太陽でX1.4クラスのCME発生!:もうすぐ地球に到来か!?

みなさん、こんにちは。

いやはや、今の日本は、政権からも、周辺の国からも、地球の空からも、そして、太陽からも、あらゆる攻撃をしかけられる運命のようである。もっともそれは日本だけのことではなさそうだが。

その最後の「太陽からも」というものだが、久々に太陽にXレベルのCMEが生じたようだが、なんと悪いことにそれが地球の方角に向いているというのである。7月10日にもXレベルのCMEの影響が到来したが、
HAARPに地震波か? 研究用55:X1.1フレアによる550nTの地震電磁波到来!
今回のものは、どうやらそれ以上になりそうである。

Major X1.4 Solar Flare Turning Toward Earth – July 12, 2012

Major X1.4 Solar Flare July 12, 2012


Planet Sized Tornado Whirls On Sun's Surface, 9 to 11 July 2012

宇宙天気ニュースによれば、今夜以降に到来するらしい。
2012/ 7/13 12:20 X1.4の大規模フレアが発生しました。地球方向にCMEも噴出している様です。
2012/ 7/14 12:39 更新
太陽の活動は落ち着いています。今夜以降、CMEによる太陽風の乱れが到来すると思われます。

ここでも、私のHAARPモニター観察で、
【注】私が最近ここで強調しているのは、太陽風による(特にCME放出時の)地球内部の加熱による地震の誘発という現象である。ここ数年の観察からも、明らかに太陽からの電磁波の到来と地球の地震活動との間には相関関係があるように見えるということである。しかしながら、よく知られているように、現在の地震学者たちは地震は太陽活動とは無関係だと信じているというレベルである。まして、我々人間が強烈な電磁波を照射することによって地震が誘発できるという可能性などまったく知らないのである。この2点を観察することが最近の私の個人的目的なのである。
とメモしているように、太陽風と地球の地震活動にはかなりの関係がある。だから、今後、地震活動が活発になるはずだから、本当にこれが正しいかどうかをチェックするチャンス到来と言えるかもしれない。

それを知るには、以下の
Worldwide earthquakes with M4.0+
を見れば、一目瞭然である。

長雨で崩落し易い地域の人々は、これから1週間ほどは地震にも注意かもしれない。

備えあれば、憂いなし。
[PR]

  by Kikidoblog | 2012-07-14 23:45 | HAARPモニター観察

<< HAARPに地震波か?研究用7... ふくいちライブカメラにも”あの... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE