正義はゆっくり動く:戦後最大の”快挙”を行った、中山成彬議員に幸あれ!乾杯!

中山成彬先生が狙われている
e0171614_111125100.jpg

私が狙われていると検察関係から警報あり。もとより命も要らずの南州翁の生き方を実践しているが、一部のマスコミが捏造してでも私を叩くらしい。よっぽど私の歴史認識の提起が困るらしい。私に何かあったらそういうことです。
(警察庁よ、いまこそ銃刀法を改正せよ。内戦が始まるゾ。公安は是が非でも中山議員を守れ!)


みなさん、こんにちは。

いや〜〜、実に興味深い。「戦後は終わった」とここではよく書いてきたが、史実は史実、事実は事実として進まない限り、本当の進歩は得ることができない。あの大東亜戦争において、だれが本当の正義であり、だれが偽の正義であったのか、こういったことも事実に基づかなければ世界はますます混沌とした世界へと突き進む。

俗にそれを「因果応報」という。カルマともいう。ただしい事実に基いて行動しないから、従軍慰安婦にせよ、南京大虐殺にせよ、嘘に踊らされた結果、捏造された怨念が渦巻き、結局、誤った国際関係を構築してしまうというわけである。

もちろん、それを行なってきたのは、いわゆる列強国側であったわけだ。がしかし、そのもっと裏でその糸を引いていたのは、英ロスチャイルド帝国と米ロックフェラー帝国であったというわけである。

なぜ嘘の事実や嘘の史実や嘘の歴史で国々や人々を躍らせるか?

簡単にいえば、それが「分裂統治」というものである。お互いにいがみ合いを起こし、敵対し、いつもお互いに殺し逢えるような関係に持って行き、双方の意識を利用して上から統治する。

朝鮮人の中にはかなりこの手法の得意なものがいる。家庭や学校や会社に電話をかけ、その家族や職員や社員に偽情報を与え、家族や職員や社員同士に疑心暗鬼を起こさせ、仲間同士を敵対させていく。結果、家庭は不和になり、学校は崩壊、会社は効率が落ちる。そして、いやいや金を要求し、まんまと金を奪っていく。

国際社会でロスチャイルドが大英帝国の名のもとに、そして米ロックフェラーがアメリカ合衆国の名のもとに、そして欧米がNATOの名のもとにいままで行なってきた手法がまさにそんな感じのやり方や手口だったのである。残念ながら、我々はそんな手口にまんまとはまりやすい。

朝鮮半島は、「日韓併合」という欧米の言い方に従う限りにおいて、日本が韓国を併合した、すなわち、植民地化したように聞こえる。しかし実際には、今のアメリカとカナダが合併したようなものであった。いまでこそ、「北米経済協力機構」というような言い方でいうが、まさにこれこそ日本がアジアで行った「大東亜共栄圏」そのものである。一つの経済圏を作ろう。これであった。そのために、日本はアジアを列強(英米仏蘭)の植民地化から開放するために「血を流した」のであった。

中でも台湾と韓国は、いまでいう「最恵国待遇」で、模範国として、日本の当時の技術と金と人材のすべてを使って、実質上日本の一部として成長した。これが事実であった。

とまあ、だいぶ前置きが長くなってしまったが、ちょっと前までこんなことをメモすると、「あの人は相当なネトウヨだ」というような話が飛び交ったのだが、今では、中山成彬国会議員のおかげ
中山成彬議員の「歴史的快挙」:「いくら調べても朝鮮人による犯罪しかなかった」
で、そういう話、ネット上にリークされた史実や暴露情報を分析して得た情報が、大筋においてまったく正しいということが今では国会においても証拠として提出されたのである。さすがに元文科省大臣まで行った中山成彬議員である。

さて、そこでNHKの国会答弁は、NHKがどこかから(もちろん、朝鮮から)の圧力によってYouTube番組を不当削除したらしいが、それに対抗して、中山成彬氏自らがサイトを立上たというのである。今回はそれをメモしておこう。

中山成彬オフィシャルブログ
e0171614_1062794.jpg


早く自虐教育をやめさせないと

参考:
慰安婦問題捏造がバレて日本政府・韓国政府双方に大ダメージか!!!!!
「中山成彬議員の慰安婦の件は週刊誌ですら書かない。根本的にこの国の否定になるからな。

この中に例の国会答弁の時に証拠物件として提出された記事が掲載されている。以下のものである。
1.社会インフラ
e0171614_10214519.jpg

2.創氏改名
e0171614_10221674.jpg

3-A.慰安婦関連
e0171614_10222822.jpg

3-B.慰安婦関連
e0171614_10224284.jpg

4.尖閣・靖国神社
e0171614_1023216.jpg

これらは国会答弁の証拠として国会に提出された資料である。だから、永久保存版である。国会において今後永久に保管される。そういうものである。だから、NHKがその証拠をないがしろにしたという行為もまた永久に保存され記録されるのである。おそらくこの問題は、今後NHKの存続問題に発展していくことだろう。それほどまでにNHKの責任は重い。愚挙であった。民放感覚にどっぷり浸って民放感覚で処理したツケはかなり大きいだろう。

まあ、普通の言い方では言えば、韓国と中国、正確に言えば「支那(China)」と「高麗(Korea)」、これらの国々の人たちに言っておくが、日本に敵対するということは、欧米(特に大英帝国)が一番望んでいることなのだ。もちろん、そんなことは解ってやっているに違いない。しかし、それに乗れば乗るほど、国は荒廃し、民度は下がり、国家は衰退するのである。支那の人たちはいったいだれがアヘン戦争から中国を開放したか調べるべきである。高麗の人たちはいったいだれがどこの民族が近代的な小学校や中高や大学を作ったのか調べてみるべきである。

欧米か?

ノー、我が国の先祖たちだったのだヨ。支那も高麗ももう一度儒教時代に戻ってみるべきだろうヨ。

もっとも高麗人、朝鮮人の場合は遺伝的問題があるらしいから、我々はあまり関わりたくない。ロシアの将軍がいみじくも言ったように、「朝鮮とは関わるな。頭痛の種になるだけだ。」というのが正しい見解だろうと私も賛成するがナ。

いずれにせよ、戦後最大の”快挙”を行った、中山成彬議員に幸あれ! 乾杯!
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-03-17 10:31 | 従軍慰安婦・南京大虐殺捏造

<< HAARPに地震波か?研究用9... 「TPPの問題」って何?:そり... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE