ユスタス・マリンズ、「世界の現実を語る」:最後のインタビュー!?

みなさん、こんにちは。

もし
The Secrets of the Federal Reserve
e0171614_19545711.jpg

の著者である、ユスタス・マリンズ

e0171614_19561174.jpg

の名を知らないとすれば、もはやここを訪れる資格はないだろう。というほど、マリンズさんの名前は、いわゆる「陰謀暴露」の世界では有名である。その著書は100冊を超える。現在それに追いつこうとしているのが、かのデービッド・アイクであるが、それでもまだまだである。

このマリンズさんは、2年前(2010年)の2月2日にお亡くなりになられた。ここでも昨年11月に2008年のマリンズさんのものを取り上げた、さてはてメモ帳のものをメモしておいた。
「1ドルの変化」、「お金は天下の回りもの」:この世には「プリセッション」が大事!

日本で最初にマリンズ氏を取り上げたのは、おそらく太田龍氏だっただろう。この太田氏もすでにお亡くなりになった。

このマリンズ博士の生前のかなり晩年のインタビューのYouTube番組を見つけたので、今回はそれをメモしておこう。残念ながら英語のみである。しかしながら、これを見れば、この世界の現実というものが本当にはどういうものであったのか、どういうものであるのか、非常に明確に理解できるだろうと思う。

911はモサドのインサイドジョブ、アメリカはイスラエルのコントロール下にある、第一次、第二次世界大戦は、シオニストである世界銀行家たちが起こし、いま現在、第三次世界大戦を起しつつある。すべては1919年のシオニスト国際会議
Paris 1919: Six Months That Changed the World
e0171614_19534779.jpg

で始まった。こういう話題が満載されているのである。

NOT for the immature! Zionist Antichrist will rule the NWO


いやー、実に興味深いものである。日本にもこういう学者の中の学者が出て来て欲しいものである。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-04-27 19:59 | コンスピラシー

<< 「GANTZ」殺人事件の数々!... HAARPに地震波か?研究用6... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE