「卒業」ソングの時代?:だれだ? あの女子自衛官は?

みなさん、こんにちは。

「卒業」

この言葉にはさまざまな意味が含まれている。学校を卒業、何かをすることからの卒業。そしていつしか人は人生すら卒業しなければならない。しかしながら、普通は、学校を卒業するという意味で使うことが一番多いだろう。多感な14,5歳の時期の卒業が一番胸にじんと来る時期なのだろう。

最近、いろいろと悪名高きNHKだが、その合唱コンクールでそうした卒業をテーマにした曲がもてはやされている。そんなものをいくつかメモしておこう。
森山直太朗 - 虹


言葉にすれば


手紙 ~拝啓 十五の君へ


いきものがかりYell

自衛官が歌う いきものがかり『YELL』

(この女子自衛官の歌が実にうまい。すっかりファンになりましたヨ。)

「証」


fight(ファイト)


この地球もいつか戦争から「卒業」する時が来るだろうか?
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-03-12 15:40 | マスゴミ

<< HAARPに地震波か?研究用9... 昔のブログから:地震予知関連2... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE