タイムハズカム「時は来れり!」:チャンス到来、日本外交が活躍すべき時だ!

みなさん、こんにちは。

昨日の記事の次に来る話はこれ。

'Time has come' to act on Iran, Israel says
グーグル翻訳:イランに基づいて行動する"時が来た"、イスラエルは言う
 
e0171614_1345640.jpg

 イランに対処する"時が来た"、 イスラエルの国防相エフードバラクは、イスラム共和国の核開発を抑制するために軍事行動を除外するために拒否し、日曜日だ。
 バラクは、CNNのファリードザカリアGPSのプログラムで言えば、 イスラエルの忍耐が薄い身に着けていたことを示している-とイスラエル軍の攻撃の成長憶測について尋ねられたときに不吉な応答を提供する。
 "私はそれが公共の議論の対象となることはないと思う"と彼は言った。 "しかし、私はIAEAの報告書は、ありのままの世界で多くの影響、リーダーだけでなく、一般国民を持っている、と人々は時が来たことを理解していることを伝えることができます。"
 国際原子力機関(IAEA)はイランが実施されていることを"信頼できる"情報があったという11月8日報告書公表"核爆発装置の開発に関連する活動を。"
 金曜日にIAEAの理事会はイランの核活動を非難する決議を可決したが、国連にテヘランを報告し、コンプライアンスのための期限を発行していないのには至らなかった。
 "人々は今、イランが核兵器を達するために決定されることを理解し、"バラクは言った。 そこに"彼らは実際にやっている何のために他の可能性や考えられる説明は。そして、それを中止すべきである。"です。
 IAEA報告書 - "広く、信頼できる"知性、イラン自体から独自の情報といくつかの入力に基づいては - 核弾頭で、イランがイスラエルに達することができる範囲で、シャハブ3ミサイルを近似する方法を検討したと述べた。
 テヘランのレポート拒否"根拠のないを、"それは核兵器を求めて拒否し、核活動は、民間のエネルギーのためのものです。維持しています。
 ワシントン、パリとロンドンは、しかし、既に安全保障理事会の制裁と追加の米国と欧州連合の制限の4ラウンドの下で、イランへの圧力を増加させる正当な理由として、レポートに飛びついた。

いまこそ、日本政府が介入し、調停すべきときである! ある意味、日本外交が世界史に名前を残せる絶好のチャンス到来の時なのである。即刻、特使をイスラエル、イラン、中国、イギリスに同時に送り、和平交渉をするための準備に入るべきだろう。この意味で、

「どじょうが世界のどじょうになれるかどうかの試金石である」

と私は思うが、ピンぼけ日本政府は無視スルーだろうナア。

こうして、

「かつてこの惑星には地球人というアホな種族が闊歩しておりました」

と宇宙を旅する種族の親たちがその子供たちに授業する日も近いということだろう。いよいよ世も末である。
[PR]

  by kikidoblog | 2011-11-23 13:53 | コンスピラシー

<< HAARPに地震波か?:研究用... いま何時何分?:世界終末時計の... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE