A Happy New Chikyu ! : 東日本大震災震源地とちきゅう掘削地が一致!

みなさん、こんにちは。

今日はいくつも興味深い話題が目白押しだが、まずは「ふるいちまゆみ」さんのブログで知った、東日本大震災の震源地同定の科学研究の話。以下のニュースである。

<東日本大震災>茨城県沖、ひずみエネルギー蓄積の可能性
e0171614_10125083.jpg

 東日本大震災で、これまでは海溝付近に蓄えられないとされてきたひずみのエネルギーが、日本海溝付近で蓄えられていたことが、筑波大の八木勇治准教授(固体地球物理学)の研究で分かった。また、プレート(岩板)が破壊された場所はこれまで「南北460キロ、東西180キロ程度」と大まかにしか分かっていなかったが、その中でも急激に破壊されたのが宮城県沖約250キロの日本海溝に近い深さ約10キロ、直径約30キロの領域と特定した。筑波大東京キャンパス文京校舎で28日開かれた「研究成果発表フォーラム」で発表した。
 八木准教授は理論的に計算された波形と地震波観測データとの相関関係を使って地震波が放出された領域を初めて特定。解析の結果、地震発生から36秒後、プレートが大きく破壊された領域付近で大きな地震波が放出されていたことが判明した。
 この領域では約15秒、地震波の放出が続いた後、75秒間は地震波をほとんど出さず、ずるずると滑るようにひずみを全て解放したという。滑りのきっかけについて八木准教授は「摩擦熱でプレートの間にある水の体積が膨張し、潤滑油のようになって強度が低下した可能性がある。証拠をしっかりと把握したい」と説明した。
 八木准教授は、茨城県沖の日本海溝付近には巨大なひずみが蓄えられている可能性が大きいとし、「今後、大地震につながる恐れがある」と、警戒を呼びかけている。【安味伸一】

さて、これに対して、311東日本大震災を引き起こした地震は、HAARPと連動した核爆弾による人工地震ではないか、という噂や疑念が絶えない実に怪しい地震だったのだが、その理由は、以下のものである:
(あ)311が始まる前にHAARPが異常に活動したこと。大地震の前兆現象が科学的に証明された!?:やはりHAARPと原爆の仕業だったのか?
(い)大地震の3連発が一気に起こったこと。この波の重ね合わせのために、
(う)巨大津波が日本側だけに到来し、北中南米に被害が及ばなかったこと。
(え)地下深部10kmの浅い地震であったこと。
(お)掘削船ちきゅうの活動地点であったこと。
(か)および、震災時にちきゅうがそこにいたこと。
(き)震災前にイルカの大量死があったこと。イルカの大量死の最大の理由は米原子力潜水艦による強烈な大音量極超低周波ソナーの放出によるイルカの脳破壊のためと知られている。
(く)したがって、この地域に原潜が到来した可能性があること。
(け)震災直後に巨大渦巻きが誕生し、水が海底穴に引き込まれたこと。
e0171614_9451995.jpg

(こ)311地震の音を計画的にモニターしていた研究者がいたこと。311M9の巨大地震の音:やはりアレか?
などなど。
(これらの詳細はこのブログ内にある。内部検索で出て来るはず。)


ここでは、この内の(え)と(お)を証明するものをメモしておこう。「だいだいこん」氏の以下のものである。一部だけ引用しておこう。
「ちきゅう」のすごさ〜掘削候補に三陸沖が入っていた/マントルまで掘削〜
e0171614_1058169.jpg

 しかしその夢は、適切な技術が存在せず、地殻に関する理解が不足していたために長い間抑えられてきた。今では地殻についての知識が増え、技術も進んだため、この夢に手が届くところまできたと、論文の共著者であるティーグル氏は言う。例えば、日本の掘削船は10キロにも及ぶ掘削パイプを備えている。
 すべてが計画通りに進めば、2020年までに掘削に着手できるだろうとティーグル氏は言う。研究チームは来月にも太平洋で試掘を開始する。論文によると、チームのスタッフは太平洋の「海底地殻を史上最深の深さまでボーリングする」という。


2つの図を見比べれば、厳密に311震源地とちきゅう掘削地が一致していることが分かるだろう。

まあ、ちきゅうを指導している国際掘削研究チームというのは、かねてから悪い噂の絶えないチームである。表向きの理由は、つまり、研究の「大義名文」は、巨大地震の起こる地帯の岩盤の研究というものである。しかし、もう1つ、2つの陰の目的は、
(あ)危険地帯に穴を掘って、いつでも爆弾を仕込める状態にしておくこと。
(い)諸外国の海底内資源のリストを秘密裏に作製すること。
なのである。

ひとたび10kmの穴を掘ってしまえば、いつでもそこに小型核爆弾を仕込むことは可能である。あとは、相手国に「爆弾をお見舞いしましょうか?」と言って脅しのネタにできるということなのである。ペンタゴンの意に添って米軍の原潜がやってきて、そこに棒状小型核爆弾を落とす。(この時、原潜が使用している強烈ソナーの悪影響でイルカやクジラが耳と脳をやられて座礁する。これはすでに何度かアメリカの自然保護団体が提訴したが、その都度敗訴しているという大事件なのである。)あとは、HAARPの電磁波でいつでもリモートコントロールで起爆できるということなのである。こんなことはいまの科学技術ではいとも容易いことなのである。

さて、最初の筑波大の研究者の研究は非常に素晴らしいものに見える。実に的確に震源地を特定し、その際の地殻変動の動きを見事に捕らえたからである。「約15秒、地震波の放出が続いた後、75秒間は地震波をほとんど出さず、ずるずると滑るようにひずみを全て解放した」ということを描き出したことは実に偉い! しかしながら、この研究者の頭脳には、「311は人工地震かもしれない」という疑念はない。だから、計算結果の解釈で間違う。そのため、結論はこうなってしまった。「摩擦熱でプレートの間にある水の体積が膨張し、潤滑油のようになって強度が低下した可能性がある。証拠をしっかりと把握したい」。

しかしながら、
311M9の巨大地震の音:やはりアレか?
Caught on Tape: 9.0 Quake Captured by Microphone

にあるように、この地震の地響きは、地下核実験で空洞ができる時の音と極めて似ているのである。さらには、P波とS波の分布も人工地震のものを示しているのである。
「人工地震」の見分け方:mb−Ms/mbプロットを作れ!

したがって、正しい結論はこうなるはずであろう。
「核爆発熱でプレートの間にある地殻の体積が膨張し、潤滑油のようになって強度が低下した可能性がある」。

M7クラス地震の3連発でM9に匹敵する津波を起すことなど、用意周到にシミュレーション計算された人工地震以外にはあり得ないのである。逆に言えば、スーパーコンピュータで用意周到に計算され尽くして計画的に実施された地震であったからこそ、同じような数値計算を行って震源域を正確に描き出せたのだとも言えるのである。偶然に支配されて起こった自然現象の巨大地震であったのなら、これほど正確な結果が出せるはずがないからである。

もちろん、これを行ったのは”彼ら”であったことは言うまでもないことである。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-01-30 10:55 | 地震・地震予知・噴火

<< アメリカで「オバマ包囲網」敷か... A Happy New Dav... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE