またあやつがやって来た!?:太陽にへその緒でへばりつく巨大球状物体!

みなさん、こんにちは。

最近もまた、あまりにいろいろのことが起こりすぎて、ETの手も借りたいほどである。

昨年には、太陽といえば、CMEもさることながら、太陽の回りをまわる巨大なUFOが話題をさらった。以下のものである。

縮む太陽、太陽の異変?:何ものかが太陽に突っ込む!?
太陽の周りを回る”謎の宇宙文明”?:NASAその証拠を消去!?
やつらがまたやって来た!:太陽を周回する謎の巨大物体たち
やつらがまたまたやって来た!:太陽の周りを急速に回る巨大物体たち
やつらがまたまたまたやって来た!:太陽の周りを回る巨大物体たち

UFO activity on the Sun !!! (2011-07-16).wmv

ところが、今年になり、今度は太陽にへばりついた「黒い巨大な球状物体」が見つかったのである。

太陽の「黒いトルネード」が飛び去った!?:いったいこれは何だったのか?
「宇宙のトモダチ作戦」:黒い物体は「アンドロメダ評議会の宇宙船」だった!?

Solar filament snapping and "splashing" on surface- SUN 2012 03 12

(一番下の7時の部分である。)

Update - Unidentified Object SUN! March 12, 2012

ところが、こういう黒い物体は、太陽が生み出す卵だという理論を唱えた人がいた。

「惑星は太陽の卵から誕生する」:佐野千遥の「コロンブスの卵」的発想の数々!

あれは、太陽が子供(惑星)を産む歴史的瞬間?!!
平成3月18日 佐野千遥講演会 第1部 ラ・ホール富士

ところが、アンドロメダ評議会の所有する巨大宇宙船なのか、あるいは、水星内軌道を回る、新たなる惑星なのかどうか分からないのだが、そやつがまた2012年6月17日に太陽に現れたというのである。以下のものである。

Sun - Coronal Cavity Sphere June 17, 2012


Sun - Coronal Cavity Sphere June 17, 2012

さらには、5月13日にも不思議な現象があったという。

Huge Sphere Attached To The Sun Takes Charge! - May 13, 2012

さらには、昔のNASAの映像を調べると、なんと2010年10月26日にも同様の現象を見つけたというものまで存在した。以下のものである。

New Breaking Video : A Second Sphere The Size of Saturn Shoots Off The Sun Into Space!

いったい太陽にへばりついた黒い巨大球状物体は何なのだろうか?

太陽は、鶏のように多産で、次々に卵を生んでいるのだろうか?
それとも、未知のエイリアンの巨大UFOが太陽からエネルギーを奪い取っているのだろうか?

すべては謎である。まったく未知の現象なのである。
[PR]

  by Kikidoblog | 2012-06-19 21:42 | ミステリー

<< HAARPに地震波か?研究用6... あの”ディック”・チェイニーが... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE