自民党「日本国憲法改正草案」:「国家が国民の基本的人権を自由に剥奪する法律」!?

みなさん、こんにちは。

次はこれ。さてはてメモ帳の以下のものである。本文は長いので、さてはてメモ帳を読んでもらおう。ここでは、最初の大事な部分だけ引用させてもらおう。
「国民の基本的人権は国家が自由に剥奪できます」という自民党改憲案のトンデモ内容まとめ

http://togetter.com/li/294319

自民党が先日発表した『日本国憲法改正草案』(http://www.jimin.jp/policy/policy_topics/116666.html)がトンデモ過ぎなので、その問題点を人権関係を中心に簡単にまとめてみました。

簡単に書けば、現行憲法で保障された基本的人権を国家が自由に制限・剥奪できる内容になっています。

現行憲法で基本的人権を保障した「公共の福祉に反しない限り」という条文が、自民党改憲案では「公益及び公の秩序に反しない限り」にすり替わり、国家や政権政党に逆らう者、都合の悪い者は「公益及び公の秩序に反した」という名目で、一切の権利を剥奪しても合憲になりました。

また、21条の表現の自由の条文に「公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない」と、お上に都合が悪い言論の一切を潰せる条文が追加され、さらに立憲主義の規定(第97条)と、政教分離の原則(第20条)が削除されました。 

なお、たちあがれ日本の改憲案(http://www.tachiagare.jp/data/pdf/newsrelease_120425.pdf )も自民改憲案とほぼ同じ内容です。

いやもう、一体どこの北朝鮮なんでしょうかね、これは。マスコミも国防軍がどうこうよりもこういうところをちゃんと報道して欲しいもんです。by hiroujin ...
(以下省略)


子ジョージ・ブッシュ大統領時代に作製され署名一歩前で頓挫し、バリー・ソエトロこと、バラク・オバマ大統領が最近ついに署名した「マーシャル法」
オバマが署名した大統領令はマーシャル法!?
の日本版(亜流だから非常に出来が悪くなる)ということだろう。
日本版マーシャル法&FEMA「憲法の緊急事態条項」改正試案

「マーシャル法」というのは、有事の際には、国民のだれの全財産でも没収し、その土地の上に軍事上防衛上必要なものは設置できるようにするという名目で誕生したもののようである。要するに、敵が攻め入った場合など、民家でも戦車でどんどん押しつぶしても文句は言うな、というための法律である。アメリカ国内は、アフガニスタンやイラクやリビアやシリアやイランのようになったとしても、米国民は文句をいうなというものである。

そうやって、軍事体制へ持ってゆく。これが英金融マフィアが「ロンドン市」の地下で決めたという、「アングロサクソン・ミッション」の大事なアジェンダの1つである。(ロンドン市は、バチカンと同じで、英国の中の、治外法権を持つ1つの独立国なのだという。)
ビル・ライアンの”預言”:「ザ・アングロサクソン・ミッション」は失敗する!

このアングロサクソン・ミッションに同調する連中が、日本国内にもたくさんいるということなのである。民主党、自民党、公明党、みんなの党など、最近になって「アジェンダ」(極秘の長期計画)という単語を頻繁に使うようになった連中がそのお仲間だろうと見ている。なぜなら、ごく最近まで「アジェンダ」というのは、秘密結社の極悪非道な長期計画のことを指して使っていたからである。それを表の政治家が平気で当然かのごとく使うようになったからである。

中でも、昨日メモした「三極委員会」のメンバーが、そういうアングロサクソン・ミッションの最有力のお仲間なのである。

一説では、13人委員会、33人委員会、300人委員会、そしてビルダーバーグ会議、そして三極委員会、そしてダボス会議と来て、欧米の白人至上主義リーダーの描いたシナリオに合わせて、徐々に「アジェンダ」が作られ、そしてそれが表の政治で「法整備」されて、最後には我々一般人が「人類家畜化」されることになっている。

「独裁国家」と言えば、聞こえは良いが、簡単に言えば「一般人は家畜や私物になる」ということである。太田龍の言った「ヤプー化」された人間になるのである。「人間便器」、「人間家具」、「人間椅子」、「人間ロボット」になるのである。

アセンションを待ち、手をこまねいているうちに、そういう世界になるというわけだ。この世界は「他力本願」ではできていない。「自力本願」でしか進まないのである。特に戦いというものではいつもそうである。

かつて日本が欧米白人列強支配に、小さな日本人が死にものぐるいで戦ったから、東南アジアの人々が助勢に加わったのである。朝鮮戦争でも、韓国人が本気で北朝鮮に戦って見てはじめて米軍が助太刀したのである。いわんやをや。だれでも本気で悪と戦っている姿をみて、助太刀せんと欲する人が出て来るのである。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-05-02 10:31 | コンスピラシー

<< Occupy Wall Str... 電通「プラン〜」健在!?:「思... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE