ジョエル・スコーセンの予測:中ロvs米の核戦争は2020年以降に起こるだろう!?

みなさん、こんにちは。

いよいよ、日本の労働者の日のメーデー潰しで始まった「ゴールデンウィーク」も終わりを迎える。最後の週末である。こんな時には、日本のマスゴミでは絶対に報じられることも論じられることもない話題を論じているアメリカの番組を見ていろいろ考えるのも良いだろう。

今回は、日本ではあまり聞いたことのない人物、ジョエル・スコーセン( Joel Skousen)

e0171614_13141046.jpg

の話をメモしておこう。このスコーセン氏は、アメリカの歴史学者政治学者の世界では、学者一家兼コメンテーターとして有名なようである。

このスコーセン氏は、私が聞き取った範囲、調べた範囲では、いわゆる「護憲派」、「護国派」の保守派の政治学者である。いわゆるイルミナティーNWOとは一線を画する。その豊富な歴史知識や政治知識から、いま現在のイルミナティーNWOが何を画策しているかという問題を分析しているのである。

この彼がいうには、「2020年以降に必ず中国とロシアとアメリカの間で全面核戦争の第三次世界大戦が起こるだろう」というのである。そういう未来予測をしているのである。いますぐには起こらないが、最近ずっと中国軍人リーダーやロシア軍リーダーをアメリカに招いて、その際に意識的か無意識的か分からないが、極秘軍事技術をリークして、その後の軍拡競争に寄与するような形で、その準備に協力しているというのである。今度の5月半ばの米ロによるコロラドでの軍事演習もその一つだろうというのである。

以下のものである。残念ながら、全部英語である。
ショートバージョン(約40分)
Joel Skousen: The Origins of May Day and The Commies


ロングバージョン(約3時間)
Alex Jones Show: Tuesday (5-1-12) - Joel Skousen & Peter Glidden -


コーストツーコーストAM(約2時間)
GLOBALISM GOVERNMENT CONTROL COASTOCOAST AM 04-28-2012.mov


News.USやベンジャミン・フルフォードやデービッド・ウィルコックスなどの「イルミナティー一斉逮捕情報」とは全く逆に、着実に「アングロサクソン・ミッション」実現に向っているということらしい。

いやはや、我々は「イルミナティーNWOの第三次世界大戦実現情報」と「イルミナティーNWO一斉逮捕情報」のどちらを信じるべきなのだろうか?

我々は、生きてアセンションした世界に住むか、死んでアセンションした世界に住むかのいずれかということのようですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2012-05-05 13:30 | コンスピラシー

<< 野田首相「憲法改正を約束」か!... 犯罪公務員国家”在日本”:警察... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE