「日本経済最大のピンチ?」:そんなことは4年以上前から分かっていたことだよ!

みなさん、こんにちは。

最近こんなニュースばかりになった。
電機大手8社の4-12月期最終損益、4社赤字4社減益と壊滅状態
 電機大手8社の4-12月期連結決算と今3月期業績予想が3日、まとまった。8社中7社が通期業績を下方修正し、うち4社が最終赤字に転落する見通し。なかでもパナソニックは3日、今3月期に過去最悪となる7800億円の最終赤字見通しを発表、ソニー、シャープとともに巨額最終赤字に沈む。かつて世界を席巻した国内電機メーカーの業績は壊滅的状況となった。
 最終損益を見比べると、通期で最終黒字を見込む3社はいわゆる重電系総合メーカー。次にIT系2社が並び、大赤字となるのが弱電系の家電メーカー3社。重電3社はひと足先に巨額赤字決算に沈み、リストラを進めている。これに対し、弱電系3社は比較的好成績を残してきたが、一気に反動が来たと見ることができる。
 弱電3社の最大の収益悪化要因がテレビ事業の不振にあるのは明らか。今期は家電エコポイント制度終了と地上デジタル放送への完全移行が完了し、市場が縮小。さらに国際競争による価格急落とあっては「売れば売るほど赤字」となる。
 3日夕に都内で開いた決算会見でパナソニックの大坪文雄社長は「テレビと半導体で構造改革をやり切る。来期は何としても業績をV字回復させる」と悲壮な決意をみせた。同社はすでに経営統合した三洋電機などとの重複事業の整理のため、22年3月末から2年間でグループ従業員3万人以上を削減しているが、難局を乗り切るためには一段のリストラが求められそう。
 ソニーの平井一夫次期社長も2日の会見で「避けては通れない、痛みを伴う選択を実行する場面があるかもしれない」と語り、事業撤退や人員削減などのリストラも辞さない姿勢を示している。
■電機大手8社の連結最終損益
社名        4-12月期実績    通期見通し
---------------------------
日立製作所    852(▲61.3)   2000
三菱電機     820(▲29.8)   1000
東芝       120(▲70.0)    650
富士通       14(▲96.0)    350
NEC     ▲975(-)      ▲1000
ソニー    ▲2014(-)      ▲2200
シャープ   ▲2135(-)      ▲2900
パナソニック ▲3338(-)      ▲7800
※単位は億円。▲は赤字またはマイナス。
カッコ内は前年同期比増減率で「-」は比較できず。
---------------------------

まあ、これはいわゆる「普通の」日本人の脳天気さの現れであると同時にその証明になっていると言えるだろう。

さて、デービッド・アイクが国際金融マフィアの陰謀を言い出して20年、ジョン・コールマン博士が偽ユダヤの「300人委員会」のことを言い出して20数年。4年ほど前、私の旧ブログKikidoblogにこんなものをメモしていた。4年前の当時ですらすでにこういった国際シオニスト集団が何を計画しているのかという点については”大方予想がついた”のであった。
e0171614_1034522.jpg

e0171614_1034833.jpg


e0171614_10252663.jpg

e0171614_1025355.jpg

e0171614_10253775.jpg

e0171614_1025404.jpg

あれから4年後、その中で私が
e0171614_10365025.jpg

e0171614_10284270.jpg
と書いていたように、2012年のいまになってやっと、それがだれの目にも明らかとなったというだけの話なのである。

当時は、「陰謀論者」とか、「陰謀論」とか、「妄想」や「パラノイア」とか、そんな見方を大半の人はして大笑いしていたらしいが、いまやかつて「陰謀論者」といわれた人々の暴露した内容が正しいことは明らかである。

まあ、そんなわけで、欧米のアングロサクソン人(という名のバビロニア人)たちは、着々と「アングロサクソン・ミッション」を遂行中ということである。
ビル・ライアンの”預言”:「ザ・アングロサクソン・ミッション」は失敗する!
ビル・ライアン氏へのインタビュー:「地球の支配者とはどんな人々?」
プロジェクト・アバロン「”チャールズ”との対話」:ビル・ライアンの新年の挨拶!?

古代バビロニア人の最高の夢は全世界のバビロニア帝国を作ることだという。その願いがいまそこに適う時が来たと彼らはおもっているのだろう。
邪悪な場所 - イスラエル最高裁判所  By Vigilant
e0171614_10405481.jpg


そしてついに「あとは第三次世界大戦を起すのみ」という段階にやって来たのである。すべては計画通りのようである。自分たちの子孫は全部南米の安全地帯に移住済み。北半球の破壊は全部手下の戦争ロボット化した米軍兵に任せる。自分たちは地下サイロか、南米でロスチャイルド製ワインを口にしながら、
「もうすぐ終わる」
と乾杯でもするのだろう。ジ・エンド・ゲームである。

日本という国と日本人が再生するためには、まずは(おそらく普通の人には信じ難いだろうが)こういう本当のことを知らなければならないということである。アメリカは「日本の借金は返済する気がないよ」ということを東日本に核爆弾で答えたのである。これを指示したのはパパブッシュだとベンジャミン・フルフォードは再三再四言っている。こういう表の報道には決して出て来ないこと、人間で言えば、会話をつかさどる左脳の働きにあたることばかりではなく、どろどろした旧脳(爬虫類脳)の働きにも目を向けておかないといけないということなのである。そしてもし左脳よりも右脳の働きを活性化できるようになれば、この宇宙や大自然とうまく共生できる道もあり得るのだが、開かれた心を司る右脳教育を徹底的に弾圧している結果、いまのような現代社会になったというわけである。右脳はウソつけない脳だからである。

さて、そんなことより、私個人の最大の興味は、何を隠そう、やはり「惑星X」こと、「ニビル」である。なぜなら、もしこの第10惑星が存在するとすれば、そろそろ北半球にも見える時期に入って来るからである。今後がこの惑星の話に注目したいところである。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-02-11 11:00 | コンスピラシー

<< 人間モーフォロジー:猿→人→猿... 世界のキチガイシオニストたちか... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE