「111111」はVITASの日?:やはり「本物」が欲しい!:

みなさん、こんにちは。

「人間になりた〜〜い!」、「日本人になりた〜〜い!」という、”妖怪人間ベム、ベロ、ベラ”のような、日本人もどき、政治家もどき、官僚もどき、リーダーもどき、経営者もどき、学者もどき、お笑いもどき、芸人もどき、歌手もどき、総理大臣もどき、の巣窟となってしまった、この日本。いまや「本物」という言葉は死語。死後の世界の言葉となってしまった観がある。

そこで、「本物」とはどんなものか? 
本物の男の持つ魅力、本物のなせる技、本物の才能とはどういうものか?

を確かめてみるために、再び、ロシアのレプティリアンヴォイスを持つ男、VITASの歌声をここにメモしておこう。

VITAS channel










「男は一事をなせばいいのじゃ」とは、秋山好古の言葉らしいが、政治家ならたった1つでいいから、「問題を1つ解決すればいい」で行ってもらいたいものだが、「問題をたくさん残して去る」、政治家もどきでは困る。

やはり、本物の声を聞かないとどうも調子が上がらない。
[PR]

  by kikidoblog | 2011-11-11 16:41 | VITAS

<< 「エコノミック・ヒットマンが説... 日本のこれからを描く近未来小説... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE