UFOとケムトレイル:赤外線でならUFOはよく見える!?

みなさん、こんにちは。

最近、例の「舞台裏の真相」はダウンしていてなかなか観ることが出来なかったのだが、どうやらハッキングによる妨害工作を受けていたらしい。
“The Truth Behind The Scenes’ Back on Line!

しかし、それから完全復活し、原因を究明中だとか。

さて、そこに「UFOとケムトレイル」に関するYouTube映像が紹介されていたので、ここにもメモしておこう。以下のものである。
UFO's group intersected by a commercial jet at 30,000 feet over Denver Colorado

これは、赤外線フィルターでケムトレイル機を撮影していると、その回りを飛び交うUFOが見事に写ったというもの。

前から、UFOは「赤外線モード」で飛んでいると噂されていた。というのは、エイリアンは地球人が可視光でしか見ることができないことをご存知だからである。赤外線にすると、UFOは突然消滅して見える。UFOが見えなくなる理由の1つにこういうものがあるのである。もちろんプレデターのように「透明モード」というのも存在するらしい。
UFO looking B-2 Bomber flying over Denver Colorado in at 50 thousand feet by Magnetvortex

これは、ステルスB2ボンバーもすでに「ケムトレイル散布機」が存在するという証明である。ステルス機は、日本上空にもすでに飛来しているが、我々の目にはよく見えない。これまた、なにやら飛行機雲だけが出ているという、ケムトレイルの1つのようである。

これ以外にも、「UFOモード」や「飛行機モード」など、ホログラム技術を自在につかって形状を帰ることができるケムトレイル機も存在すると言われている。

そんなわけで、地球製のUFOはケムトレイルをまき散らすが、エイリアン製のUFOはケムトレイル機のまわりで観察するのが好きだということらしい。
[PR]

  by Kikidoblog | 2012-05-22 15:42 | ケムトレイル

<< 「震災瓦礫の広域処理」が生む軋... 物理学者はミタ: NHKの金環... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE