「外務省は伏魔殿」といった田中眞紀子の脳みそは伏魔殿!?:解散あるのみダ!

みなさん、こんにちは。

いやはや、
田中眞紀子

e0171614_22361376.jpg


田中眞紀子大臣の判断「大学不認可」に混乱広がる
には困ったものだ。

私はかなり前からこの御仁はいわゆる「ゴミおばさん」や「迷惑おばさん」のような「ピック症候群」を患っているのだろうと思っている。というのも、小泉時代、お騒がせしたが、その後に文科省大臣になった時、自分の子供が大学に合格し易くなるように、大学入試制度を変えろと官僚にいったというエピソードが知られている。売国奴ではなく、私物化である。

ところがそれから何年か経ち、自分の子供がもうはや大学と無関係になると、途端にこのざまである。

大学設立というものは、非常に長い時間を掛けて行われるものである。

そこにたまたま野田ブー首相に任命されたからといって、それ以前の大臣が認可予定だったものを反故にしてしまうというのは、明らかに「犯罪行為」であろう。なぜなら大学を設立する側からすれば、国や政府の詐欺行為である。

何年もの時間とそのために掛けて来た金とそこに志望した学生たちの努力を全部おじゃんにしてしまったのである。

田中真紀子を詐欺罪として告訴すべきである。また汚染土壌野田ブー首相は任命責任がある。

もはや国家の体を為していないのだから、「田中のばか野郎解散」しかないナ。

はやく解散総選挙すべきである。

いずれにせよ、自分の子供のために大学法を改正しろといった人間が、他人の子供のためには冷淡に認可された大学認可を取り消すとは。

どうやら「田中眞紀子の脳みそは”伏魔殿”」のようですナ。
[PR]

  by Kikidoblog | 2012-11-04 22:39 | コンスピラシー

<< 川田龍平「国民の命はそんなに軽... 日本の町工場「ボブスレー」作る... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE