「バラエティがいじめ助長」:まったくその通り!それが事実だヨ!

みなさん、こんにちは。

いやはや、これはひどい。というのは、やはり「お笑い芸人」という「いじめ芸」で飯食っている連中の頭はひどい。朝鮮芸、在日朝鮮芸。吉本芸といわれるゆえんですナ。

「バラエティがいじめ助長」に水道橋博士が反論

 学校や職場での“いじめ”が取り沙汰されるようになって久しい。今年夏に滋賀県・大津市で起きた中学二年生のいじめ自殺によって、この問題が再度クローズアップされたのは多くの人にとって記憶に新しいところだろう。
 ところで、メディアで「いじめ」が取り上げられる時に必ずと言っていいほど出てくるのが、「人をいじめて、それを嘲笑するようなバラエティ番組がいじめを助長している」という論調で語られる“お笑い芸人叩き”だ。
 こういった意見が的を射ているかどうかはさておき、バラエティ番組に出演している当のお笑い芸人たちにほとんど反論の場が与えられていないのは、いささか不公平なのではないかと思える。
 浅草キッド・水道橋博士は著書『藝人春秋』(文藝春秋/刊)のなかで、この問題に真っ向から切り込んでおり、それは上記のような意見に対する芸人側からの反論だと読み取れる。

 お笑いは、本来、社会に剥き出しに表出している“悪意”や“差別”を大人のように見て見ぬふりをせず、あえて炙り出し、目の前で再現するもの“(本書257~258ページより引用)

 つまり、“悪意”や“差別”といった、古くからメディアによって、その存在すら隠されてきたものを暴き、一種の風刺として演じることこそがお笑いなのであって、「バラエティでの芸人がいじめを助長する」というのは彼らの芸の表面しか見ていないことになる。
 これは、同氏の師匠であるビートたけしの「最近のお笑いはいじめギャグばかりで、子供が真似するからよくないっていうけど、お笑いは昔から予定調和のいじめギャグで笑わせてきたんでさ。そういう言い方ならオイラなんか全部いじめギャグで食ってきたんでね。」(本文より引用)という意見と根を同じくするのではないか。

 しかし、こういった風刺は、テレビの中での“お笑い”のヒエラルキーが低かった昔の話であり、“お笑い”が単なるサブカルチャーの一種からメインカルチャーの位置に登りつめた今、その影響力を考えると彼らのお笑いへの哲学を素通しすることはできないのも事実。
 博士は本書のなかで「たけしさんがやったことは逆説なんだってことに気づかないといけない」とする太田光(爆笑問題)の意見を引用し「バラエティ番組はいじめを助長するのか」という議論とともに、芸人たちはお笑いのあり方を考える時期に来ていることを示唆している。

 本書は、古舘伊知郎(フリーアナウンサー)、堀江貴文(実業家)、甲本ヒロト(ミュージシャン)ら、水道橋博士が長い芸歴のなかで出会った人々の人物伝。

華やかな一面だけでなく、ふと垣間見える彼らの陰の部分にまで切り込んだ同氏の話術や、それを見事に表現する筆力は、読む者を大いに笑わせ、泣かせ、最後には感動させずにはいられないはずだ。
(新刊JP編集部)

世界中どこを見ても、ユダヤジョーク(正確には偽ユダヤジョーク)や在日いじめ芸のない国というのは、いじめが極端に少ないか、まったくない、というのが現実である。

アメリカインディアンも白人が入って来るまでそういう問題はまったくなかった。

本国の英国でいじめを受け、迫害を受けて来た、ピューリタンがアメリカに入植した途端に、アメリカインディアンたちが差別、虐殺、いじめを受け始め、インディアン社会にもまたそういう風潮が入り込んだのである。

我が国でもそうで、朝鮮半島で互いにいじめあい、殺し合ってきた朝鮮民族の一部が入って来るようになって、日本社会でもいじめや残虐行為が蔓延って来たようである。

どの国にもちょっとしたからかいのようなものはあっただろうが、陰湿ないじめ、大津市で起こった2件の弱いものいじめの残虐行為のようなものは、人種問題を除いては理解不能である。基本的に、大陸の人種は残虐である。

だから、日本もそろそろ自衛のために正当防衛のためには、銃刀法を改正する時期にきているヨ、というのが、私個人の考え方である。これは現実のどこの国でもそうだし、宇宙を飛び回っているエイリアンたちの社会でもそうである。

いずれにせよ、吉本芸の人たちは、アメリカのユダヤ人芸人たちと同じで、その母体と成る社会を混乱の最中に持ち込むのがお役目だという、NWOシオニストの信じる「ユダヤ議定書」や「世界人間牧場化計画」と呼ばれるものの一翼を立派に担っているのである。

彼ら悪魔主義者たちが信じる「悪は善」をさながらに実証しているわけである。

人前で他人をののしり、ぶん殴ることを「芸」だと「無芸を芸」、「犯罪を芸術」と自称しているからである。

かつて、マクドナルドやケンタッキーフライドチキンなど、いわゆるファーストフード店のなかった社会では、肥満は非常にめずらしいものだった。それが、そういう文化が伝播した途端に、その社会は「肥満社会」に変貌を遂げて行った。

これがアメリカだけならそうではないという可能性もあるが、わざわざ統計をとるまでもなく、ファーストフード店の進出と普及とほぼ時を同じくして肥満社会に変わって行った様を見れば、それが本当に因果関係のある直接の原因であるということになるだろう。

アメリカの次は日本、欧州、東南アジア、韓国、中国など、マクドナルドの普及流行とともに、肥満が全世界に拡散したのはまぎれもない事実である。

これもまた、「300人委員会」による「世界人間牧場化計画」呼ばれたものの中にある計画の1つである。人類を肥満にして早死にさせ、人口を激減させるための計画だという話である。彼らの目標は「人生50年」。人が50歳くらいになればぽっくり死ぬ、そういう人種に進化適応させたいということらしいナ。

これと同じで、「いじめ芸が蔓延るところ、いじめが絶えない」。これは事実であろう。なぜならそもそもいじめが起こらないところでは、いじめという概念自体が存在しないのだから、いじめが芸に吸い上げられることがあり得ないからである。そして逆にいじめのある場所ではそれを面白いと思っていじめ芸にする「馬鹿者」が現われるから、それを芸だと錯覚するもっと馬鹿が現われる。そしてそれを真似て実践するもっと馬鹿が現われる。ここに無限サイクルが生まれる。

これを吉本芸人たちは、「いじめが絶えないから、吉本いじめ芸が流行る」と逆に本末転倒に解釈したということのようですナ。

大阪でいじめが深刻なのはこれが原因である。もっとも大阪ではヤクザ芸(やくざを真似する芸)やひったり芸(ひったくり犯罪を真似る芸)というような、犯罪芸も後を絶たない。これを「犯罪は文化だ」と在日は考えるというわけですナ。本当に困ったやつらだ。

仮にいじめ芸が芸足り得るのは、そのいじめられる側が社会の一般人や弱者ではなく、犯罪者であったり、社会の権威と称される権力者であるというような場合である。これがチャーリー・チャップリンの喜劇の神髄である。

浮浪者がとあることで大富豪と入れ替わるとか、社会の弱者が何かの場面で逆に社会の権力をたしなめる、いじめる。ここに芸としてのウィット(wit)が入って来る。普通ではまったくあり得ない状況がそこにあるからである。だからだれもがこころから笑うことができる。だが、相手が自分より弱者を上から目線でいじめるのであれば、これはいじめ芸以外の何ものでもないのは明らかだろう。

私個人は、かねてから思っていることだが、「仕事だ(芸だ、映画だ、作品だ)」というたいそうな持ってぶった言い方であろうが、「やっていることが犯罪なら即刻逮捕すべきだ」と考える。「ヤクザ映画だからヤクザ行為が行われたのであれば、それもまた犯罪だ」と見なすべきだと考える。なぜなら、そうしないと、作品だ、仕事ですから、といって、実際にレイプしたり、殴ったり、怪我をさせたりというようなことがまかり通るからである。町中で犯罪行為を行ったとしても、これは仕事ですからといいわけすればそれでその犯罪が見逃されてしまうからである。

我々一般人の場合には、母親が娘をしつけのために、あるいは、かっとなり殴ったとしても家庭内暴力として逮捕されている人たちも出ているほどである。日本人であれば、自分の子供をぶん殴れは逮捕されるが、朝鮮人は日本人を凌辱しようが、映画ですからと言えば、見逃されるというのでは、お粗末である。これがないから、犯罪もののAVがなくならず、悪の資金源の温床になるばかりだということなのである。

吉本のいじめ芸もいじめ芸人もまったくこれと同じことである。例外は認めない。弱いものいじめ芸は則逮捕。これが自然なことだろうヨ。

ナマポの吉本芸人はちっとも「アセンション」しませんナア〜〜? なぜ〜〜?

謎である。連中が崇拝する関に分析してもらえ。


おまけ:
ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012冬(その5)より
全米が涙した武士道精神 麒麟 川島

1932年、80年前の話である。アメリカ、ロサンゼルスでオリンピックが行われた。

そのロサンゼルスオリンピックに馬術で出場した城戸俊三という選手がいた。馬術は今とルールが全く異なっていた。競技はレース形式で行われ、山や谷、障害物を置いた22マイル(35km)の距離を走り、先着順に順位が決まるというものであった。

※愛馬 久軍号と城戸俊三少佐。
e0171614_10591611.jpg

※:城戸俊三氏。陸軍騎兵隊の少佐であった。
e0171614_10591157.jpg

この時、城戸が連れて行った愛馬は久軍号。19歳の馬である。馬の年を人間に換算するには5~6倍する。久軍は人間でいえば100歳近い高齢であった。当時は空輸もできないので船で太平洋を渡り、ロスアンゼルスに行った。

レースが始まり下馬評では、アメリカに到着しただけでも奇跡だと言って笑われていた。しかし、スタートしたら久軍は後続を引き離してぶっちぎりの1位であった。途中で失速することもなく、最後の障害を残すのみとなった城戸と久軍。

ところが、ここで久軍の体力が限界を迎える。全身から汗を吹きだし、息も絶え絶えになってしまった。もう気力だけで走っている状態になった。ゴール間近で観客は大声援を送っているが、城戸だけは久軍の状態を把握していた。

最後の障害をジャンプしたらゴール後に久軍が死んでしまうだろうことが城戸にはわかった。日本代表として国家を背負って出場している責任と、愛馬のどちらをとるか城戸は迷ったが、次の瞬間、馬から降りた。

疑問に思う審査員と観客。久軍は横に立った城戸に頭をうずめて何度もお辞儀をし、謝っているように見えた。その光景を見て、観客は馬を守るために城戸がリタイアした情況を理解した。棄権なので、城戸はメダルをもらうことなく日本に帰国した。

その2年後、1934年にアメリカ人道協会がロスアンゼルス郊外のリバーサイド郡にあるルビドー山の友情の橋付近に、城戸を讃える記念碑を建立した。

そこには「情けは武士の道」と日本語の縦書きで書かれている。

※リバーサイド郡ルビドー山の友情の橋に取り付けられた記念プレート。
e0171614_110844.jpg

※プレートの位置。引用元:Frickr 付近の写真5枚あり。
e0171614_1102037.jpg

リバーサイド郡ルビドー山の友情の橋の遠景。美しい風景です。別カット。
e0171614_1103293.jpg

この後、太平洋戦争が勃発するがアメリカにとって敵国である日本を讃える石碑が撤去されそうになったが、城戸と久軍には罪は無いということで、アメリカ人道協会は撤去を行わなかった。

情けによって建てられた石碑が、情けによって守られたのである。

この石碑は今も残っている。

信じるか信じないかはあなた次第です。

世界の人々の心を捉えた愛馬物語 城戸俊三選手 JOCサイト内にある記事。
城戸俊三と久軍号 北海道大学馬術部の記事。プレートの書き起こし、翻訳あり。
Today in Riverside 今日のリバーサイド。英語。友情の橋の記事あり。

吉本でもできるじゃね〜〜か! いじめ芸よりはこういうことをやれヨ。
[PR]

  by KiKidoblog | 2012-12-29 10:33 | マスゴミ

<< グリフィンさんの「集団主義の陰... 日本人はアセンションした!?:... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE