朝鮮サッカー選手、「独島もFIFAもJOCもわれわれの領土」とのメッセージ!?

みなさん、こんにちは。

いやはや、奇妙なニュースがついに出た。以下のものである。
韓国の朴鍾佑 2試合出場停止と罰金 FIFA
2012.12.3 19:16 [韓国]

ロンドン五輪サッカー男子3位決定戦の日韓戦後に、「独島はわれわれの領土」とのメッセージを掲げる朴鍾佑=8月10日、ミレニアムスタジアム(撮影・山田俊介)
e0171614_10364436.jpg

 国際サッカー連盟(FIFA)が、ロンドン五輪で竹島(韓国名・独島)の韓国領有を主張するメッセージを掲げた男子の朴鍾佑(韓国)に対し、代表戦2試合の出場停止と3500スイスフラン(約31万円)の罰金処分を科した。韓国サッカー協会が3日、明らかにした。
国際オリンピック委員会(IOC)が今後、この決定を基に、留保している同選手への銅メダル授与の是非を判断する。
 同選手は3位決定戦で日本を破った試合後にメッセージを掲げた。FIFAは11月20日の規律委員会でこの行為が懲戒規定などに違反したと判断した。韓国協会にも警告処分を出した。(共同)
e0171614_10393279.jpg

(どうやら朝鮮では斜めストライプのネクタイ、日本では黄金ネクタイが流行っているのか?細野や枝野の護衛していたのがストライプだったのが妙に気にかかるが。)

なんという”あま〜〜い”お咎め! たったの2試合の出場停止処分。これではオリンピック入賞賞金で一括払いできるだろうナア。何も反省することはないだろうヨ。

さて、では、なぜこんなに朝鮮人に対して甘いのか? キムヨナの高得点の時もそうだった! なぜあんなインチキジャンプに高得点が出たのか?

その答えは?

「朝鮮マネースミダ」

冗談はさておき。その原因はすべてこの人のせいだったという有名な実話である。以下のものである。
鄭夢準「FIFA会長が『審判を買収して韓国が4強に行った』と話した」 2012年7月5日 NAVER/朝鮮日報(韓国語)

韓国現代グループの御曹司で、元FIFA副会長の鄭夢準
e0171614_10444746.jpg
(世界のスポーツをダメにした張本人。柔道、サッカー、フィギュアスケート、こいつの関与するものはすべてがだめになるという話である。)

鄭夢準(チョン・モンジュン)大韓サッカー協会名誉会長が、2002年ワールドカップ当時の国際サッカー連盟(FIFA)の 関係者たちと経験した秘話を打ち明けた。

鄭名誉会長は4日、ソウル・小公洞(ソゴンドン)のロッテホテルで行われた『2002ワールドカップ10周年記念式』で、「ゼップ・ブラッター現FIFA 会長が『2002年韓日ワールドカップの時、MJ(鄭夢準)が審判を買収して(韓国が)4強まで行った』と話した」と明らかにした。

鄭名誉会長は2006年ドイツワールドカップ当時のスイスとの組別リーグ3回戦を回想して、「アジアサッカー連盟(AFC)のピーター・ベラパン事務総長が、『主審が(ブラッター会長がスイス人だから) スイスの肩を持っている』と指摘した」とし、「するとブラッター会長が、『何をこの程度で言ってる。4年前にはMJが審判を買収して(韓国が)4強まで行ったけど、我々はあの時ようやく16強だった」と話していたよ」と明らかにした。

韓国は当時組別リーグでトーゴを破ってフランスと1-1で引き分けたが、最後のスイス戦で敗れて16強進出に失敗した。

鄭名誉会長はまた、「1993年にジョアン・アヴェランジェFIFA元会長、ブラッター会長、ペレなどの日本訪問の席に私も招待された」とし、「その席でワールドカップ開催地が日本に固まったような雰囲気が起き、『我々も間もなく誘致の申請そするのでワールドカップの開催地を執行委員に対するロビーで決めず、正々堂々とサッカーの競技をして決めよう』と提案した」と話した。

(以下も面白いが、省略)

2002年W杯での韓国サッカーの醜態と審判買収
e0171614_104908.jpg


(参考サイト)

知らされなかった韓国サッカーの“裏側”

(参考動画)

2002ワールドカップ韓国の悪行
http://www.youtube.com/watch?v=y--hf4ZYMlM&feature=related

韓国の八百長伝説
http://www.youtube.com/watch?v=y1oEMsWe4u0&feature=related

いずれにせよ、朝鮮人が関与すると、なんでもかんでもが「マッチポンプ」や「八百長」になるらしい。一言で言うと、フェアでなくなる。ヤクザ的になるのである。その点、欧米のハザール帝国出身の偽ユダヤ人と非常に似ているのである。

そこで私が暇な時に密かに調べているのは、今の朝鮮人と偽ユダヤ人には遺伝的なつながりがあるのかないのか?という問題なのである。

おそらく、ある/あった、というのが私の予想である。ハザール帝国(カザール帝国ともいう)は、昔チンギスカンのモンゴルに追い立てられた。その時に中央アジアから東欧に移住したと考えられている。しかし、その頃すでに混血した人間がいたはずである。だから、凶暴なモンゴル人の血筋のロシア人がいるように、凶暴なモンゴル人の血筋を引く偽ユダヤ人がいても何らの不思議はないというわけだ。

一方,チンギスハンのモンゴルは朝鮮はおろか支那まで支配した。だから、その凶暴な血筋を引くシナ人や朝鮮人がいても何ら不思議ではない。

つまり、チンギスハンや匈奴の子孫としての、偽ユダヤ人やロシア人とシナ人や朝鮮人なるかなり特殊な民族がいたとしても何ら不思議ではないということになるだろう、という予想である。

はたしてこれが真実かどうか?

これは今後調べる他ないということですナ。

さて、そんな可能性があるわけだから、いま世界中のワールド組織の天辺には偽ユダヤ人が努めている。そこに南朝鮮人が入った。おそらく、妙に気が合うはずなのである。ルーツが同じかもしれないからである。

偽ユダヤ人は自分たちを「人間」と呼び、他民族や他宗教の人々を「ゴイム(家畜=豚)」と呼ぶ。だから、豚インフルエンザを生み出した。これは、我々が言う意味の「人インフルエンザ」と同じ意味である。特に日本人を「猿」と呼ぶ。だから、フランスの偽ユダヤ人が「日本人の惑星」という意味で「猿の惑星」を作ったという。

一方の、朝鮮人は、自分たちを「同胞」と呼び、我々日本人を「チョッパリ=豚の足」や「犬」や「猿」と呼ぶ。

呼び方まで両者そっくりなのである。血は水よりも濃い。やはり毛嫌いするものも遺伝的にいっしょなのである。また、嫌っている相手から金を欲しがる様までいっしょだ。

偽ユダヤ人は今では世界中の有名科学者になっているが、大半の国際学会を運営しているのはそういった偽ユダヤ人たちである。まあ、一般の人は知らないはずだが。簡単に言えば、WHOとか国連とかユニセフとかといっしょのことである。

しかし、彼らは学問は好きなのだが、あまり働くことは好きではない。ましてや土いじりや農作業や何かを製作することはあまり好きではない、という特徴がある。その代わりに、歌を歌ったり、踊ったり、詩や小説を書いたりするのが好きである。だから、映画が大好きだ。だからハリウッドを作り出した。

これまた朝鮮人と似ている。朝鮮人もまた、キーセンや喜び組が大好きだ。在日朝鮮人もそうだ。だから芸能界やアダルト界やVシネマを作り出した。とにかく女が大好きだ。

ついでに加えれば、ロシア人もボリショイバレーやフィギュアスケートが大好きだ。芸術の都である。これまた朝鮮人と似ているのである。

さらについでに加えれば、日本の古代のお公家さんもまさにそういう人たちだった。何かを作り出すよりは、例えば、鉄を鍛練して日本刀を作るよりは、詩歌や和歌を歌ってセックス三昧するほうがお得意であった。この特徴はいまの歌舞伎界に受け継がれて来ている。それゆえ、私はお公家さん=朝鮮人説と仮説として立てているわけだ。

では、考えることが好き、何かを実際のものを生み出すことが好き、という民族は?

と考えると、どうも日本人とユダヤ人しかいないのである。英国でも独創性の高いものは、ほとんどがユダヤ人である。それもどうやら黒いユダヤ人というちょっと有色系西洋人なのである。科学の世界では金髪はダメだというのは偏見ではなく事実らしい。マリリンモンローは茶髪だった。金髪ではない。実際ほとんどそういう科学者をみない。ノーベル賞学者の大半、ほとんどすべては黒髪である。もっとも昔の写真は白黒だからだったのかもしれないが。私が留学した当時見た大半の優秀なアメリカ人学者もまた黒髪だった。

というような感じで、そういう人たちはユダヤ人かユダヤ系である。もっとも、今では偽ユダヤ人もユダヤ人も相当に入り乱れて混じっているから、どっちがどっちか全く分からないというのが現状だろう。

これまた、日本人と朝鮮人も相当にくんずほぐれつの混交をしてきたからどっちがどっちか分からないというのが実情だろう。

メンデルの法則の何ともいえず面白いところは、量子的なところにある。つまり、遺伝子は、つぶつぶでできている、ということである。ディジタルなのである。だからアという遺伝子とイという遺伝子の間の中間は存在しない。どちらかなのである。あるかないかの二者択一である。だから、2種類の対立遺伝子の場合には、2×2=4種類の場合しか存在し得ないのでる。

いくら遺伝子の数が多いといっても有限である。その数をNとすれば、結局、2^N程度しか種類は存在し得ない。たしかにNが大きくなれば、2^Nは膨大な数になる。しかしながら、Nの対立遺伝子の人と(N-1)の対立遺伝子の人と比べた場合、その中間というものは存在しないのである。

そんなわけだから、やはりある種の遺伝子を受け継いでいる民族とそうではない民族というものがあれば、その中間はないということなのである。

残念ながら,今我々があまり知らないのは、「行動の遺伝子」というものである。別に何かの障害を持っていない普通の人であったとしても、この遺伝子のあるなしによって行動に差がつくということを行う遺伝子の研究である。これは非常に難しい。古典的な研究は、ショウジョウバエで行われた。こういった話は以下のものが面白い。
時間・愛・記憶の遺伝子を求めて―生物学者シーモア・ベンザーの軌跡
e0171614_11283061.jpg
(これは名著である。)
いま「時間遺伝子」で飯食っている人は、ベンザー博士の天才のおかげである。

凶暴な古代モンゴルの遺伝子をどこのだれが持っているか?

実はこれがひょっとしたら世界の大問題なのかもしれないというわけですナ。

ついでに加えると、火星のイギギの頭領だったニビルの王様の孫マルドゥク。こいつがニビル初の地球人女性と結婚したニビルの神であったという(シッチン博士の話である)。そして、古代エジプトの数万年前の初代ラーであった。ラーとはニビルの神のことである。そして神と人間の半神半人にも適用された。後の地球人の王は「ファラオ」=(跡を継ぐもの)、今の英語のフォロワーのことである(と俺は信じる)。同時に、マルドゥクはスメールの古代バビロニアの神でもあった。

このマルドゥクの家来たちの謎の集団イギギが200人ほど地球へ逃亡し、マルドゥクの結婚式の日に式典に侵入して美しい地球の女たちを奪い、ヒマラヤ杉の場所へ移住した。そこで女に飢えたイギギたちは酒池肉林し、地球人女性たちに子供を産ませ、そこに「星の街」なる都市を建設したという。

この場所がどこだったかという正確な記録がない。しかし、ヒマラヤ杉があり、白人のルーツとして一番ありそうな場所はヒマラヤ山麓である。ヒマラヤの北西部。今のアフガンのあたり、この辺りだろうと私は推測している。ここを中心に南はインド、北はウクライナ、ここがいわゆる西洋白人の本拠地である。ベラルーシとは、白いバラ=白ロシアなのである(と俺は思っているが)。

これがインド・ヨーロッパ語族=西洋人型骨格=ニビルヒゲ(長島監督のようなヒゲ)のルーツなのである。

問題は、この民族は、ニビルの家来の家系だったということである。ひょっとしたら、イギギとはアイクがいうレプティリアンだったのかもしれないのである。冷酷無比。同情心感情移入ゼロ。青い血。爬虫類のような目。こういった特徴は白人の中の白人ほど、金髪ほどそうなるらしい。

一方の正統派ユダヤ人はほとんどが黒髪。これは、黒髪の地球女性と結婚したラーの子孫だからである。マルドゥクの子孫なのである。さらには、マルドゥクの父親のエンキが、地球女性に手をだして出来た非嫡出子の子孫なのである。これが、アダムとイブ(=アダパとティティ)である。

この子孫の前にエンキの精子と類人猿の卵子を使って、ちょうどいまのiPS細胞のようにして誕生したのが、アダムゥとティ・アマトであった。私はこの子孫がアジア人の原始だったのではないかと疑っているのである。もちろん、黒髪と有色人種である。猿に似ている。我々もナー。

したがって、古代ユダヤ人の一派が失われた10支族のガド族やらマナセ族やエフライム族となり、3000年ほど前に日本へ移住して来たのだろう。

とまあ、そんなわけで、私が「パーソナルコンピュータ」ならぬ「パーソナル遺伝子解析機」や「パーソナルスーパーコンピュータ」が欲しいという理由が分かるだろう。ちょっと皮膚を採取してルーツを探るのだ。まあ、夢物語だが、遺伝子を見れば、シッチンの言説の真偽、エイリアン遺伝子のあるなし、行動の法則が見つけられるかもしれないのである。

とまあ、話は妙な方向へ進んだが、偽ユダヤ人と朝鮮人は非常に遺伝的に近いのではないか?というのが私の予想なのである。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-12-06 11:59 | サッカー&スポーツ

<< ジ・エンド・イズ・ニア?:終わ... ドゥンガ「こういう状況の時には... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE