飛鳥昭雄は、モルモン教のエージェントだった!?:いや〜〜、参ったネ。

みなさん、こんにちは。

サイエンス・エンターテイナーの飛鳥昭雄氏、この私も長らく彼のファンの一人なのだが、この間の話の中に「自分が所属するキリスト教会はアメリカにある」という部分があった。どうもそこが引っかかるので、どの教会なんだろうかと調べてみると、どうやらモルモン教会であった。これをメモしておこう。

まず、飛鳥昭雄氏の所属するキリスト教とは、
末日聖徒イエス・キリスト協会
末日聖徒イエス・キリスト教会
e0171614_1638423.jpg
というものらしい。

「末日聖徒イエス・キリスト教会」というから、なんと仰々しい名前なんだと感じたのだが、なんていうことはない。昔の「モルモン教会」のことではないか。何か懐かしいので、ここにメモしておこう。

このモルモン教の聖地はユタ州ソルトレークである。だから、私はユタ大学出身のため、4年間その聖地に住んでいた。初めてアメリカ大陸に宿泊した場所が、ソルトレークのフェアバンクのモーテルだった。私は週末にアメリカに行ってしまったため、大学が休みで、始まるまでの2日間そのモーテルで過ごしたのだった。私は右も左もわからず、大学内でトランク片手に困っている所にちょうど出くわした家族がいた。その家族が帰るついでだからといって、そのモーテルまでわざわざ送ってくれたである。

その家族がモルモン教徒だったかどうか知らないが、一般にモルモン教徒は実に親切な人達である。あまり悪い人はいない。

ユタ大の学部学生の7割〜8割はモルモン教徒である。一方、教える方は、ほとんどいない。大学院生もほとんど他から来ているために、極めてモルモン教徒は少ない。モルモン教徒が100%通う大学は、BYU(ブリガム・ヤング大学)の方である。ソルトレークの隣のプロボーという都市にある。インディージョーンズの教鞭をとる大学がここだと言われている。

かつてモルモン教の宣教師は、白いワイシャツにスラックスと自転車の出で立ちで日本で宣教した。今もそうかどうかは知らないが、だいたいそんな格好をする。ほとんどが白人の都市だから、日本女性の目には、非常にハンサムでかっこ良く見える。いまでいうイケメンに見える。それで日本人信者を獲得したのである。

そうやって海外や日本で宣教師を終えると、モルモン社会でそれなりの功績となり、奨学金がもらえるのである。日本人を何人信者にしたかによって、自分の位が上がり、それなりの称号を得る。そうやって、大学に入る。

私はそういうふうにして日本から帰ってきたモルモンの大学生をたくさん教えた。だから、「あなたは長渕剛のCDもってるかい? 僕は持っているが聴くかい?」とかいろいろ誘われたものである。

すると、今度はプロボーに若い日本人女性がたくさんやって来るようになった。それは、そういうユタの米人宣教師を好きになってユタまで追っかけて来たのであった。そうやって、若い女性がプロボやソルトレークに住み着くようになる。斉藤由貴さんもやってきた。

すると、今度はそういう日本女性を追っかけて日本人男性がたくさんやってくる。日本のモルモン教会で好きになった日本女性信者を追いかけるのである。

私は大学院生だから、遊んでいる暇がないから、必死で週2日の徹夜をしていたという頃のことである。とまあ、そんな1980年代後半であった。そんなモルモン教のソルトレークだから、なぜか懐かしい。

さて、モルモン教徒は、コーヒーを飲まない。飲んではいけないことになっている。コカ・コーラ(コーク)も飲んではいけないことになっている。カフェイン入りは全部ダメということになっている。

しかし、私は、モルモン教徒でも何でもないから、コーヒーは飲むし、コークも飲み放題だった。ソルトレークの有名な喫茶店ロースティングカンパニーの常連だった。週末には必ず行っていた。

そのせいかどうか分からないが、いつしか私はかなり重度のアレルギーを発症したようである。咳が止まらない状態が始まったのである。今思えば、スギ花粉症だったようである。結果的には、それが日本に帰国後にさらにひどくなり、結局企業を出る原因になったのである。まあ、モルモン教の祟というやつですナ。

まあ、だいぶ余計な話が長くなったが、どうやら飛鳥昭雄氏はモルモン教徒ということらしい。そうすると、氏の終末思想やキリスト教徒の話やヘブライ人の話が良く分かる。

要するに、「これから世界は終末に向かうから、モルモン教に入らないと救いはないヨ」と言っているわけである。
飛鳥昭雄ファンクラブ

まあ、普通の言い方をすれば、「飛鳥昭雄はモルモン教のエージェントだ」ということになる。モルモン教は日本の創価学会や統一教会や立正佼成会のように大組織である。だから、金がある。信者も多い。なるほど、なるほど。という感じですナ。

信じるものは救われる、というやつですナ。信じないものは救われない。

きっと私の額には666が印字され、腕には一生とれないバンドを付けられ、体内にはマイクロチップが埋め込まれてしまうのだろう。

世も末ですナ。


おまけ:
飛鳥昭雄さん、ルンルンですナ。
飛鳥昭雄+桜田ファミリア
e0171614_14152738.jpg

e0171614_14153793.jpg
e0171614_1415524.jpg
なんなんだ、これ??? 鉄郎とメーテルにしか見えないが?
[PR]

  by KiKidoblog | 2013-04-02 17:27 | 人物

<< ジョーク:レシートで大当たり”... テスラvsアインシュタイン:銀... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE