NASAミステリー:長官の警告「お祈りください」とフライング・ドラゴン写真!?

みなさん、こんにちは。

さて、久々にこのブログ本来のテーマに近い話をメモしておこう。1年ちょっと前にNASAの長官がワケの分からないメッセージをNASAの職員に突然送ったということが話題になった。以下のものである。
NASA 長官から緊急警告(吹替え版) 「来たるべき事態に備えなさい」
そして昨年末に「2012年の地球最後の日」に向けて豪州のジラード首相が「地球最後の日が来ます」というメッセージを送ったことは記憶に新しい。以下のものである。

いったい全体これらは何だったのか?

さて、これにさらに呼応するかのごとく、NASA長官がまたまた似たようなことを発言中だとか。以下のものである。
4月にアメリカに巨大な小惑星が直撃する? : NASA 長官が米国議会で語った「祈りましょう」の発言の真意は何か
元記事:Large asteroid heading to Earth? Pray, says NASA
2013年2月15日に地球から17000キロメートルを通過した小惑星 DA14 の想像図。
e0171614_15355526.jpg

米国 NASA のチャールズ・ボールデン(Charles Bolden)長官は、アメリカのニューヨークに向かっているかもしれない巨大な小惑星を処理する方法について具体的な方法に言及した。

その方法は「祈って下さい」であった。

ボールデン長官は、3月19日に米国下院の科学委員会の公聴会で議員たちにそのように語った。

ロシアのチェリャビンスクで 2月15日に爆発した隕石は十数メートル程度であったと推測されているが、それでも 1,500人以上の負傷者を出す惨事となった。その同じ日には DA14 というそれよりも巨大な小惑星が地球から約 17,000キロの距離を通過していった。

そして、同じようなことは米国のすべてに地点に言え、米国のあらゆる場所が未知の小惑星の衝突コース上にあるかもしれないという可能性について、ボールデン長官は米国議会下院科学委員会の公聴会で述べた。

小惑星は空中で衝撃波を発生させ、建物を窓や建造物そのものに損傷を与える可能性がある。

ボールデン長官は公聴会で次のように述べた。

「私たちは驚くべき頻度で、地球の近辺を通過する小惑星と隣接して生きているのです。潜在的に危険をもたらす可能性のある天体が数多く存在する太陽系に住んでいます。先月のロシアでの隕石の出来事が破局的な事例とならなかったことは幸いです」。

NASAは、地球の近くに飛来する 700メートル以上の巨大な天体の約 95%の軌道を把握している。この 700メートルの大きさの小惑星というのは、仮に地球に衝突した場合は、ひとつの文明を終焉させる規模のものだ。

しかし、ボルドレン長官は「最近になり、都市ひとつを壊滅させられる規模の天体約1万個のうちの10パーセントしか私たちは知らないことがわかった」と述べた。

それらの中に、米国に脅威をもたらす小惑星があるかどうかは今はわからないと長官は語る。

しかし、その中のひとつは「3週間後に来るかもしれない。そして・・・祈りましょう」と長官は語った。

NASA は現在、地球との衝突コース上にある可能性のある天体をそらすための技術開発を検討していることも付け加えた。

いやはや、NASA長官が「隕石が激突しないように祈りを捧げてくれ」というのである。

さて、もう一つのNASAの話題もついでにメモしておこう。それは、NASAの映像に「ドラゴン=龍」が写っていたというものである。以下のものである。
スペースシャトルの撮影した地球の風景の中に写る「空を飛ぶ龍」
http://eol.jsc.nasa.gov/sseop/images/ISD/highres/STS105/STS105-703-38_3.JPG
e0171614_1540165.jpg
真ん中付近を拡大するとこれ。
e0171614_1541726.jpg

やはり空飛ぶ龍は実在したのだろうか?
ぜひ動画が欲しいところである。今後の調査を期待したい。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-03-22 15:44 | UMA

<< 「アムステルダムの光芒」:自虐... I♥ジャパン:日本の文化とそれ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE