火星の空にもUFOが飛ぶ:キュリオシティー撮影画像にUFOか?

みなさん、こんにちは。

やはり火星にもUFOが頻繁に飛んでいる。もちろんNASAの無人探査機も知っている。以下のものである。

Unknown Flying Object near MarsRover Curiosity – Sept. 10, 2012

この元画像はここにある。

これも例によって、NASA画像だから工作されている。そこで「火星の本当の空の色は淡いブルーだ」という事実に合うように若干色補正するとこんな感じになる。
元画像
e0171614_220268.jpg

私の補正画像
e0171614_2204419.jpg


ところで、火星の地表にはかなり獰猛なハングリーな謎の生物ワームが住んでいて、地表をうかつに歩くとそいつに食われてしまうから要注意という話がある。これが、「砂の惑星 デューン」
Dune - Trailer
のモデルになっていると考えられている。

冷戦時代の旧米ソのブラックプロジェクトで火星探査機を送った時の映像に、地面が突然もこもこと変化する様が映し出されたからである。
”謎”の米ソ共同開発「空飛ぶ円盤」火星着陸

World GOV Bases and Colonies in MARS Since 1962!


ぜひ火星へ行ってみたいものである。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-09-12 22:12 | 反重力・UFO

<< ジョージ・ブッシュがフェイスブ... 国家非常事態対策委員会 9/1... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE