あの”ディック”・チェイニーが、心臓移植で生還!?

みなさん、こんにちは。

以下はジョークのようなものである。あまり深刻に受け止めない事が肝心である。


かつて2001年911の頃、ディック・チェイニーはこんな感じの男であった。

e0171614_16222516.jpg

e0171614_16224654.jpg

e0171614_16223489.jpg

e0171614_1642282.jpg

e0171614_16464022.jpg

ところが、これは本当かどうかは分からないのだが、あのラムズフェルドとディック・チェイニーが、アメリカ、ワシントンDCの公園で「淫らな行為」のために逮捕されたというニュースがあったのである。2009年のことらしい。

Tuesday, April 28, 2009
Reports: Cheney, Rumsfeld arrested in D.C. park for "lewd conduct."
e0171614_1625553.jpg

それから3年。

ディック・チェイニーは、あまりのストレスのせいで心臓を病み、幾度となく発作を起こし入院。心臓疾患の心臓移植を待つ、一人の患者になっていたという。

e0171614_16423561.jpg

待つこと20ヶ月の間、ただひたすら心臓提供者を待ちわびた。そして、この度、ついに心臓ドナーが見つかり、めでたく心臓移植が成功。元気になったというのである。年齢71歳。

For Cheney, 71, New Heart Ends 20-Month Wait
e0171614_16292386.jpg

この写真を見る限り、あのチェイニー?という感じすらするほどの変わりようである。気さくで気の良いおじいさんの風貌である。人が変わったのだろうか? 若干、おとなしくなったように見える。

元気になって、またあの”ディック”チェイニーにもどらないことを願いたい。
[PR]

  by Kikidoblog | 2012-06-19 16:43 | 人物

<< またあやつがやって来た!?:太... 新オーパーツ登場!「10万年前... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE