ロンドン五輪開会式上空に光のUFO飛来!?:「地球人よ、我々は宇宙人だ!」?

みなさん、こんにちは。

いやーこういう情報を待っていた。今回のロンドンオリンピックは、かねてからイルミナティーNWOが第三次世界大戦に向けて恰好の口実となるべき自作自演のテロ、俗にいう「偽旗作戦」で多くの犠牲者が出るのではないか、と危ぶまれていたものなのである。

一方、そうはさせじと、UFOディスクロージャー、UFOデクローク(UFO降臨)派のスピリチュアル系、アセンション系の人々の間では、みんなで念じてUFOを開会式の上空に飛来させようという運動があったようである。
日本時間(土)朝5時:ロンドン五輪開会式における「愛・調和・ディスクロージャー」の集団瞑想!

今回は、ビジュアライズする内容が多くて、やや複雑なので(笑)、わかりにくいイメージがあるせいか、あまり広く拡散していませんが。

要は、人類が愛と調和で一体となることをイメージし、(偽旗作戦ではなくて、本物の)スペース・ファミリーが空に出現して愛のメッセージを送ってくれることを願い、黄金時代をビジュアライズすれば良いのだと思います。

不穏な噂も流れている折、世界中の人の耳目が集まるこの機会を、NWO に利用させるのではなく、光の人々の全世界集団瞑想で、圧倒してしまいたいと思います。

私自身としては、ロンドンのこの会場に、光のエネルギーが、地球全域から、また宇宙から、セントラル・サンから、天界から、どんどん集まってきて、巨大な集合体を作り上げ、黒い闇を駆逐する様子をイメージしようと思っています。

一日でも早く、黄金時代へ向けて、地球からネガティブ・エネルギーを無くすために、皆さんもぜひ、自分のスピリチュアル・パワーを全開にしませんか! 特に、日本人のパワーはすごいみたいですから。

「これはスペース・ピープルから聞いたことなんですが、日本人の10%が心の中から闘争的な想念を追い出して人類の和合を強く願うだけで、世界中から戦争が完全になくなるらしいんです」。「日本人というのはそれほどの精神的なパワーがあるんですね」。(グレートシフト完全ファイルより)

ぜひご一緒に、土曜日朝5時、ビジュアライズしましょう!


はたして結果はいかに?

なんと、本当にUFOが飛来していたのである。以下のものである。

Incredible UFO over London 2012 Olympic opening ceremony, july 27


UFO over 2012 Olympic opening ceremony

世界中の人々の”想念”が通じたのか、UFOが悠々とイルミナティーNWOオリンピックスタジアム上空を飛んでいたのである。

これでは、NWOの連中も恐ろしくて何もできないにちがいない。安全は確保されたと。

実に興味深い。今後を見守って行こう。
[PR]

  by Kikidoblog | 2012-07-29 12:03 | 反重力・UFO

<< オリンピックガイドライン(マス... 頭で”受け身”? ありえねーヨ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE