「イルミコープ」:”彼ら”の「ザ・グレート・プラン」=「NWOの樹立」!?

みなさん、こんにちは。

風雲急を告げてしまった、2011年のこの日本。この世界。あまりにいろいろのことが起きすぎてETの手も借りたいほどである。とまあ、そんなことを枕詞にこの1年ほどメモして来たが、どうやらそのあまりにいろいろのことを起している方の極秘のイニシエーションプログラムがリークされたようである。

例えば、すでにごく普通の人々も最近では、空が何か変だ、あまりに飛行機雲が多すぎる、それも普通の旅客機ではない、というようなことにやっと気づいて来たようである。俗に「ケムトレイル」と我々が呼んで来たものである。

あるいはまた、あまりに人工的かつ正確に「震源地地下深部10km地震」が頻繁に起こる。何か変だとだれもが感じるはずである。

さらにまた、あまりに洪水が多すぎるのも変だと感じる人々が増えて来たようである。南アジア方面、北米や南米やオーストラリア、さらには欧州や日本や中国や韓国などでも大洪水に今年は1年中見舞われた。

これがいまだに自然現象であるなどと思っている人がいるとすれば、そういう人々はあまりにおめでたい。と同時に、我々地球の科学のパワーに対する無知にもほどがあると言えるだろう。我々が20世紀までに確立した科学技術はすでに恐るべき段階に達しているのである。
H.A.A.R.P Weapon _ How to make Earthquake


HAARP: Persian Gulf Eyewitness

科学技術といえどもひとたび確立されてしまえば、それは単なる情報に過ぎない。だから、情報は善悪どちらへも使用可能なのである。軍事兵器に使えば武器になるし、平和利用、民生利用すれば、便利なハイテクになる。

しかしながら、かつてのナチスのように、その目的がこの地球を支配することというような脅威の目標を掲げて、20世紀までの科学技術を軍需産業だけに費やすとすれば、それは世界人類にとって恐るべき脅威となる。

かつてはこういった野望はハリウッドSFの映画の中でのおもしろおかしなクレージーマンの野望に過ぎなかっただろう。だから、だれしもそれほど本気にする必要はなかった。あくまで空想科学映画の中のお話だったからである。

ところが、我々がシープルやB層とよばれる、平和ボケした知的水準にも劣った人間型生物に堕落してしまうと、社会のエリートやリッチたちは、ひょっとしたらいまこそ最大のチャンスなのではないか、かつてのナチスではないが、連中ですらできなかった世界支配もいまなら世界中の金持ちたちが力を結べば実現できるのではないか、と考えるようになったとしても何ら不思議ではないのである。

それが、今回ここにメモする、「イルミ会社」というYouTube番組である。これはいわゆる「イルミナティーピラミッド」の上部にある、俗に「万物を見通す目」とよばれる冠石の部分に対応するエリート支配層の一番下「イニシエイツ」と呼ばれるらしい人々のためへの入門プログラムらしい。

これを見れば、かれらが何を目指し、何を行い、何を行おうとしているかが実に明瞭に語られている。HAARP、気象操作、人工地震や人工津波創出、人口削減プログラムなど全部自分たちが計画的に行っていると宣言しているのである。デービッド・アイクやジョン・コールマン博士がずっと以前から警告して来たことをそのままもっと自信に満ちた態度で、自分たちの世界を構築するための家来候補生たちにイニシエーションしているのである。

残念ながら、全部米語であるが、ここで語られていることが必ず来年2012年以降の主たるテーマとなることはまず間違いないだろうから、こういうものを見て、将来を見据えておくのも無駄ではないだろう。
Top-Secret Illuminati Video Leaked: Illumicorp Into-Part1


Top-Secret Illuminati Video Leaked: Illumicorp Into-Part2

それにしても不気味な構成のイニシエーションプログラムですナ。

AOL、Macintosh、マクドナルドなども「イルミ会社」の有力メンバーということらしいですナ。世も末ですナ。
[PR]

  by kikidoblog | 2011-12-27 18:42 | コンスピラシー

<< 今年の紅白の目玉は「三角形と... ミスタービーン、ニューヨークへ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE