「鳥インフルエンザウイルス研究」が”緊急の”自主停止!?

柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺 ––– 正岡子規

e0171614_12222129.gif


みなさん、こんにちは。

先日、「A Happy New Virus! :東大河岡教授を逮捕せよ!神戸大の秘密研究室で殺人ウィルス製造!」をメモしたが、今日興味深いニュースが新聞に出ている。以下のものである。

鳥インフル研究を一時自主停止 日欧科学者、米諮問委要請で

【ワシントン共同】日欧の科学者による鳥インフルエンザウイルス研究について、米政府・科学諮問委員会が生物テロに利用される懸念から論文の一部を削除するよう求めた問題で、東京大医科学研究所の河岡義裕教授ら世界の科学者39人は20日、自主的にウイルスの研究を60日間停止するとの声明を発表した。
 声明によると、停止は一時的なもので、研究の重要性やウイルスが外部に漏れないように厳重な措置がとられていることを広く説明するのが目的。各国政府にも問題解決策の検討を求めている。

鳥インフル研究、自主的に停止…テロ悪用懸念

【ワシントン=山田哲朗】東京大医科学研究所の河岡義裕教授ら日米欧などの科学者39人は20日、強毒性の鳥インフルエンザウイルス「H5N1」に関する研究を自主的に60日間停止するとの声明を米科学誌サイエンス(電子版)と英科学誌ネイチャー(同)に共同で発表した。

 H5N1の研究をめぐっては、「生物テロに悪用される」との懸念から、両誌が河岡教授ら2チームの論文の掲載を見合わせる事態に発展。研究とテロ防止のあり方をめぐって、論争となっていた。
 声明には、河岡教授や、もう一方の論文を書いたオランダ・エラスムス医療センターのほか、日本の国立感染症研究所の研究者などが名を連ねている。
 声明では、「ウイルスの研究は流行予防や治療薬開発に欠かせない」として、テロ防止と研究者の情報共有を両立できる仕組みを停止期間中に早急に作るよう各国政府に求めた。科学界では、今も厳重な対策が講じられているとの理由で研究継続を主張する声が強かったが、研究室から危険なウイルスが逃げ出すことを懸念する声が高まったことを考慮、停止に踏み切った。
(2012年1月21日11時48分 読売新聞)

これは当然のことだろう。なぜなら、インフルエンザウィルスが、人–鳥–豚の遺伝子を持つような形で自然界で進化することは理論上あり得ないからである。どんなものであれ、自然界の生物のDNA塩基配列の1%が変化するだけでも10万年もかかるのである。いくらインフルエンザウィルスの遺伝子変化が早いといっても、それが「殺人ウィルス」となるような変位の素早さは普通はあり得ないのである。それが、見事な構成で人–鳥ー豚由来の遺伝子の配列ができるなどというわけだから、人工的にだれかが行わないかぎりあり得ないのである。もちろん、これらが混ざり合ってお互いを潰し合うように出来上がるのなら、若干可能性が増すが、それすら理論上はあり得ないのである。

さて、問題はというと、こうして一般の大学の研究所で研究者が自主的に研究を停止したとしても、世界の各国に存在する秘密のバイオ研究所では、秘密裏に同じことが継続されているだろうということである。軍事研究も禁止しなくてはむしろ結果は悪いことになるのである。

一説では、イスラエルの軍事バイオ研究所にはすでにアジア人だけに感染する強毒インフルエンザ・ウィルスがあるといわれている。また、米軍の軍事バイオ研究所もかなり前からウィルス兵器の研究を続けて来たと言われている。こういった問題は、すでにデービッド・アイクやジョン・コールマンやイングドールの著作などにもさんざん書かれていることである。

はたしてこの問題はどうなるか? 今後を注意してゆく他はないだろう。

まあ、日本には柿タンニンがあるから大丈夫だろうが。

「柿食えば風邪が死ぬなり法隆寺」
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-01-21 12:27 | インフルコンスピラシー

<< A Happy New NHK... A Happy New Vac... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE