「オバマ出生証明書偽造」が公式に証明!:地下鉄広告「オバマよ、地獄へ堕ちろ!」

みなさん、こんにちは。

いよいよ司法の手はオバマ大統領こと、バリー・ソエトロに向って来たようである。以前ここでもメモした(「イルミナティー劇場」:人をなめきった、偽造工作。技術の劣化が明白!)が、「オバマ大統領の出生証明書」は、パソコンで偽造した偽物であったことが公式に証明されたようである。その公式の記者会見のもようは以下のものである。

mabuhay氏
バラク・フセイン・オバマ、偽りの出生証明書 : 当局者の記者会見
e0171614_14175651.jpg

Full Video of Sheriff Joe Arpaio Press Conference 3/1/12 - Obama Eligibility Cold Case Investigation


Sheriff Joe Arpaio Obama Eligibility Investigation Results
Video 1 On Obama Birth Certificate Regular Scan:











アリゾナ保安官記者会見:偽造されたオバマの出生証明書


その結果、ついにワシントンDCの地下鉄の広告掲示板に「オバマよ、地獄へ堕ちろ!」という広告まで掲載される事態に発展したようである。

“Go to Hell Barack”地獄に落ちるオバマの広告がワシントンDC地下鉄駅で通勤者を歓迎します
“Go to Hell Barack” Ad Greets Commuters at Washington DC Metro Station
e0171614_14225738.jpg


まあ、そういうわけで、すでに米本国では、TPPどころの騒ぎではないようである。もうオバマの尻に真っ赤な火がついたのである。大統領の任期切れと同時にオバマ/ソエトロは刑務所行きが決まりそうなのである。もちろん、オバマの側近たちも詐欺行為でアウトだろう。

私個人では、オバマ大統領に任期が終わったら、ぜひ福島第一原発で「奉仕活動」してもらいたいものである。311人工地震の罪滅ぼしとしてナ。


おまけ:
まあ、これは私の個人的意見だが、日本の政治家や官僚など国家公務員職は、「賃金の削減」などという勤労意欲を失わせる、馬鹿なことをするよりまず先に、「本当に日本人なのかどうかを証明する為に」出生証明書の公開を義務づけるべきである。そうすれば、他国の人間やスパイや工作員が国政や国の機関に侵入することを防げるはずである。サイバー攻撃も問題だが、スパイ行為や工作の方がもっと危険だからである。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-03-05 14:28 | コンスピラシー

<< 衝撃走る!ビル・ゲイツが逮捕!... 福島第一原発は炎上中なのか?:... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE