【芸能】なでしこジャパンよりフランスを応援していた明石家さんまに批判殺到

みなさん、こんにちは。

もう1つサッカーの話題。今日偶然にインターネットで見つけたものである。以下のものである。

なでしこジャパンよりフランスを応援していた明石家さんまに批判殺到

スレタイ:【芸能】なでしこジャパンよりフランスを応援していた明石家さんまに批判殺到
転載元:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1344324462/

e0171614_15284991.jpg


1: ◆ERINGI.ZLg @パリダカ筆頭固定φ ★:2012/08/07(火) 16:27:42.07 ID:???
7日、放送されたロンドン五輪サッカー女子準決勝「日本×フランス」の試合後、ゲストとして出演
した明石家さんまの発言がネット掲示板で不評を買っている。

番組でさんまは、試合後に上田晋也らとトークを繰り広げ、なでしこジャパンの健闘を称えつつも
「いいサッカーはフランスの方がしてたと思うけど」
「(フランスの応援に夢中になり)フランスやない日本や!日本応援せなあかん」
「(今日出場したなでしこのメンバーの中で)さんま最優秀賞はナシで」
と、日本よりもフランス寄りの立場で観戦していたことを隠そうともしなかった。

なでしこジャパンの勝利に湧いていたネット掲示板では、このさんまの言動に
「さんまの最後の気づいたらフランス応援してたみたいな発言にめっちゃイラっとした」
「(さんまの発言に)上田やもう一人の男がコメントに苦慮してたのが笑えたわw」
「五輪番組に出させてもらってるのに何で反日なの? 不愉快極まりない」
「サッカーちょっとやってたぐらいのさんまが、決勝進出したなでしこジャパンに上から目線。
いい身分だな」
と、さんまの発言に批判が相次いだ。

他にも
「サッカー番組にお笑いタレントはいらない。完全に場違い」
「スポーツ番組には吉本興業のタレントを出演させなきゃいけない芸能界の暗黙の了解でもあるのか?」
と、いままでなでしこジャパンとさしたる絡みもなかった明石家さんまと上田晋也が出演したこと
を不思議がる声も多く寄せられている。

一方で、
「さんまは昔から反日だよ。日本代表が欧州のチームに勝つと明らかに不機嫌になる」
「今日のさんまは正しい。俺はフランス応援してた。それぐらいなでしこは酷いサッカーだった。
こういう国は決勝あがらないでほしい」
「人それぞれ意見が違うのは当たり前でしょ? さんまさんの気持ちマジでわかるわあ」
と、さんまの率直な発言を擁護する声もみられた。
(トピックニュース)


吉本興業のタレントが番組に出ると、一番悪いところはどこか、というと、それは「吉本ルール」というものなのである。

実は吉本興業は芸人の給料や出演料をピンハネするために安く抑えられるという。しかし、その分「番組で出されたものは自分の取り分にしてよい」という暗黙のルールがあるらしい。これが「吉本ルール」である。

そこで、ロンドンブーツのアツシが番組で出会った若い女の子を後でゲットしたり、ヤクザに回したり、ハイヒールももこがよく一家でハワイ特集をやりたがるのも全部旅行経費が番組持ちになるからだというのである。

要するに、こういう「吉本ルール」は「在日朝鮮人特有のメンタリティー」から発露されているものである。番組スポンサーや放送局に「日本人に成り済ましてたかる」のである。

さんまにも同じ吉本芸人として、この気質がよく出ているのである。

かつてトヨタカップの時に必ず放送メンバーに入り、くだらん話で時間を潰し、試合が終わると、メッシやカカなどから物品をねだる。そうしてゲットした物品は「番組視聴者のもの」として視聴者へのプレゼントにするのかと思えば、「自分のもの」にしてしまう。なぜなら、それが「在日吉本ルール」だからである。

他人のもの(日本のもの)は自分のもの。自分のものは自分のもの(朝鮮のもの)。

いずれにせよ、さんまややべっちにだけはサッカーを語って欲しくない。


おまけ:
ついでにメモしておくと、どうしてさんまが逮捕されないのかいつも不思議である。今時女性の前で「下ねた」連発すれば、セクハラで逮捕されかねない。番組だから許されるという論理が成り立つのであれば、法律はいらない。我々もまた「仕事上、下ねたが必要だった」という朝鮮人的なへ理屈をこねれば良いということになるからだ。

また、未成年者といっしょに夜外出すれば、「未成年者略取」の罪で逮捕される。だから、うかつにも女子高校生といっしょにドライブなどしようものなら則警察に尋問されてえん罪で逮捕されかねないのである。

ところが、テレビ局は夜であろうが深夜であろうが未成年者の番組を作成している。これまた、どうしてマスゴミは未成年者略取の罪に問われないのか不思議である。高校生はマスゴミ中心では困る。未成年者は、まず先に将来自分の子孫を教育できるようになるための準備としていろいろな勉学が必須なのである。勉強が先で、仕事が先ではない。だから、未成年者略取のような罪があり得るが、テレビやマスゴミやアダルトは例外というのでは困る。

生物学では、芸を覚える前にセックスを覚えた動物は決して芸を身につけることができないという鉄則がある。警察犬も警察犬になってからメスを与えることはできるが、先にメスを与えれば二度と警察犬になれず、単なるオスのシェパードにしかなれないのである。人間とて同様なのである。先に男には女を、女には男を与えれば、けっして一流の人物になることなどできようもないのである。マスゴミで遊びが仕事を覚えた子供から一切偉大な人物が誕生しないのはこれが理由である。子役にはそういう危険性があるのである。

ホームアローンの子役の子は、今や麻薬中毒であるという。
e0171614_19161872.jpg
e0171614_1917763.jpg

我々一般人が未成年者をつれ回すよりもっと怖いことが芸能界にはつきまとう。なぜならダークサイドと繋がっているからである。そんな場所で夜や深夜まで未成年者を出演させているマスゴミ関係者が逮捕されないというのは、実におかしなことなのである。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-08-08 15:40 | なでしこジャパン

<< ロンドン五輪卓球日本代表の対戦... サッカー五輪代表の運命を分けた... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE