「ハングリーであれ!バカであれ!」–– スティーブ・ジョブズ

みなさん、こんにちは。

この夏の8月25日に「ありがとう、スティーブ・ジョブズさん!:ご苦労様でした!」をメモしておいた。この時のCNNの、なんとなく追悼番組みたいなものが、以下のものだった。

Steve Jobs, Apple's passionate pitchman, has resigned!


これを世界中のメディアも取り上げた。
ジョブズ氏アップルCEO退任2011-08-25

ちなみに日本の「マスゴミ」はこんな感じ。
ジョブズ年収1ドル 1/2


私もそうだったが、この成功にはジョブズ氏の才能や運のせいで、きっと恵まれた家庭や人生のたまものだったのだろうというふうに思ったに違いない。しかし、実は必ずしもそうではなかったのである。そのことについて自分自身のことを語った、「伝説の講演」が存在したようである。私は最近これを知った。以下のものである。
スティーブ・ジョブズ ス大卒業式でのスピーチ 前編


スティーブ・ジョブズ ス大卒業式でのスピーチ 後編


ジョブズとゲイツを比較すると、ジョブズの方がなんとなく「情緒的な人」で、ゲイツの方が「非情緒的な人」という感じがするというわけですナ。なんとなく、そんな人間味の違いが製品の違いを生んでいるようにも見えるから面白い。


おまけ:
Steve Jobs and Bill Gates Together: Part 1



おまけ2:
ビル・ゲイツ ハーバード大学卒業講演 字幕付(1)


ビル・ゲイツ 「ワクチンで人口削減が可能」

[PR]

  by kikidoblog | 2011-10-03 16:07 | 人物

<< ノーベル賞、前代未聞の珍事:受... 日本と世界を分けるもの:それは... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE