笹子トンネル崩落事故から学べ!:今後10数年は公共投資型政治に戻るべし!?ミンスは消滅しろ!

みなさん、こんにちは。

さて、山梨県の笹子トンネルでは痛ましい事故が起こってしまったようである。

中央道トンネル崩落:乗用車にも3遺体 死者は合計9人に
e0171614_10195137.jpg

 山梨県大月市の中央自動車道笹子(ささご)トンネル崩落事故で県警は3日、乗用車の中に男女3人の焼死体があるのを確認、ワゴン車からも男女5人の遺体を収容した。トラックから見つかった遺体は同県甲斐市富竹新田、会社員、中川達也さん(50)と判明。死者は計9人、重軽傷者は2人となった。県警は身元確認を急ぐとともに、安全管理に問題があったとみて業務上過失致死傷容疑などで調べる。
 県警や消防による救出作業は夜を徹して行われた。3日午前1時45分、ワゴン車の運転席、助手席、最後部席から各1人、中間座席から2人の計5人(男性3人、女性2人)の遺体を確認した。
 いずれも東京都内在住の20代で、この車から軽傷を負って脱出した銀行員の女性(28)=神奈川県三浦市=の知人とみて調べている。
 乗用車の3人は午前4時半ごろ、運転席、助手席、後部席に各1体を確認。山梨県在住の60〜70代の男性1人、女性2人とみられる。
 トンネルの天井板はコンクリート製で約130メートルにわたって崩落。巻き込まれた車両は計3台で、乗用車が最も東側、ワゴン車が西側にあった。事故を受け、羽田雄一郎国土交通相は3日、現地を視察する。【春増翔太、黒田阿紗子】
今回はこの事故と今後の政治という,一見無関係に見えることをメモしておこう。

結論から言うと、今回の事故は、コンクリートの耐用年数を無視して、何でもかんでも公共事業費をカットし、「工事よりは人」という実に馬鹿げた政策転換を行ったミンス党の責任大である。民主党の執行部、特に創価プリンス前原誠司の責任は大きい。

(あ)まず、コンクリートの話から。

私は阪大大学院卒業後いったんは住友セメントに入社した。半年で止めて米国留学したのだが、セメント会社の研修にはコンクリート作りもあったという興味深いものだった。この間、会社のサッカー部ではそこそこ活躍したものである。対戦相手の大成建設のサッカー部GKは、私の高校時代のチームのGKだった後輩がいて、「おお〜〜、しばらくぶりだな」という感じのこともあった(ゼネコンリーグだった)。

さて、そんなコンクリートセメント。これには非常に重大な性質がある。実はコンクリートセメントには耐用年数なるものがあるということである。それも結構短い。

幸い、こんなデータがあった。だいたいの年数だけ解れば良いので一部だけを引用しておこう。
耐用年数表(抜粋)
e0171614_1024410.jpg

要するに、最長の耐用年数で50年。平均すれば、40年以下。これがセメントという固形材質の特徴なのである。

だから、鉄筋コンクリートの家であっても、築40年もすれば、いろいろな場所で劣化し亀裂が入り、いずれ崩落して来る。

実際、築40年以上の我が家も少しずつ天井裏、軒下あたりに穴が開いて崩落している部分も出来て来ている。

(い)さて、はたして笹子トンネルの場合はどうか?
笹子トンネル

笹子トンネル
概要
位置山梨県
座標
北緯35度37分7.7秒
東経138度47分42.8秒(上り)
北緯35度37分7.4秒
東経138度47分41.3秒(下り)
現況供用中 ⇒ 事故につき通行止め
所属路線名 中央自動車道
起点山梨県大月市笹子町
終点山梨県甲州市大和町
運用
開通1977年(昭和52年)12月
所有中日本高速道路株式会社
通行対象自動車
技術情報
完成1975年(昭和50年)
全長(上り線)4,784 m
(下り線)4,717 m
道路車線数(上り線)2車線
(下り線)2車線
設計速度-- km/h(法定速度:70 km/h)

このデータを見ても解るように、ちょうど築35年〜40年というところに差し掛かかって来ている。だから、そろそろ、コンクリートセメントの「耐用年数」ぎりぎりのところにきているのである。

(う)実は、日本全国のトンネル、道路、橋などは、戦後の高度成長期、要するに今「日本未来党」を作り出した小沢一郎が秘書の1人であった頃の田中角栄時代、言い換えれば「日本列島改造論」の時代、すなわち1970年代にできたものがほとんどなのである。

そして、いよいよその「耐用年数が来ている」ということである。これは10年前にはすでにそういう時代に入って来ていたのである。

ところが、小泉・竹中の「骨太の狂牛病の時代」もっと前には森の「情報ハイウェーの時代」あたりから、公共事業よりは人、地方投資よりは中央投資、箱ものよりは人、物よりは情報、という一大方向転換が計られて来たわけである。そして、ミンス党鳩山・小沢時代の前原時代から、「八ッ場ダム建設中止」などどんどん地方への公共投資をストップしたわけだな。

では、そのかわりにどこへ投資したか?

ご承知の通り、朝鮮企業や本国南朝鮮であった。スワップで5兆円。そのおかげで,イオン、ソフトバンク、DeNA、Gree、パチンコ、あげくの果ては社長有罪の武富士まで復活、朝鮮マンセー投資となったわけだ。

そのおかげで、日本全国津々浦々のトンネル、ダム、橋などが崩落の危機に瀕しているのである。今では、日本の至る所で今回の笹子トンネルと同じような危険にあるわけである。

トンネルであれば、崩落の危険性、ダムであれば、決壊の恐れや底の土砂や瓦礫の蓄積、橋であれば、崩落の危険性などである。

そんなわけで、戦後1960年代〜1970年代の高度成長期に「日本列島改造論」の時代に建設されたコンクリートは耐用年数を過ぎたか、その最中にあるか、もうすぐそこに入るかというわけである。

(え)そこで、今後の政治の問題に関係して来る。

はたして、こんな時代にどの党に投票すれば良いか?よくわからないということである。

しかしながら、「日本列島改造論」時代のかつての多額の集中的公共投資のせいで、その時代に作られた建築の耐用年数による劣化のために、日本全国が大変な事態に陥りつつあるわけである。(面白いことに、ちょうどこのコンクリートの劣化年数とほぼ一致して、同じように国会議員や国家公務員も耐用年数に入り劣化して来ているように見えるということである。)

それに加えて、東日本大震災も起きた。復興事業も必要になる。これまた建築や建設が大事となる。

要するに、ここしばらくは、日本は田中角栄・腰巻き小沢秘書時代の負の遺産を何とかしないと安心して日本全国を走ることも出来ない。とまあ、そういう時代にいるということである。この認識がまず必須であろうと思われる。

このように考えると、政党はともかくとしても、東日本の復興事業、原子力発電所の廃炉事業その他、そして日本全国の津々浦々の増強補修改築事業など急務かつ必須の公共事業が目白押しの時代に入ったのである。

ついでに言えば、私がここで何度か取り上げたように、第三次世界大戦の全面核戦争の避難シェルターや地下都市などの建築事業も加えることが出来るかもしれない。そういう時代に入ったのである。

(お)というわけで、政党の党首のだれそれが好きだ嫌いだという好き嫌いで日本人は考えるというおこちゃま文化に毒されて久しいが、今回から10年ほどはだれが見ても公共事業投資型の政治に一端は復古せざるを得ないはずなのである。

さもなくば、あなたがどこかへ高速道路で旅をする、すると、どこかの地方のトンネル内で崩落死する。ご臨終ですな、ということになりかねないのである。

物理的に見て、コンクリートセメントの耐用年数の問題は避けられないのである。逆に言えば、1970年代の公共投資はそれほどまでに凄まじいものだったのである。だから、日本が一気にバブル全盛の時代にまで上り詰めることが出来たのである。

今はその時代の劣化施設の改修工事、現代技術による最新化が求められる時代なのである。

はたしてこれができそうな政党とはどこか?

もはや言うまでもないだろう。今回ばかりは自民党である。麻生セメントの麻生、ゼネコンの自民党、こういう実力を持った政党しかあり得ないのである。

ミンス党はまた12年後あたりに(まだあるとすればだが)戻ってもらうか、もはや消滅してもらう他あるまい。

もちろん、信じる信じないはあなた次第です、ということですナ。


最後に、私は山梨県甲府市出身だから、この笹子トンネルは何度も何度も通ったことがある。私の記憶では当時日本最長、そして日本最先端のトンネルだったから、その素晴らしさには度肝を抜かれたものである。

その記憶からすれば、そんな立派なトンネルが、ここ徳島の田舎の山の中にある古びたトンネルのように天井が崩落して来るなどということは想像できないのである。だからだれもが信じられないと思うのは当然である。おそらく会社の人たちもそうだろう。

しかし、それが現実に起こったわけだヨ。ということは、すなわち、コンクリートの耐用年数が過ぎたという証明である。

いずれにせよ、崩落事故で命を失った方々のご冥福を祈りたい。合掌。

彼らのためにも、今後10数年は日本全国の公共事業投資で日本復興、日本経済復興、そして、日本が内需拡大することにより世界の景気を底上げするのだ!


おまけ:
ちなみにこの事故のようなものまで「陰謀」だ。「NWOのテロだ」などとほざくやつがいるが、こうなるともはや病気である。陰謀というものは、「偽旗作戦」という側面がある。それゆえ、事前にそれを知っていてそれに対処するインサイダーが必ず存在する。「911」の時に普段いるはずのユダヤ人がまったく来ていなかったとか、「311」の時にフランス人は関東から逃げろの通達が本国からすでに出ていたとか、地震の前に地震はどうだったというメールがイスラエルから来たりというようなものである。かならずそういうことが存在する。ところが、今回のものにはだれにもそういうメリットがない。むしろ、これはゼネコンの陰謀だというような連中は、この場合は「後付け」というものであり、朝鮮人がよくやると言われているように、何事も他人のせいにして印象操作を行うという類いの悪質なことだろう。「911」解体爆破、「311」人工地震などは、それまでにずっと何年にも渡り研究され、計画されて来たものだと言われているのである。笹子トンネルの事故でだれかそういう人はいただろうか?私が知る限りまったくのノーマークであった。また日付もカバラ馬鹿ではない。いまゼネコンが必須なのは、そういう時期に時代が来ているという物理的な事情にすぎない。1970年代の建築はちょうど今頃が寿命に差し掛かるのである。いずれにせよ、何でもかんでもNWOだ、テロだというのは、自分の首を絞めるだけであるから、「陰謀暴露論者」、真実究明士の私としては、いただけないのである。もっとまじめにやれということだナ。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-12-03 11:14 | アイデア・雑多

<< ネットジョーク:「コスプレイ橋... HAARPに地震波か?研究用8... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE