う。

ウィングメーカーって?

1972年、ハイカーの一行がチャコキャニオンと呼ばれる古代遺跡周辺の峡谷で偶然、奇妙な人工遺物を発見しました。この不思議な人工遺物には未知の象形文字が刻まれており、異常なテクノロジーの産物のように見えたことから、直ちにNSA(アメリカ国家安全保障局)の非公式部門であるACIOの手に渡ることになります。ACIOとは、地球外起源のテクノロジーのリバース・エンジニアリングを担当するアメリカ政府の極秘機関です。

ACIOの職員の間でコンパスと呼ばれていたその人工遺物は、直ちに地球外起源であると決定され、その人工遺物の最終的な目的は自動誘導装置であると解釈されました。コンパスが発見された遺跡へとACIOの調査隊が派遣され、調査隊はその人工遺物によって峡谷の壁の内部をくりぬいて造られた複雑な遺跡へと導かれます。

遺跡の内部には全部で23の部屋があり、それぞれの部屋には謎めいた壁画が描かれ、ミステリアスな科学技術の産物が安置されていました。

その遺跡の最後の部屋からは、小さな光ディスクが回収されました。この光ディスクには、遺跡の建設者と彼らの目的に関する情報が込められていると想定されました。言語学と暗号学に精通した一人の天才科学者の粘り強い努力の末、遂にACIOは光ディスクのロックを外すことに成功します。光ディスクには8000ページ以上ものテキスト・データが収録されており、そのデータは哲学論文、詩、音楽などから構成されていました。光ディスクを解読した結果、その遺跡の建設者たちは自分たちをウイングメーカーと呼んでいることが判明しました。

彼らの正体は当初予想されていたETではなく、今から大よそ750年先に生きる、未来の人類の代表者たちでした。

ウイングメーカーとは、時空を超えたタイムトラベラーであり、歴史を通じて人類と相互作用し、科学、芸術、哲学の種をもたらす「文化の伝播者」であると自らを描写しています。

彼らは地球の遠い未来を想定して、地球上の様々な場所に7つのタイムカプセル遺跡を遺しました。ニューメキシコの遺跡は、7つの遺跡の最初に発見された遺跡だったのです。
e0171614_2250527.jpg


光ディスクのアクセスコードを最初に発見した言語学者が次第にウイングメーカーの使命に異様なまでに共感するようになり、 この驚異の古代遺跡の発見をACIOが独占するには重大過ぎるとACIOのリーダーに訴えました。

ACIOのリーダーは、その遺跡の発見を大衆と共有することを拒絶し、その科学者は危険因子と見なされることで記憶を破壊されることを恐れ、ACIOから逃亡します。脱走の直後、その科学者が無作為に選んだ一人の女性ジャーナリストにウイングメーカーとその古代遺跡に関する若干の資料が与えられました。

e0171614_22512143.jpg



はたして彼らは本当に750年後の未来から来た未来人なのだろうか? もし未来人だとすれば、絵の雰囲気からすると、どうみても西洋人、それもイルミナティーの子孫のように見えるがどうなのだろうか? 彼らは何を伝えに来たのだろうか? 

いやはや、謎ばかりだが実に興味深い。これがイルミナティーNWOのねつ造話、SFでないことを祈るのみですナ。
[PR]

  by kikidoblog | 2011-09-24 22:55 | ウィングメーカー

<< 謎の遺跡「ウィングメーカー」と... 「すべてはすでに予言されていた... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE