パナソニック、霞ヶ関に足元すくわれる!:霞ヶ関はどこの国の官僚組織なんだ?

みなさん、こんにちは。

いやー、先日以下のものをメモしておいた。
スマート家電とはどうあるべきか?:「トータル・リコール2012」にヒントが!?

ところが、早速パナソニックに霞ヶ関官僚から激辛のクレームがついたという。以下のニュースである。

パナソニック「目玉機能」断念 スマート家電阻む規制
スマホでエアコン操作 パナソニック断念の不可思議
経産省、今年度中に規制緩和へ

 東京・六本木の六本木ヒルズ。9月10日から「パナソニック スマート家電ウィーク」と銘打たれたイベントが開催されていた。パナソニックの最新家電が展示され、多数のプレゼントやトークライブが花を添える。「スマート家電」を大々的にピーアールするキャンペーンだが、心なしか盛り上がりに欠けていた。何しろ目玉商品の目玉機能に、行政から物言いがついたのだから。

「パナソニック スマート家電ウィーク」のイベント風景(14日、東京・六本木ヒルズ)
 同イベントは六本木ヒルズのほか、表参道ヒルズやお台場ヴィーナスフォートなど都内4カ所で17日まで開催。中でも8月に発表し、10月に発売予定の新型エアコン「Xシリーズ」は、外出先からスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)で遠隔操作ができるとあって、イベントの目玉となるはずだった。ところがイベント最中の12日、水を差すような発表がパナソニックからなされた。

まあ、これを見る限り、「敵は霞ヶ関にあり」。サムソンと手を組むドコモはOK。日本企業はNO。その選別を霞ヶ関の官僚が行っているというのだから、お粗末である。

パナソニックの発想は、いわゆる既存のリモコンをiPhoneのようなスマートフォン型に進化させて、多機能の家電制御を実現したいということである。なぜなら、そうすれば、これまで家電事に別の操作機能を持つ別々のリモコンが必要だったがそれが1つで済むようになるからである。さらに、リモコン以上の操作も可能となる。実にまっとうな、悪く言えば、愚直な路線である。

しかしこの路線に霞ヶ関から以下のようなクレームがついたというのである。

「電気用品安全法は、あくまでエアコンやテレビなど、家電そのものの機能を制限している法律です。一方、『HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム=ヘムス)』のような家電の制御システムは電気用品安全法の対象ではありません」

まさに詭弁である。白物家電の制御システムのさらなる進歩を国の法律自らが規制しているのである。その一方で、携帯電話などの外部からの制御はお咎めないという。2枚舌法律ですナ。

かつてバックミンスター・フラーが、電化製品は内部に走る電子のスピードが速い。だから、電化製品は進歩が早い。それにくらべて建築は進歩が遅い。その理由は、建築物の中で動く者が人間だからだ。電化製品は数年で刷新されるが、建築物は早くて数十年。しかし大半は建築基準法という法律のせいで、まったく進歩できないというようなことを数十年以上も前に言っている。

これと同じで、せっかく内部を動き回るものが電子であるために、進歩が速くできる分野で、わざわざ法規制してしまえば、進歩は不可能となるのである。事故防止や保証の問題と制御技術の問題を霞ヶ関官僚は混同したからである。

制御技術が発達すれば、かりに冷蔵庫や扇風機や洗濯機などが熱せられて火を吹きそうな時にも、事前に察知して、火事を防御できるはずである。また他のスプリングクラーと連携して自動的に火を消すことすら可能のはずである。

そういうさらなる進歩を逆に事故の可能性から禁止したというのだから、その法律を作ったやつはよほどの馬鹿やアホだったにちがいない。受験勉強だけして官僚になった生粋の東大エリートか、あるいは邪悪な精神に支配され切った在日官僚にちがいない。

いずれにせよ、日本の国そのものが日本の発展や進歩を阻害しているのである。このことはすでに我々国民は福島第一原発の処理を見ても分かるはずである。

しかしながら、その霞ヶ関官僚はこうもいう。

「我々は決して日本のビジネスチャンスを引っ張るつもりはない。安全かつ、快適な家電をという大原則にのっとり、本年度中には答えを出したいと思っています。一方で、HEMSなど家電の制御システムとの関係性も整理したい。こちらは逆に定めが必要なのではないかと検討しているところで、情報経済課と連携しながら経産省として一体となって取り組んでいます」

日本の官僚が、わざわざ「我々は日本のビジネスチャンスを引っ張るつもりはない。」と注意書きするところからして、この官僚組織は怪しい。日本であれば、わざわざ「日本の」とつける必要はない。普通は「我々はビジネスチャンスを引っ張るつもりはない。」と書くはずである。それをあえて「日本の」と言うあたり、「すっかり朝鮮人の配下となっているにちがいない。

要するに「売国奴」、「売国官僚」である。霞ヶ関を廃止すべきである。

もっとももう放射能でおじゃんだから、俺にはどうでもいいがナ。官僚たちよ、でけー顔して日本全国歩き回るんじゃねー。おめーらのせいで放射能が飛び散って困るんだヨ。おっといけねー、本音がでちまったヨ。失敬。

いやはや、世も末ですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2012-09-16 11:12 | 反日・在日の陰謀

<< ピエール・ゼキリー:関ヶ原にイ... 東大でた電通マンが反日CM制作... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE