いつも何度でも(夢を描こう):東北関東大震災被災者へのレクイエム2

e0171614_232270.jpg

おやじが次々死んでいく怖すぎる現実
おやじが次々死んでいく怖すぎる現実 (ずくなしの冷や水)

福島第一原発事故後1年を経過したころから女性の突然死、20代、30代、40代の方の突然死も報じられ始めた。幼児、中学生、高校生、大人、老人と、もう無差別だ。放射能との関連など確認できない情報も多いが、これらの急死の事例を見ると、内部被曝、外部被曝どっちも要因になるようだ。最近は脳腫瘍の症例も。とてつもなく怖い。亡くなられた方のご冥福をお祈りしたい。


みなさん、こんにちは。

いやはや、私個人は予想していたこととはいえ、さすがに気の毒としか言いようが無い。すでにたくさんの男性を中心に若い人々がこの世を去った。震災ストレスもあるかも知れないが、放射性物質の有害物質の吸引蓄積によるものがほとんどだろう。私自身今回2月中旬に山梨への行き帰りに西新宿を通過しただけでも、ここに帰宅後2週間ほどは調子悪かった。相当に免疫システムが一時的にやられたからにちがいない。心臓に変な感じがなかなか取れなかったのである。震災後初めて関東を訪れた私には放射性物質や放射能に対するまったく免疫がなく、すぐに兆候がでたわけだ。が、生物というものは驚くべき耐性を持っているから、震災以来ずっと住んでいた人々はそれなりに徐々に耐性ができているに違いないが、さすがにセシウム、ストロンチウム、プルトニウムなどなど、は体に悪い。たとえ放射性物質でなかったとしても有害な重金属だからである。キレート剤による金属の除去以外にはないに違いない。それゆえ、いくら耐性ができた人といえども、ある時期になれば、弊害が出てくるはずである。

さて、そんな状況だから、震災直後に亡くなった松田選手もやはり同じようなことが原因だった可能性が高いだろう。そんなわけだから、自分が死ぬなどと一度も考えたこともなかったに違いないのにお亡くなりになられた人々も多いのではないだろうか。お亡くなりになられた方々のためのご冥福を祈り、もう一度レクイエムを送りたい。

いつも何度でも(夢を描こう):東北関東大震災被災者へのレクイエム
私は「千と千尋の神隠し」というのは、少女を主人公にした子供用のアニメであまりよく理解できなかった。だから、主題歌の「いつも何度でも」という曲もとりたてて、気にして聞くこともなかった。しかし、先日の「チェルノブイリの声」のナターシャ・グジーさんの歌を聴き、よくよくその歌詞を読んでみると、チェルノブイリの人々はもとより、むしろもっともっと東北関東大震災でなくなられた方々のことをそのまま描いているように見えてならない。まるで、この大震災の被災者や亡くなられた方々のためを思って作ったとしか思えないようなところがある。被災者の生き残った方々から見れば、亡くなられた親族や友人や近所の人々は、まさに「神隠しにあった」としか思えない出来事であろう。理屈で理解できるというものではない。だれが生き残り、だれが死ぬのか、それは誰にも分からなかったはずだからである。

この曲こそ、今回の大震災で亡くなられた方々への追悼文としてふさわしいものは無いと私は感じるのである。これを今回またここにメモしておこう。歌詞は以下のものである。(この際、法的なことはどうでもいいだろう。お許しを)

アニメーション映画「千と千尋の神隠し」~主題歌 いつも何度でも


いつも何度でも

作詩:覚和歌子 作曲:木村弓

呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも心躍る 夢を見たい

かなしみは 数えきれないけれど
その向こうできっと あなたに会える

繰り返すあやまちの そのたび ひとは
ただ青い空の 青さを知る
果てしなく 道は続いて見えるけれど
この両手は 光を抱ける

さよならのときの 静かな胸
ゼロになるからだが 耳をすませる

生きている不思議 死んでいく不思議
花も風も街も みんなおなじ

ララランランラランラーーーランランララン

ララララランランララランラララランラララララ

ホホホホホホホホルンルンルンルフフフフフ

ルルルルルンルルルーンルルルー

呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも何度でも 夢を描こう

かなしみの数を 言い尽くすより
同じくちびるで そっとううたおう

閉じていく思い出の そのなかにいつも
忘れたくない  ささやきを聞く
こなごなに砕かれた 鏡の上にも
新しい景色が 映される

はじまりの朝の 静かな窓
ゼロになるからだ 充たされてゆけ

海の彼方には もう探さない
輝くものは いつもここに
わたしのなかに 見つけられたから

ララランランラランラーーーランランララン

ララララランランララランラララランラララララ

ホホホホホホホホルンルンルンルフフフフフ

ルルルルルンルルルーンルルルー


ウクライナ美女が"千と千尋~"主題歌を熱唱 Nataliya Gudziy sings "Spirited Away"


ご冥福をお祈りします。

[PR]

  by KiKidoblog | 2013-03-05 19:16 | 被災者救済

<< 「ブーメラン国会」:すべての質... 何じゃ〜、こりあ!:ここまでク... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE