私がサッカーが好きなわけ。

みなさん、こんにちは。

今回は、個人的メモに過ぎない。いろいろな考え方があるので、興味ない人や賛同しない人は読まないこと。


私がなぜラグビーよりサッカーが好きか?と言えば、ラグビーは貴族のスポーツであるが、サッカーは庶民のスポーツだからである。ラグビーは手を使うタックルが認められている。そのため、原理的に強者が勝つ。大きなものが小さなものをなぎ倒す。そうして快感を得るスポーツである。しかしサッカーは足下を使う。手は使えない。だから、小粒な選手も大男を相手に活躍できる。この差が大きい。

そして、現在、世界中の弱小国の貧民たちに教育の機会均等を行っているのは、FIFAしかない。ラグビー組織が弱小国を援助などということは聞いたことがない。そんなFIFA組織に米英の手先によるさまざまな妨害工作があり、乗っ取りが計られているのはよく知られたことである。FIFAのトップを執拗にスキャンダルをでっち上げて追い落とそうとしたり、ワールドカップ開催をめぐって理事会に工作して汚名を着せたりというのはその典型である。しかしながら、FIFAの結束は固い。なぜなら、オリンピックと違い、FIFAの大半は元プロサッカー選手が運営しているからである。

プロサッカー選手と言えば、どこの国々でも元々貧民の出である。ペレ、マラドーナ、欧州の大半の選手も平民出身である。今のイタリア、スペイン、ドイツなどの大半の選手も普通の子供が努力してサッカー選手になっている。欧州で活躍する黒人選手、アフリカ出身、ブラジル出身の選手たちもみな生活のため、家族のためにサッカー選手になったものたちである。

日本においてもまったく同じことである。日本のプロサッカー選手の大半は貧乏人出身である。その辺の普通の子である。さもなくば、サッカーの厳しい練習に耐えられないからである。

サッカーとはそんなスポーツである。サッカー界とはそんな世界である。だから、私は好きなのである。この火を消してはならないと思うのである。

この意味で、小粒な選手が活躍できるサッカーは、日本人に向いている。牛若丸と弁慶の話のような場面がピッチ上で繰り返されるのである。FWメッシとDFファーディナンドの戦いやDFカンナバーロとFWイブラヒモビッチの戦いはまさに牛若丸と弁慶の戦いそのものである。

古来我々日本人は小さかった。一説では、戦国時代の平均身長は157cmと言われている。
「歴史上の人物 身長」あれこれ
(ところで、これを見る限り、直江兼続が182cmの大男だったというから、いかに今やKHKとなったNHKの時代考証が嘘っぱちか分かるだろう。)
だから、我々日本人は、「小男がいかにして大男をやっつけるか」や「小人数で大人数をやっつけることができるか」という文化を育んで来たと言えるのである。質実剛健、少数精鋭、合気道などに含まれたものには、そういうものが込められていると言えるだろう。この延長線上に司馬遼太郎の「まことに小さき国が大きい国を倒す」という発想もあると言えるだろう。

ところで、「「歴史上の人物 身長」あれこれ」を見ると、
●長身な戦国武将
風魔小太郎(五代目)‥背丈は七尺二寸(216cm)もあったともいわれる。伝承

斎藤義龍‥身長は六尺五寸(約197cm)といわれ、非常に大男であったとされている 信長を主人公とした小説では、信長は義龍のことを「六尺五寸殿」と呼んでいた。

豊臣秀頼‥背丈六尺五寸(約197cm)
体重43貫(約161kg)の並外れた巨漢であったと伝わる。

藤堂高虎‥190cm 伝承

加藤清正‥体格は非常に大きく、六尺三寸(約191cm)の大男だったと言われている。だが実は五尺三寸(約161cm)にも満たない身長であったが、かぶる兜を長くして全体像を高く見せる事によって相手に威圧感を与えようとしていたという説もある。

後藤又兵衛(基次)‥六尺(182cm)豊かの大男で、色白、髭濃く、大槍を好んで使った。

前田利家‥六尺(182cm)を誇る類稀なる恵まれた体格の持ち主であった。

直江兼続‥身長は六尺(182cm)近くあり、眉が太く双眸が澄む美男子だった。
「大男にて、百人にもすぐれたる‥長高く容儀骨柄並びなく‥」「常山紀談」より

浅井長政‥180cm余

宮本武蔵‥約180cm 伝承

織田信長‥肖像から推定して約170cm

長宗我部元親‥背も高く体格も優れていたが、色白で無口、人見知りも多かったため、家臣から姫若子とあだ名された。

小西行長‥「色白く身長高く、尋常の者とは見えず」

小早川秀秋‥靖国神社蔵の伝小早川秀秋所用の甲冑(三鍬形後立小星兜 紫糸威二枚胴具足)は巨大

というものがあるというから面白い。平均身長157cmの時代に210cmの大男も存在したのである。いまで言えば、平均身長170cmの時代に223cmの大男というところだろう。

はたして何を食ってそんなにまで大型化したのだろうか? 
(おそらく、米を食って大きくなったはずである。今でも新潟は非常に大きな人が多い。)
どういう家系の子孫だったのか?

いろいろ興味深いところである。

もしラグビーで勝つのなら、海外の大型選手を日本人にして勝とうとするのではなく、そういう大型の家系に目をつけて子供の頃からラグビー教育をするべきかもしれない。
[PR]

  by kikidoblog | 2011-12-05 14:14 | アイデア・雑多

<< 鹿島アントラーズ、放射能で崩壊... 「どじょう」が「捨て石」になる... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE