フランケンストーム「サンデー」ニューヨークを襲う!:HAARP暗躍か?

e0171614_22462474.jpg



みなさん、こんにちは。

いやはや、ハリケーン「サンデー」は、フランケンストームになって米東海岸を水浸しにしたようである。

「サンディ」の死者15人に、NYは地下鉄冠水や火災も 米
e0171614_2238690.jpg

(CNN) ハリケーンから温帯低気圧となって米東海岸に上陸した「サンディ」による被害が拡大している。30日未明の時点で米国での死者は少なくとも15人に上り、650万人以上が停電に見舞われている。ニューヨークでは地下鉄網が冠水し、大規模な火災も発生した。

死亡した15人のうち、ペンシルベニア州在住の8歳の少年ら数人は、倒木や大枝の下敷きとなった。カナダでも女性1人が飛んできたがれきの直撃を受けて死亡。サンディは先週以降、カリブ海沿岸でも数十人の死者を出していた。

停電はバージニアからメーンまで13州と首都ワシントンの広い範囲に及んでいる。空の便もまひし、連邦政府機関の閉鎖が続く。

ニューヨーク市内では地下鉄のトンネルが冠水した。水をくみ出すのに14時間~4日間かかるとみられる。マンハッタン最南端のバッテリーパークでは約4.2メートルの高波を記録。強風と冠水で送電システムが停止し、高層ビル街は停電で暗闇に包まれた。

同市クイーンズ区では大規模な火災が発生し、消防当局によると住宅50棟以上が全焼した。現場には消防士200人以上が出動した。出火の原因は明らかになっていない。また、同市のニューヨーク大学付属ランゴーン医療センターでは非常用電源が故障し、地下に流れ込んだ水が深さ3メートルに達した。患者260人が避難し、看護師らは人工呼吸器を手動で操作している。

ニュージャージー州のアトランティックシティの中心街はひざの高さまで浸水し、海から流されたがれきや海草が漂っている。

予報によると、米東部からカナダにかけての広い範囲で強い風と豪雨が続く見通し。また、ウェストバージニア州の山間部では31日朝までに最大90センチの積雪が予想される。

日米の気象予報士さんたちは、カテゴリー1という最弱レベルのハリケーンがなぜこれほど大きくなったのかについてまったく理解できないようである。まあ、それもそのはず、彼らの頭脳には「気象兵器HAARP」の存在がすっかり抜け落ちているからである。
http://www.youtube.com/watch?v=J3kHMYxM888&feature=player_embedded
e0171614_2382082.jpg


実は私は数日前からずっとこのハリケーン「サンデー」がどう動くのか観察していたのである。

なぜなら、ここ1週間ほど太陽活動は非常に安静であり、その結果地球上に降り注ぐCMEもほとんどなく、アラスカのHAARPモニターにもそれほど大きな地震電磁波がまったく出ていなかったにもかかわらず、アメリカの西海岸と東海岸だけに「異常な電磁波放射」の痕跡が検出されていたからである。

一週間ほど前に
ついに米国で「HAARP攻撃検出器」が作動!:西海岸と東海岸が電磁波攻撃受ける!?

HAARP attack on East and West Coast USA? – Oct 21, 2012
にメモしたように、アメリカのある組織が、HAARPによる人工的な電磁波照射を検出するプログラムを作動したという。その結果、驚くべきことに、西海岸と東海岸にだけ強烈な電磁波が照射されているという不思議な現象が検出されたのである。

それゆえ、これは何のためか?

ということを私は見ていたところ、そこに突然のようにハリケーン「サンデー」が急速に巨大化したのである。そればかりか、その軌道も非常に紆余曲折して、あっちこっちへ行ったり来たりしながら、最終的に「目的地」のニューヨークを目指したのである。

しかも、現職オバマ大統領とロムニー候補の大統領選で、形勢不利にますます陥って来たところに符合するかのように、時間的にもぴったりの時刻にニューヨークを急襲したのである。これにより、ちょうどニューヨークで講演していたオバマの独壇場と化したのである。

一応その証拠として、電磁波照射の変化をメモしておこう。以下のものである。
10月21日
e0171614_1757428.jpg

10月24日
e0171614_22594683.jpg

10月25日(以降ほとんど同じ)
e0171614_2334755.jpg

10月30日(ハリケーン上陸後)
e0171614_2344489.jpg

結果的には、HAARPの電磁波照射によって、見事にハリケーン「サンデー」は巨大化し、フランケンストームへと変貌を遂げた。そればかりか、オバマの「神風」となるべく、絶妙なタイミングでニューヨークに上陸したというわけである。

おそらく、オバマの旗色が悪くなったNWOシオニストが、HAARPによる気象操作を行ったのだろうということになる。知らぬは、一般人ばかりなり。

「信じる信じないはアナタ次第です」というわけですナ。

いずれにせよ、この台風でお亡くなりになった方々のご冥福を祈ります。R. I. P.
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-10-30 23:13 | HAARP・台風・ハリケーン

<< ハリケーン「サンディー」の不思... アップルvsマイクロソフト:ど... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE