「チャベスは米CIAに暗殺されたのか?」:その手法をめぐって世界中で話題騒然!?2

(続き)

(い)次にその毒とは何か?

どうもかなり前から米CIAはこれを開発済みだったらしい。諜報機関のない「平和ボケ」の「おめでたい国」の日本では、こんなことはまったく知られていなかったようである。
Chromium, Cancer, and the CIA
e0171614_20483540.jpg

グーグル翻訳:
クロム、ガン、とCIA

によってベンジャミン·ロス 2011年1月6日-

論争は必ず従ってくださいIS レポートを全国の飲料水は六価クロムの痕跡で汚染されていることを2週間前に、がんの原因となる化学物質は、エリン·ブロコビッチで有名になった。 質問は、測定の精度について提起し、少量危険であるかどうかについてのより詳しいされます。 これらは真剣にそれが取られるこの材料の非常に低濃度を測定することは容易ではないですし、工業薬品の毒性は、競合の多年生の対象である持っている質問です。

しかし、物事は、彼らがこれらの議論に見えるとは限らないということです。 科学的不確実性の外観は有害物質の規制をかわすために使用することができ、お金と影響力は、人工不一致を作成するために適用されるように。 1タバコの幹部は有名な宣言として捏造 - などの長い歴史が、今ではありますが、 "疑いは私たちの製品です。"

クロム問題では、環境保護主義者は、その化学物質の毒性を最小化1997中国研究を指す。 証拠はアメリカ企業のために働いコンサルタントは、その調査結果に影響を及ぼしたことが明らかになった後、紙は、それが公開されていた雑誌によって引き込まれた。 しかし、それはクロム科学の斜めの一例にすぎなかった。 物語ははるかに遠く、バックとなり、それは歴史の中心舞台のカーテンの後ろにつながる驚異ねじれを取ります。

クロムと癌との間の接続のニュースは、1930年代に初めて登場した。 ミューチュアル·ケミカル·カンパニー、金属の最大のアメリカのプロデューサーは、心配していたが、そのボルチモアプラントマネージャー論争の回避に助言を与えた。 従業員の間で肺がんは、彼は、1938年に内密にお勧めで発生しました "何度も一般人の発生率。"

リトルは、戦争クロムが不可欠戦争材料であった第二次世界中の問題について行われた。 しかし、平和と肺がんに罹患労働者からの補償請求が来た。 会社の弁護士は、博士はアンソニー·ランツァ、アスベストの癌の危険性を隠蔽する時に忙しかった職業病の専門家になった。 クロム業界にとって、アスベストスタイルのカバーアップオプションではありませんでした、あまりにも多く、すでに公開されていた。 ランツァは、公表される結果と、会社主催の勉強をお勧めします。 業界主催の産業保健センターで長年働いていた博士はウィラードMachleは、研究をリードするために持って来られた。

Machleは、同社がすでに知っていることはもちろん、発見した。 彼はクロムの労働者は一般市民よりも25倍も高い肺がん率を持っていたことを1948年8月に報告した。 それまでに、ミューチュアルは、新しい、よりクリーンな工場を建設しましたが、クロムのメーカーはまだコントロール下に科学的知識の進歩を維持するように努めた。 彼らは一つの研究の範囲を限定することを公衆衛生局に働きかけ、国立がん研究所の別の科学者の研究をシャットダウンするには、歳出の削減の脅威を使用していました。

今でMachleはクロム絵から出ていたが、彼のキャリアは、最も意外な回転を取った。 四ヶ月彼のコンサルティング報告書の公表後、彼は中央情報局(CIA)のアシスタントディレクターとして雇われた。 彼は仕事、それがソ連が原爆を造る方法を迅速に把握することであった科学的知能の新しいOfficeを率いた。

Machleは次のように記述され公式の歴史 "陰謀と舞台裏の活動のための異なった才能、"彼はCIAで目立たせることが確かに異なるされている必要が形質を持つものとして。 彼の任期は嵐の一人だった。 ソ連はすぐに数年による予測の前に、爆弾を爆発させたが、彼はエラーの責任を偏向させることに成功しました。 彼はCIAのために新兵器システムの発明にスパイの仕事を獲得し、軍の諜報機関と戦った。

ターフの戦いは、あまりにも自分の機関内富んだ。 他者によって収集された情報の分析に限定ミッションに不満を、彼は科学的な秘密を集めた覆面捜査官の制御を取るように努めた。 この目的のために、彼はヨーロッパで広範囲に亘る旅を引き受け、の詳細は機密解除されたCIAの履歴から削除されました。 我々は彼が政府機関のスパイがアナリストを教えて不本意だった秘密を明らかにするサブ·ローザの試みを企画していること、しかし、言われています。 これらの演習は、すぐに彼自身の組織の他の部分へのスパイ行為で告発、Machleが即決1950年2月に解雇され、検出された。

米中央情報局(CIA)は、しばしば公平に事実を判断し、その代わりに、彼らが聞きたい、その政治の主人に告げるの本来の使命から逸脱と非難されている。 しかし、クロムの原子からスパイへMachleの突然のスイッチが、その本来の使命約1不思議になります。 なぜ産業医学の男が核スパイを任されたのですか? なぜこの重要な事実調査の仕事は不快な真実の発見を回避する上で専門家に割り当てられていた? そして、そのことについては、CIAの接続は有毒化学物質についての私達に何がわかるのでしょうか? しばしばクロム研究のパイオニアとして挙げ、Machleは冷静な科学者よりも、はるかに少ないことが判明した、とはるかに。

ウィラードMachleは、1976年に死亡した。 彼の話は最後の文学的なタッチで終了します。 Machleの死亡記事は、米中央情報局(CIA)についての言葉ではないと言う蘭との栽培に専念して男を描いている。

ベンジャミン·ロスの著者である私たちの化学的に変更された環境の形成-汚染者 (オックスフォード大学出版局、2010)。 彼はワシントンでの環境コンサルタントであり、クロムの製造現場のクリーン以上の訴訟でのコミュニティ·グループのための専門家となっています。
この元CIA工作員によれば、CIAは「六価クロム」を使っていたということらしい。これを使うと癌になる。

ところで、この六価クロムという物質は、その昔我が家でも宝石研磨剤として使っていたものである。ところ狭しと、これがセメント剤の袋のようにして置かれていたものである。これは緑色の粉で、それを水と一緒にして宝石研磨したのである。今で言えば、恐ろしい話だが、甲府の宝石製作所ではそんなことをやっていたのである。そのうち、公害問題が発生し、六価クロムの研磨剤は廃れていったのである。まあ、普通の人はまず見たことはないだろう。当時小学生だった私もこれをかなり吸ったかもしれないネ。

また
During the 1950s CIA developed cancer-causing drugs for use in political assassinations.
Check out this website I found at karws.gso.uri.edu
drugs that would produce what appeared to be 'natural' death

1952 agency memo reports on the cancer-inducing uses of beryllium: 'This is
certainly the most toxic inorganic element and it produces a peculiar fibrotic
tumor at the site of local application.

The amount necessary to produce these tumors is a few micrograms.'

The same memo talks of the possibility of developing techniques for getting beryllium into the victim's lungs by having it inhaled in small doses."

an underground medical laboratory which induced cancer into animals.
には、ベリリウムの使用とある。

というわけで、結論は、すでに米CIAや北朝鮮や英MI6やイスラエルモサドやロシアのKGBなどでは、特殊な銃やペンを使って、ジェームズ・ボンドさらながらに、毒を仕込む手法を少なくとも1950年代から使用していたようである。そして、その毒は、六価クロムやベリリウムらしいということになる。

ちくっとやられたら、ほぼご臨終ですナ。かの小渕首相も怪しかったネ。

な、警察庁よ、速やかに「銃刀法」を改正し、自動車免許制と同じように「銃所持免許制」にすべきだよ。そして「正当防衛」で不遜犯罪者をその場で射殺できるように法改正すべきだ。さもなくば、警官や自衛官ですら簡単にイチコロだよ。政治家が何人やられたことか? 
  

おまけ:
石原慎太郎が危篤状態!?風邪をこじらせ緊急入院 ⇒ 面会謝絶に…2ch「これはヤバイな」「アカン…もう棺桶に片足入っとるやろコレ」「平沼は本当に会ったの?」「デスクとの会話ですね、分かります」「次のニュース速報は…」
e0171614_1281534.jpg
この人もチャベスといっしょのお役御免なんでしょうか? 人は簡単に用済みにされてしまうのか? だれだ? そんなことをしているものは?
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-03-08 21:11 | コンスピラシー

<< なでしこジャパンの時代は終わっ... 「チャベスは米CIAに暗殺され... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE