ウジテレビの「雛人形落とし」テレビの信用をさらに落とす!?:放送法改正しろ!

http://www.news-us.jp/article/338966983.html
e0171614_15385273.png



この謝罪、
全く誠意が感じられません。


みなさん、こんにちは。

いやはや、これまた”痛〜〜い”ニュース。通称「ウジテレビ」と呼ばれる、「フジテレビ」のタモリの番組で、ひな祭りのひな壇を、縁日の祭りの射撃のようにして「遊ぶ」という、戦前では「不敬罪」にあたることを行なっていた。そして、視聴者からの多数のクレームにより、謝罪させられたというものである。

日本の伝統的祭りを「血祭り」に変えた。これもまた在日電通マスゴミ主導による「歴史捏造キャンペーン」の1つである。

これまで、こういうことが本当に行われていますよ、というようなことをここにも、以前の拙ブログなどでもメモしたが、ちょっと前まではだれもそんなことは信じなかった。むしろ、妄想やら、キチガイやら、ネトウヨなどと言われたものである。しかし、今ではごくごく普通の人にすら、こうして「おかしいぞ、それ」と言われるような形にまであからさまになってきたということである。

勝浦のひな祭り
e0171614_15481280.jpg
で検索すればわかるだろうが、これが日本の最大級のひな祭りの姿である。

これは、少女が成人になり不必要になったひな壇や雛人形、新しく買い換えたために捨てるにはもったいない雛人形を集めておいて、一年に一回こうして巨大なひな壇を作って祀るという行事である。

なぜならもともとひな祭りは天皇家(宮中)を祀っているからである。
雛人形
「雛人形」は、宮中の殿上人の装束(平安装束)を模している。「女雛」の髪型は主に「大垂髪(おすべらかし)」と「古典下げ髪(こてんさげがみ)」がある。「大垂髪」は、平安時代からの垂れ髪形式が鎌倉・室町を経て、江戸時代後期に完成された比較的新しい髪型で、ビン(前髪部分)を大きく張った髪型である。「古典下げ髪」は、割り毛とも呼ばれ、平安時代では長く黒い髪が美人の条件とされていたため、髪を全て後ろへ流し、わずかに垂らした両頬の毛を切りそろえた髪型で、顔を髪の毛で三方から包むことで面長に見せ、肌色の白さを強調し、より美しく見せるためとされる。「古典下げ髪」は、「大垂髪」よりも結髪の技法が難しく、結髪師の技量が問われるため現在は希少となっている。

ところが、タモリとウジテレビはそれを段から「叩き落とす」ための「ターゲット」として捉えたのである。「笑っていいとも」だから「笑いもの」にするのがその目的だったことは明らかである。

フジテレビは、反日の花王、キム・ヨナマンセー、ソフトバンクマンセー、反日、反浅田真央で有名になったが、これまたその正体を如実に悪意を持って現してきたことはない。

ちなみに、その番組制作者は、この人。
宮道治朗
e0171614_16213665.jpg
e0171614_1622636.jpg
(私が、東日本被災者や放射能の危機にある関東や福島や東北の人たちのために、どこからも金ももらわずに、しかも自分の研究テーマを変えてまでして、日夜日々、ファラデー、マックスウェル、テスラの19世紀から20世紀、そして現代までの物理学を総ざらいして、放射能除去のできる革新的手法やら、原子炉に代わる最新技術やらを研究分析しているというのに、なんなんだ、お前は!こんなくだらん番組作って、年収何千万ももらっているとは。ええ? 宮道治朗さんヨ! まあ、もっとも東京の人や福島の人が放射能でどんどん死んでいっても俺にはどうでもいいんだがナ!俺も暇人だよナ。)

ところで、いわゆる「陰謀暴露論」の有名なテーマの1つに、工作組織は、新聞の人探し、職探し欄、テレビのCM、ラジオの電話相談、テレビ番組、こうしたものを使って通信を行う、こういったものを通じて「指令を出す」というものがある。これは現実に非常にしばしば行われてきたらしい。スパイ映画の単なるお話ではない。

だから、一見「ひな壇倒し」という悪ふざけのゲームだと見過ごすことはできないのである。この一見「ふざけた番組」によって、急に洗脳のスイッチが入り、突然に街で人殺しする輩が出ないとも限らないからである。

そろそろ放送法を改正して、「反日行為防止法」を制定し、どんな形であれ「反日行為」に対しては逮捕収監、放送禁止、営業禁止をできるように法改正すべき時が来ているのは明らかである。

また、私が何度かここにメモしたように、「銃刀法」も改正して、まともな成人(免許制)の所持解禁を行うべきである。いきなりバットや刀で切りつけてくる不遜な犯罪者は、税金使ってわざわざ裁判などする必要はなく、即座にその場で「正当防衛」で射殺できるように法改正すべきである。

アルジェリアの日本人大虐殺、グアムの日本人大虐殺、エジプトの気球燃焼事件、都内の女性殺害事件などみてもわかるように、不遜な外人は無数に忍び込んできている。警察はほんの数十万人しかいないが、在住外人は数百万人はいる。これでは、対処できるはずがない。結局は、自衛するほかはないわけである。しかし、犯罪者はそれが仕事なのだから、言ってみれば、そのプロなのであるから、普通の人が素手では勝てるはずがない。だから、やはり銃所持は必要なのである。

ちなみに、中国や韓国などから来る連中は大半がサバイバルナイフを隠し持って来ているという噂である。日本人はそういうものは買えなくなってきているから、これでは日本人は自衛できるはずがないのである。

複数の集団に狙われた場合、家族や女子供を守るためには、男が守らなければならないが、素手では勝ち目はない。やはり、昔の武士が帯刀したように、銃所持は必要なのである。まあ、自動車免許のように、銃所持免許制度にしてしかるべき時間訓練を受けた人間だけが銃を所持できるようにする以外に日本人が生き延びられるはずはないだろうヨ。

いずれもうすぐ中国や韓国や北朝鮮がイルミナティーの計画通りに攻め込むらしいからナ。こっちの方が地震より怖い。まあ、これもまた、アルジェリアやグアムの虐殺事件のように、相当の犠牲者がでないとわからないのだろう。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-03-02 16:16 | マスゴミ

<< 韓国の歴史歪曲は、なんと、自国... 「タイム・イズ・マネー」:人類... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE