ついに米国で「HAARP攻撃検出器」が作動!:西海岸と東海岸が電磁波攻撃受ける!?

みなさん、こんにちは。

先日、太陽活動は今現在非常に静かなのに、HAARPモニターに非常に強い電磁波放射が記録されている。これは何だ、ということをメモしておいた。
HAARPに地震波か? 研究用68:静かな太陽活動なのに強烈な電磁波が照射中!?

これに関連して、「舞台裏の真実」に実に興味深いものがあった。これをメモしておこう。以下のものである。

HAARP attack on East and West Coast USA? – Oct 21, 2012
e0171614_1757428.jpg

Wavelengths -
Shortwaves indicate near events, a high short spike usually means a short term major event is about to happen in that area.
Longwaves and steady increases usually mean a large scale change is developing in the area that will effect a large area's upper level jet stream.

M1 - M2 - Slight change is expected, but overall the weather pattern is not being affected.

M3 - M5 - Change is expected and the reading indicates between then and and a few days it will happen. This is considered a moderate reading, which if a short spike can be a nearby event such as severe weather, unexpected lightning, or a tornado.

M6 - M9 - Significant change is expected. Anything over M7 is rare and special attention must be directed when readings go seven and higher. Severe storms are associated with this reading, which if a short spike can be a nearby event and a long duration and slow build being a large scale change.

M10 - Associated with tornado outbreaks. This also can be strong hurricanes and blizzards.

http://www.haarpstatus.com/status.html

これによると、ついにアメリカには、「HAARPによる電磁波攻撃」を検出する機関ができたようで、そこから上の図のような電磁波の変化のあった場所がモニターできるようになったというのである。実に素晴らしい。

そして、この10月20日あたりにずっと西海岸のカリフォルニアと東海岸東部の電磁波が非常に強くなったということが分かったらしい。

というわけで、どこかからカリフォルニアに人工的に強烈な電磁波を照射している連中がいるということが明らかになったようである。

日本にはこんなものはないから、日本のどこに照射されたかについては、残念ながら、全く分からない。日本にもこんな観測網が欲しいものである。そうすれば、台風や竜巻や洪水や地震などの予測ができるようになるに違いない。

やはり米人はやることが早いナア。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-10-22 18:09 | HAARP・台風・ハリケーン

<< 尼崎の「殺人御殿」:日本人「ヤ... ケンタッキーで撮影された、謎の... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE