ただより怖いものはない:売っては儲け、打っては儲け、作っては儲け。。。!?

ワクチンにノー!ノーワクチン!
e0171614_1323534.jpg

みなさん、こんにちは。

いやはや、これまた”痛〜〜い”ニュースが出てきたようだ。以下のものである。
子宮頸がんワクチン重い副反応 中学生、長期通学不能に

【斎藤智子】子宮頸(けい)がんワクチン「サーバリックス」を接種した東京都杉並区の女子中学生(14)が、歩行障害などの重い症状が出て、1年3カ月にわたり通学できない状況だったことが、7日の区議会で明らかになった。無料接種を行った区は「接種の副反応」と認め、補償する方針だ。補償額は未定。

 サーバリックスは3回の接種が必要。母親によると、女子中学生は12歳だった2011年10月に区内の医療機関で2回目の接種をした。その直後、接種した左腕がしびれ、腫れて痛む症状が出た。症状は脚や背中にも広がり入院。今年1月には通学できる状態になったが、割り算ができないなどの症状が残っているという。

 接種した区内の医療機関は「サーバリックスの副反応」と診断し保健所に報告した。厚生労働省によると、昨年8月末の時点で、全国で接種した延べ663万5千人のうち956人に副反応が起きているという。失神が多いが「四肢の運動能力低下」「歩行不能」などで未回復の例もあり、副反応の発生率はインフルエンザワクチンの10倍程度という。

ワクチンの弊害については、為清さんやらデービッド・アイクやら、私もここでさんざん警鐘を鳴らしてきたが、ワクチンは「百害あって一利なし」のほとんどゴミクズのようなシロモノである。今のワクチンと比べれば、中国の大気汚染などまだ可愛らしいレベルである。

詳しくはこれ。
ワクチンコンスピラシー
インフルコンスピラシー
この中ではこれがおすすめ。
米国の医師・学者83名が署名した「ワクチンのすべて」日本語版リリース:為清氏の快挙!


それにしてもひどい。というより、福島の人たちもそうだったが、あまりに無知がひどい。無知は罪だ。自分の責任、すなわち自己責任の第一箇条なのである。だから、かのソクラテスも言ったのである。「自分の無知を知れ」と。

いやはや、すでにのべ「663万5千人」もの女子がこの「アジュバント不妊ワクチン」を打ってしまったというのだ。もはや日本人は終了ですナ(天皇家の目論見大成功)。20年後には子供を買う他はない。いまのうちに健康な女子は卵子を保存しておけば、将来ビッグビジネスになるだろう。

とまあ、これは悪い冗談だが、本当でもある。もともとワクチンビジネスを流行らせたのは、かのビル・ゲイツと夫人のメリンダ・ゲイツである。彼らに代表されるような欧米の富豪たち、今で言うところのイルミナティーNWOの連中、別名偽ユダヤ人たちが、彼らの言う「豚=ゴイム=異教徒=異人種」を絶滅することが目的だったからである。

そしてこの日本でそれを行ってきたのが、ワクチン協会であり、大半が在日朝鮮人である。よくワクチンを嬉しそうに打っている医師の顔
日本の「ワクチンビジネス」の首謀者たち:無知のなせる技か?

子宮頸がんワクチン、初の集団接種始まる 栃木・大田原
e0171614_2231994.jpg

受診率いまだ23% 「面倒」検診敬遠
e0171614_22393033.jpg
を見れば分かるはずである。実際にそうである。

要するに、日本人を絶滅したいがために、ワクチンを売っては儲け(もちろん、この場合は国に売れば税金が自動的に回収できる)、打っては儲け、病人を作っては儲け、またそのための薬で儲け、何から何まで儲けるという、驚くべき構造ができているのである。

このワクチンビジネス界の構造と比べれば、売春組織などまだ可愛らしいものである。せいぜい売春とエイズと薬くらいのものだ。いやはや、やはり売春もひどいものだナ。

いまではインフルワクチンも三種混合、四種混合、子宮頸がんワクチンも似たようなもの。なぜなら、子宮頸がんのウィルスであう、人パピローマ・ウィルスというのは、数十種類あるからである。

簡単にいえば、ワクチン接種というものは、自分の恐怖を和らぐために、効きもしない毒をシコタマ体に注入しているのである。これなら俺のペニスを仕込むほうがまだましだ。それくらいにひどいものなのである。

いちいち同じ事は繰り返す隙がないが、要するに、ワクチンの種細胞は、いまでは鶏ではなく、猿。最初はアカゲザル、今はミドリザル。そしてついに今では昆虫だよ。

あなたは何の昆虫か知っているかい?

解雇、じゃなかった。カイコ、蚕だよ。
e0171614_1522332.jpg

蚕の細胞を使ってこれからのワクチンはできるのだ。

最初は鶏を使ったために、卵アレルギーというものが誕生した。ゼラチンやタンパク質が仕込まれたために、乳製品アレルギーが誕生した。そして、ついに昆虫だ。きっと将来ダニアレルギーのひどいやつや、昆虫アレルギーが出てくるだろう。

子供がカブトやクワガタを触ったらアウト。アナフィラキシーショックで泡吹いて死ぬ。こんな時代がすぐに来るかもしれない(一応、かも知れない、ということにしておこう。しかし、きっと来る。)

生物学者も医者も金稼いで、女を作ってその穴に自分のペニスを埋め込むことしか考えていない。そんな連中のやることがワクチンだよ。まともに考え、思考している学者や医者なら、ワクチンなどそう簡単には使わない。ましてや、昆虫の細胞からミドリザルの細胞など使わない。

なぜか?

なぜなら、今の科学技術があれば、自分の細胞から作れるからだヨ。自分の細胞を培養してもらい、それを使ってワクチンを作ればいいのだ。そうすれば、せいぜい自分の持っている感染ウィルスを自分に入れるだけだから、他人様の迷惑にはならない。

ところが、かつてのアカゲザルはSV40というウィルスを持っていた。
アメリカ人は生物兵器になったのか?:アメリカ人とセックスすると癌になる?
これが人間に入ってガンを引き起こしたのだ。これがポリオワクチンの罪であった。同様に、ミドリザルにはミドリザル特有の無数の感染ウィルスがいるらしいが、ワクチン製造会社やら医者はそんなことは調べもしない。調べた科学者は出世が途絶える。
ワクチンは無数のウィルスやマイコプラズマやDNA・RNA断片で汚染されている!


いずれにせよ、馬鹿な親、アホな親の子供は早死する。そういう時代に突入しているんですナ。日本人の人口は確実に激減しますナ。在日朝鮮人より減るんじゃないか。前原やら岡田や菅直人はあっちこっちに作っているらしいからネ。

お亡くなりになった方々のご冥福を祈ります。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-03-08 17:11 | ワクチンコンスピラシー

<< 「チャベスは米CIAに暗殺され... 理論物理vs数理物理:この差が... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE