イルミナティー伝統芸を噛ますやつはだれか?:シオニストの戦術ですナ!

みなさん、こんにちは。

いよいよ日中関係が危うくなって来たが、それこそヒラリークリントン、そしてそのメンターであるジョセフ・ナイの術中にハマることであろう。

まあ、2010年にここに私がメモしていたので、それを再掲しておこう。以下のものである。よ〜〜く読んで、どういうことが背景にあるかをよく理解しておけば、特に驚くことはないのである。

アジア人は馬鹿か?:もっといろいろ読み学べ!
日中核戦争を画策する人々:没落するD.ロックフェラーの最後っ屁?

米シオニストの偽ユダヤ人たちが、この極東地域を混乱させる理由は、この地域に埋蔵している地下資源である。連中は地球のものはすべて自分たちのものだと本気で思っているから、中東と同じで、資源は全部根こそぎしたいというわけである。

だから、その土地を所有しようとして紛争を起こした当事者同士の間に仲裁する形で入り、平和維持という名目の下に、全部自分のものにするというのが、常套手段である。これぞイルミナティー伝統芸である。すでによ〜〜く知られた方法である。

しかしながら、そういう資源もさることながら、もっと本当の目的というのは、これである。
しかしいずれの勢力も「アホの権化」である。無知にもほどがある。自分たちが戦わされて殲滅されるために煽動しているからである。なぜなら、欧米の「アングロサクソン・ミッション」は「アジア人を撲滅する」と宣言しているのだヨ。ジョセフ・ナイ博士のリポートも何も新しいものはなく、このアングロサクソン人のミッションの大筋の流れの中の小さな局所的戦略に過ぎないのである。彼は単なるアジア人担当官にすぎないということである。

要するに、ゴイムの殺害計画である。異民族にはどこかへ行って欲しい。地球上から消えて欲しい。これである。これがユダヤ人や偽ユダヤ人の正真正銘の祈願なのである。

アメリカの先住民もこのユダヤ系の騎兵隊長に惨殺されたのである。異民族が仮に人間であったとしても彼らは人間とは見ない。ゴイムと考える。ゴイムとセックスすることは、獣姦の一種と思うのである。あるいは、人間の種を植え付けてやったと思うのである。そしてできたハーフを家来にして、支配させる。これまた、白人支配の常套手段である。
「白人は人間ではない」:現代のコペルニクス

ビルマのアウンサンスーチー問題、東チモールのグスマン問題、そして日本のマスゴミのハーフによる支配。日本も立派にこのカテゴリーの古典的白人支配の恰好の例となっているのである。

まあ、そういうわけで、正当防衛以外の殺傷は避け、できるかぎり、刺激しないようにする他ないだろう。

しかし、大衆は簡単に報復するというイルミナティーの「世界革命行動計画」や「シオン議定書」などにあるシオニスト(これはユダヤ主義とは異なる。カバラ偽ユダヤの書であるから混同しないこと)の策略に乗ってしまうことだろう。


おまけ:
4年ほど前に昔の拙ブログにメモしていたことを再掲しておこう。これは結構長い。
e0171614_0241591.jpg

e0171614_0245215.jpg

e0171614_0245626.jpg

e0171614_0245711.jpg

e0171614_025890.jpg

e0171614_0251252.jpg

e0171614_0251068.jpg

[PR]

  by Kikidoblog | 2012-09-15 00:29 | 昔の拙ブログ・記事

<< 【緊急ニュース】習近平氏が暗殺... スマート家電とはどうあるべきか... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE