「スパイ天国ジャパン」:「売国奴&スパイ養成学校」松下政経塾は廃業すべし!

みなさん、こんにちは。

いやー、あまりにいろいろなことが起きすぎて、ETの手も借りたいほどである。

今度は、ホモ養成塾の噂の高い、松下政経塾(日本版イルミナティー養成学校)に中国人スパイが混入していたという驚きのニュースである。さもありなん。なぜなら、そもそも前原誠司や野田佳彦に見るように、ここは在日エリートを養成し、日本を潰すための超反日学校であったことがすでに証明されてしまったからである。一言で言えば、「売国奴&スパイ養成学校」だったのである。
「彼がスパイ…」驚き戸惑う松下政経塾同期ら
e0171614_16234016.jpg

「まさか彼がスパイ活動に関係していたとは」――。
 警視庁公安部が在日中国大使館の1等書記官(45)に出頭要請していたことを受け、外交官として着任する前に付き合いがあった国会議員や松下政経塾関係者から驚きの声が上がった。
 書記官が1999年、海外インターンとして約半年間過ごした松下政経塾の同期だった森岡洋一郎衆院議員(民主)は29日、取材に応じ、「自分から積極的に動くような人ではなく、おとなしい印象しかない」と振り返り、「塾時代もその後も、何かの働きかけを受けたことはない」と話した。
 書記官は同塾で自己紹介の際、「日本の政治を勉強しに来た」と話していた。日本語は上手だったが、茶道研修の時は長時間の正座ができず困っていた様子だったという。
 インターン期間が終わった後は連絡を取っていなかったが、森岡氏が衆院議員になった後の2010年秋頃、書記官として森岡氏の事務所を訪れ、大使館での交歓会の招待状を置いていった。森岡氏は不在で、交歓会にも出席しなかったという。その後、都内の地下鉄の駅で偶然再会し、「久しぶり」と言葉を交わしたのが最後だという。
 森岡氏は「本当にスパイ活動をしていたのか、本人に聞いてみたい。公安当局には徹底的な捜査を望みたい」と話した。
(2012年5月29日15時54分 読売新聞)

松下政経塾は、最初の松下幸之助の時代とは異なり、いまでは、中国や韓国のために日本を処理するというのが目的の「売国奴養成学校」と成り果てているのである。

だからスパイとトモダチだったということは、その日本の関係者もまた一種のスパイだったということになるだろう。アラブ社会なら拷問だろうし、かのジョージ・ブッシュなら、グアンタナモ収容所おくりして、水攻め、火攻め、むち攻めの拷問地獄であるはずである。

平和ボケの脳天気国家日本だから、「彼がスパイだったとは?」などと悠長なことを言っていられるわけである。

やはり日本は「スパイ天国ジャパン」だというのは真実だったんですナ。

おまけ:
記者、留学…対日工作員、日本の先端技術獲得も

2012.5.29 14:44 (1/2ページ)
 【北京=矢板明夫】中国共産党、政府、人民解放軍はそれぞれ独自の情報機関を抱えており、外国に工作員を送っている。
 元シドニー駐在の中国の外交官で2005年にオーストラリアに亡命した陳用林氏の証言によれば、工作員たちは外交官やメディアの記者、国有企業の社員、または留学生などの形で海外に送られる。
 共産党内の工作機関は、外交担当の中央連絡部と、台湾、香港及び世界中の華僑団体を担当する統一戦線部が中心。政府の情報機関としては国家安全省がある。そして今回、中国大使館の書記官が関係しているとされる解放軍の総参謀部2部は、戦争時代の軍事情報部が前身で、中国の情報機関の中で最も力を持っているとされる。
 日中関係筋によれば、中国の工作員の主な来日目的は4つ。
(1)日本の先端産業技術の獲得
(2)中国の政治、外交、軍事情報の収集
(3)対台湾工作の拠点の構築
(4)民主化活動家、チベット、ウイグル独立派に関する情報収集などだ。

 このほか、日本の政財界で広く人脈を築き、日中間にトラブルなどが発生するとき、日本の要人に対し中国に有利なロビー活動を展開することも工作員の仕事の一つ。今年5月に東京で世界ウイグル人会議が開かれたが、中国当局はウイグル人の主張が日本で影響拡大を警戒し、日本政治家、外務省関係者に対し働きかけ、ウイグル人代表の日本入国ビザを出さないようになど、さまざまな妨害工作を行ったとされる。
 また、プロの工作員のほか、情報機関に定期的に情報を提供する多くの周辺者もいる。今回、警視庁に出頭が求められた書記官は、大学の研究員時代の自身の外国人登録証で口座を開き、民間企業の役員名簿に実名を掲載するなど、わきが甘いがところがあり、工作員よりもその周辺者の可能性がある。

いっちゃ悪いが、こういう工作員はネットもコントロールし、武器を持ち、殺人にも絡んでいる。もうすでに何万人かはそういう連中の手で「自殺」や「事故」の見かけで殺されたという噂がある。地方や都市部の高額所得者の老夫婦の殺害事件などがその典型である。外人が犯人だから足がつかない。だれも顔も知らないのである。その手引きを日本の犯罪組織や宗教カルト組織が行う。そしてピンハネする。その意味では金のあるひとほど、財産のある人ほど狙われ易い。はたして、警察当局はこういうことを知っているのか? 知っているだろうが、結局は裏でつながっているはずだから、捜査は手ぬるくなるわけである。

まあ、いずれにせよ、アジア人は100%全滅させられるそうだから、我々はその時を静かに待つ他はない。あるいは、放射能を食って行き伸びることができるグレイエイリアン化する他はない。いわゆる「タイムライン1」というものである。
[PR]

  by Kikidoblog | 2012-05-29 16:21 | コンスピラシー

<< トゥーロン国際はひどかった!:... 民間宇宙船スペース・ドラゴンの... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE