「今度はどこにお見舞いしましょうか?」:「人工地震男」カート・キャンベル来日!?

みなさん、こんにちは。

先日「闇の帝国」の使者アーミテージ
e0171614_18454561.jpg
が来日したと思ったら、今度は「地震外交」のカート・キャンベルがやってきたらしい。
米、在日軍人の規則や罰則統一へ…日米合同委

e0171614_22525693.jpg
(これは6日の外務省訪問のもの)
 日米両政府は25日、外務省で日米合同委員会を開き、沖縄での米海軍兵による集団強姦致傷事件を受け、再発防止策などを協議した。
 日本側が米軍人の深夜の行動制限など綱紀粛正を求めたのに対し、米側は所属基地などでバラバラに定められている規則や罰則を統一する考えを示した。
 合同委には、外務、防衛両省幹部と、オドネル在日米軍副司令官らが出席した。事件を受け、在日米軍は、軍人の勤務時間外の行動のあり方などの見直しを進めており、早ければ11月初めにも公表する見通しだ。
 これに関連し、25日に来日したカート・キャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は、成田空港で記者団に「(沖縄での事件を)大変重大に受け止めている」と述べた。
(2012年10月25日20時06分 読売新聞)

表向きは、沖縄などの在日米軍の綱紀粛正のためということらしいが、どうやらこの御仁には怪しすぎる噂がある。以下のものである。

Benjamin Fulford VS POCO凸凹BAND Lesson4 人工地震(Artificial Earthquake)


7分02秒からの国際ジャーナリストのベンジャミン・フルフォード氏の発言
「民主党関係者など、皇室関係者から聞いた話で、この証言もちゃんと当局(警察)に届けてあるんですけども、3月9日(2011年。東日本大震災2日前)の日に、カート・キャンベルと言うアメリカの国務副長官、外交のナンバー2が、小沢一郎との会話で、『もし、あなた民主党政権分裂させなければ、検察のイジメやめさせます。それと、あなた(小沢一郎)に福島県のジオライト利権(除染利権)を差し上げます』」

2012年尖閣諸島問題の裏にカート・キャンベル、2

要するに、このカート・キャンベルが来日すると地震が起こるらしい。

311大震災の直前と似た要素がみられます 投稿者:伊勢 投稿日:2012年10月24日(水)10時57分32秒
 こやつが来ると地震が起きると怖れられているアメリカのカート・キャンベル国務次官補が明日から来日するとのニュースが流れました。
 311の直前の状況と、
①沖縄でのアメリカ軍関係者の不祥事発生と謝罪、
②大臣辞任、
③アメリカ高官の急遽来日
-の3要素でも一致しました。
 この3要素についていずれも疑問を持ちます。沖縄不祥事では「深刻な事件」と殊更大げさに取り上げられた。大臣辞任がなぜか火曜日まで延ばされた。キャンベル氏は311前に小沢氏と会ったと伝えられる。
 311は、アメリカ政府高官が離日した翌日かに起きた。キャンベル氏さらにはアーミテージさん(同氏はCSISシンポで来日か)が離日した直後が危険か。
 27日(旧暦9月13日)は、中秋の名月(十五夜)と並ぶ「十三夜」。
 別件ですが、1943年に実験が行われた「フィラデルフィア計画」は、正式名称が「レインボー・プロジェクト」と呼ぶそうで、少し関心を持っています。

いやはや、「今度はどこにお見舞いしましょうか?」というやつですナ。


おまけ:
311陰謀情報保管庫
東京メトロ次の爆発物テロは、2012年10月27日、10月31日。意表をついて青函トンネル事故とか原発テロとか勘弁ねー!
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-10-25 23:12 | 地震・地震予知・噴火

<< 「ナイ–アーミテージ・シナリオ... いよいよ中共支那は「日中戦争」... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE