NASA無人スペースシャトル「X-37b」× HAARP=そのこころは?:プローブ「探り針」?

みなさん、こんにちは。

いやはや、再びあまりにいろいろのことがありすぎてETの手も借りたいほどである。ジョークネタもたくさんあるし、政治ネタも科学ネタも尽きないからである。

さて、そんな中,今回はこれをメモしておこう。例の米軍事組織NASAの無人スペースシャトル「X-37b」に関してである。

これは大分前から、そう、何十年前からそうなのだが、アメリカ政府というものは、どこかの国が政権を変えた場合、かならず外交上の挨拶代わりの事件を起す。これが「政治的プローブ」という手法である。あまり日本人にはなじみがない。

つまり、アメリカの「対日戦略」がこれまでどおり有効か、あるいは、変更を迫られるのかをチェックしたい。そこで、何かのちょっと大きな事件を起して(もちろん、日本に潜入したCIA工作員が)、その対応の仕方を見る。相手の出方を見るのである。

この「プローブ」(=探り針)が問題なのである。

我々日本人は「平和ボケ」で非常におめでたいから、こういう探り針のための事件を起されても、それすら気づかないということがほとんどであった。しかし、過去の政権交代直後に起こった事件を見れば、すぐにそういうことが真実であったことがわかるはずである。まあ、ご自分で研究して見れば分かるはずである。

最近の一番の解り易い大事件が「311東日本大震災」であった。

中丸薫氏によれば、米軍は日本政府はそれなりにうまく対処するだろうと思って起した「探り針」だったが、菅直人・枝野幸男政権があまりに馬鹿で、とんまだったために、予想外に被害が拡大してしまい、また地震工作もあまりに被害を大きくしてしまい、しかたなく「トモダチなら当たり前」作戦せざるをえなくなったという話である。

そこで、安倍政権であろうが、誰政権であろうが、日本で政権交代が起こると、必ず「米政府は何かを起す」のである。これは、日本だけではない。ロシアにもどこの国にも同じことを行うのである。かなりマニュアル的にそういうことをするようである。

だから、いま私が一番個人的に注目して、危険視しているのが、これである。

再び、どこかに人工地震を引き起こすか? 何らかの事件を起すか? 尖閣問題かもしれないし、竹島問題かもしれないし、いずれにしても日本外交に直結するような何かを引き起こすだろうと見ているというわけである。

「探り針」のために、人工地震を起そうとして、東京から離れた東北沖を使ったのは良かったが、彼らも馬鹿だから、日本人が太平洋側にへばりついて住んでいることを知らなかった。だから、非常に長距離を襲った津波のおかげで、甚大な被害が出たわけである。この連中の馬鹿さ加減のせいで、犠牲になった人々は数知れないが、行った米軍関係者も粛正されたようである(中丸氏によれば)。(本当かどうか知る由もないが)。

そんなわけだから、今度同じように人工地震を起して「探り針」にしようというのであれば、かなりへんぴな場所を選ぶに違いない。あまり人がいない。もちろん、米軍施設も無い。そんな場所である。東日本大震災では、三沢基地など東日本の米軍基地も被害を受けたはずである。横須賀基地や横田基地やキャンプ座間(横田幕府の本拠地=本丸)も被害を受けた。放射能をかぶったからである。だからそういうことは避けたいと思うに違いない。

そうなると、人口が少なく米軍基地から離れた場所ということになる。すると、どうも九州宮崎沖や四国沖しかないだろうというのが、私が個人的に予想していることである。だから、特に最近の地震雲とハザードラボ、そしてアラスカHAARPモニターを注意して見ている。
久々に見る”地震雲”:「お次ぎはどこに見舞いしましょうか?」ですか?
e0171614_21594546.jpg

e0171614_2201712.jpg

e0171614_0201183.jpg

Induction Magnetometer
e0171614_1863250.gif

e0171614_186711.gif

e0171614_1863679.gif

特に、このz成分の「2・5ヘルツ」付近が最重要である。水平成分は気象コントロールの時に重要のようだが、垂直成分は人工地震の時に影響があると、私はこれまでの観察から確信している。それが、今回再び出て来たようである。宇宙天気ニュースでは、太陽活動は平穏そのまま。磁気乱れもCMEの到達もない。にもかかわらず、この強烈な電磁場が炸裂している。それもぴったりUT00時から。

いったいどこへ?

というわけだが、ここに一番最初のNASAの無人スペースシャトルが登場する。もしこの電磁波が無人スペースシャトル「X-37b」を反射板として、あるいは「X-37b」のエネルギー源として照射されているとすれば、これから何かが起こる、あるいは、何かを起す可能性は非常に高いからである。

では、「X-37b」はいまどこにいるか?

今日、やっと”こやつ”の居場所を見ることのできるサイトを見つけたヨ。これである。
http://www.n2yo.com/?s=39025
e0171614_18135119.jpg


この辺りに人工地震を見舞われたら、私は「みなさん、さようなら。おたっしゃで〜〜」ということになるだろうが、実に興味深いところである。

いずれにせよ、臨戦態勢にした方が良さそうである。備えあれば憂いなし。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-12-20 18:17 | コンスピラシー

<< ジョークでアセンション!?:新... ジョーク:外人「日本のデパ地下... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE