HAARPに地震波か?研究用82:久々に400nT到来!

みなさん、こんにちは。

このところアラスカのHAARPモニターは活性化していたが、今日見ると再び不活性化したようである。繋がらない。一方、カナダの地磁気モニター群は問題なく動いているようであるが、それが久しぶりの400nTの地震電磁波を検出しているようである。
カナダの地磁気モニター群
e0171614_23355326.jpg

には以下のような波形が出ている。
Geomagnetism: Summary Plot from Canadian Magnetic Observatories

e0171614_1829556.png

これはちょっと前に太陽風が地球の方向に向かい、それが到達したからである。
宇宙天気ニュース

2012/10/ 6 14:32 太陽でCMEが発生しました。太陽風磁場が南寄りになり、オーロラが発生しています。
2012/10/ 7 15:27 太陽風は低速です。明日以降、太陽風に乱れが発生しそうです。
2012/10/ 8 10:47 更新
太陽でフィラメントの噴出が発生しています。太陽風磁場が南向きに振れています。

e0171614_18324964.png

ところで、この時期の太陽はこんな感じだという。
e0171614_18333835.jpg

e0171614_18334072.jpg

いずれにせよ、今回の地震電磁波はアジア方面のものではなさそうだが、環太平洋域の地震
e0171614_1838111.jpg

は連動している可能性が高いので、しばらくは注意した方がいいだろう。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-10-08 18:39 | HAARPモニター観察

<< 山中京大教授らに「iPS細胞を... 「MKウルトラ」は事実だった:... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE