HAARPに地震波か?研究用91:久々に250nTの地震電磁波

みなさん、こんにちは。

この年末年始の間、太陽は極めて安定であった。より正確に言えば、太陽は相変わらずであったが、地球方向へのCMEもなく、かなり我が地球は静かであった。したがって、太陽風はほとんど平穏なのであった。しかしながら、最近、MクラスのCME放出があり、太陽風が活発となった。その一部が地球にも到達した。そのせいで地球の電磁場も地殻も多少加熱されたようである。

そのせいで、今日久々に250nTの地震電磁波が出たようである。カナダモニターではおそらく北米に近い場所のものであると思うが、アラスカのものでは、アジア日本方面のもののようにも見える。一見すると、それほどこの第一波の地震電磁波は強烈ではないから、それほどの地震ではなさそうだが、注意するにこしたことはないだろう。


【注】私が最近ここで強調しているのは、太陽風による(特にCME放出時の)地球内部の加熱による地震の誘発という現象である。ここ数年の観察からも、明らかに太陽からの電磁波の到来と地球の地震活動との間には相関関係があるように見えるということである。しかしながら、よく知られているように、現在の地震学者たちは地震は太陽活動とは無関係だと信じているというレベルである。まして、我々人間が強烈な電磁波を照射することによって地震が誘発できるという可能性などまったく知らないのである。この2点を観察することが最近の私の個人的目的なのである。

宇宙天気ニュース
2013/ 1/14 09:12 太陽風の速度が500km/秒に上がっています。M1.7の中規模フレアが発生しました。
2013/ 1/15 09:32 500km/秒の高速太陽風が続いています。Cクラスのフレアが続いています。
2013/ 1/16 13:06 太陽のフレア活動は弱くなっている様です。太陽風の速度は400km/秒に下がっています。
2013/ 1/17 13:16 太陽風の磁場強度が少し強まっています。ムルマンスクのオーロラをどうぞ。
2013/ 1/18 11:54 更新
太陽風磁場が南向きに強まり、磁気圏の活動が強まっています。
e0171614_12485682.png


アラスカのHAARPモニター群
e0171614_7373534.jpg

e0171614_7374410.jpg

Magnetometer Chain
青の垂直成分が大きく、赤黒の水平成分が小さいのが、地震電波の特徴。通常は、5つの地点で観測された強度(特に青色の垂直成分)がほぼ同一場合はアラスカモニター群にほぼ垂直の方向から来た地震電磁波と見ることができる。すなわち、アジア日本を通る大円方向ということになる。
e0171614_1252415.png
e0171614_12523858.png


Induction Magnetometer
一番下の周波数ゼロの近く(水平軸上)にある「白く明るい」部分(0ヘルツ近傍)が地震電波の特徴。まあ、白色に近い部分。一方、深夜に垂直に立ち上がった、幅広くピンクから真っ赤に近い色の帯状の部分はオーロラ活動によるものである。これは特にBz成分に顕著。
e0171614_1253149.gif

e0171614_1253347.gif

e0171614_1253689.gif

1月17日UT16時〜20時付近のものが、250nTの地震電磁波のものと考えられる。

Spectrum Monitor Waterfall Chart
この滝チャートは、電離層の構造をMHz域の電磁波反射で調べているものだが、何層かの色のバンドに分かれているのが正常状態である。等間隔に色のついたバンドが並んでいる時間帯は、人工的な電磁波がどこかから電離層に向けて放射されていることを示している。
e0171614_1255788.gif

このチャートの一番下にオレンジ色の帯の部分がある。これは何に対応するかこれまで私はまったく分からなかった。ここ最近の観察では、これはどうやら人工的な電磁波の照射に対応しているようである。年末年始の太陽活動は穏やかであったが、このオレンジ帯はずっと照射されていたようである。

VHF Riometer
(これでは、太陽活動の概日周期からどれだけ外れた異常活動があるかが分かる。)
e0171614_12571942.png

Electron density
(電離層の電子密度がわかる。)
e0171614_12573177.png

Digisonde
(電離層の電子密度がわかる。)
e0171614_12573846.png


一方、カナダの地磁気モニター群
e0171614_23355326.jpg

には以下のような波形が出ている。
Geomagnetism: Summary Plot from Canadian Magnetic Observatories
e0171614_125864.png

ここに出ている1月17日UT16~20時前後のゆらぎが、150nTの地震電磁波(アラスカのものでは250nT)である。それほど強烈ではない。位置関係からするとどうやらアジア方面のものである可能性が高い。また、これらが地震電磁波かどうかはアラスカHAARPモニターのゼロ周波数があるかないかでチェックするのである。アラスカのものと見比べれば、カナダのもので焦げ茶色の部分がアラスカの白い山の部分に見事に対応していることが分かるだろう。ちなみに日本時間はUTより9時間進んでいる。

参考:
アキラの地震予報
日本国内で個人的に磁力計を用いて地震予報を行っている。非常に予測率の高い優れた研究のようである。さて、ここからは次のような警告が出ている。
父島圏内にM4.5~M6.8の地震発生合図が継続沢山出ています。
小笠原諸島中心として、南太平洋・マリアナ・ニューギニア・台湾・フィリッピン・
本土近辺地方・サハリン・千島列島地方では、一週間程地震発生に要注意です。
特に、父島近辺、マリアナ諸島・伊豆諸島・日本海溝近辺・内陸直下の可能性が高いです。
但し、観測値が、メンテナンスや作業トラブルでないことが条件です。
(01/16 14:01発信)

備えあれば憂いなし。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-01-18 13:03 | HAARPモニター観察

<< 「火星のシャドー・プロジェクト... ボーイング787の影に「デスブ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE