ラジャ・サンは、少なくとも3個あった!?:1、2、3、多数。

みなさん、こんにちは。

先日、ラジャ・サンのことをメモしておいた。以下のものである。
謎の暗黒天体”ラジャ・サン”(死刑執行人)ついに現われる!???

「最新宇宙論」飛鳥昭雄のエクストリームサイエンス

この中の飛鳥昭雄の話では、ラジャ・サンはあたかも一個の天体であるかのように言っていたが、その後私が注意深く見たところ、一個ではなかった。少なくとも「3つ」、3個あった。これをメモしておこう。以下のものである。ちなみに、私は他の雑誌に投稿する気はないから、私がムーに出すこともテレビに出ることもありえない。期待しないようにナ。私はそういう意味の俗物ではない。

まず例の太陽付近に触手を伸ばした有名なラジャ・サンの映像を見てみよう。以下のものである。

この映像の一番大きなラジャ・サンの上にもう少し小さい似たような天体か、物体が存在する。そこだけピックアップしてみよう。次のものである。
e0171614_19144932.jpg

確かに、もう一つの小さいものが、大きなもののすぐ上に存在する。これで2つめ。(右側にも怪しい部分もある。)

さらに、このYouTube画像の映像中で、黒い天体の影が太陽を通過する。これはもう一つラジャ・サンが存在することを示唆している。次のものである。
e0171614_19164377.jpg

e0171614_19164873.jpg

というわけで、ラジャ・サンは一個ではない。いまのところ、3個存在する。ひょっとしたら無数に存在する可能性が高い。西洋では、「1,2,3,多数」と数えるからである。3対問題は多体問題の最初なのである。

はたして、このラジャ・サンとは何者か?

ひょっとして、ミニブラックホール? あるいは、物理学者が見つけたかった「磁気単極子」=「モノポール」だろうか? いったい何者なのか?

いずれにせよ、アセンション系の連中のいう「銀河連邦」の宇宙船ではなさそうですナ。連中はすぐだまされるからナア。


おまけ:
ちなみに、この「円盤屋」の司会をしている、アイコさんというのは、杉田愛子さんという女性らしい。この人は、むかしスター誕生でアイドルになった杉田愛子という人らしいヨ。この人である。
杉田愛子の巻・その�('81)
e0171614_14343268.jpg



かなりの美人ですナ。
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-04-01 19:23 | ミステリー

<< テスラvsアインシュタイン:銀... イグチ博士、賞金一億円の懸賞問... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE