小惑星YU55は無事通過か?

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまった、この日本。この世界。先日、11月8日から11月9日に地球と月の間を小惑星YU55が通過するという話をメモしておいた。

今度は小惑星「YU55」がやって来る!:11月8日に地球と月の間を通過か?

どうやら、これは何事もなく、つまり、地球にも月にも激突することなく、どこかへ飛び去ったようである。これでこいつは一段落。以下のものである。

Observatory Tracks Asteroid 2005 YU55 in Real Time


私の知る限りでは、小惑星や隕石の類いでは、2036年頃までは危険なものはないと思う。

大分前だが、ボイド・ブッシュマン博士(ロッキード・マーチン社の反重力研究のインサイダー)が言っていたことだが、
ボイド・ブッシュマン博士、反重力を語る。「それは存在する」

このインタビューがとられた時の5年前に1つの隕石が今回と同様に地球と月の間を通過した。そして、それが2029年にもう一度戻って来て、その次の2036年に今度は地球に衝突する予定だというのである。場所はシベリアからアフリカにかけての方向だというのである。

まあ、そういうわけで、当面は問題無しということのようですナ。
[PR]

  by kikidoblog | 2011-11-10 09:52 | エレニン彗星

<< 「情けは味方、仇は敵」:「トル... HAARPに地震波か?:研究用... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE