ミッションインポッシブル:エピソード「ボストンマラソンを爆破せよ!メーデーの捧げもの」

ミッション:インポッシブル ダイジェスト予告編


みなさん、こんにちは。

もはや、ボストンマラソン爆破テロは、まさにインサイドジョブの典型中の典型であったことは明白である。まさにメーデーのための血の捧げもの、そして、「大統領があいつはテロリストだと言えば、そいつはテロリストになる」という、通称「オバマ法案」の実演場と化したのであった。もはやアメリカは「自由の国アメリカ」ではなく、その昔のKGBのソ連のように「今日のアメリカ連邦共和国(=ア連)」とあいなったというわけである。

一見不可能に見えるすべては最初から綿密に計画されてできた「マッチポンプ劇」であったといえるだろう。以下のものである。
FBI Psyop Press Conference INFOBOMBED!


壁の中からすっと現われる不審者の姿あり。一番右端に注目。
e0171614_723888.jpg

e0171614_7163234.jpg

e0171614_7163976.jpg

チェチェン人兄弟が通り過ぎた後に右側の壁からすっとその後ろ姿を確認しながら、左耳に仕込んだ無線機で連絡するエージェントの姿もしっかり捕らえられていた。すべては「仕込まれたワナ」であったということですナ。プーチンの反撃が怖いヨ。俺は知らね〜〜。

スモーキングガンショット
e0171614_7393491.jpg
「すべては計画されていた」わけですナ。
この青年にアカデミー「演技」賞をあげようヤ!
e0171614_8515549.jpg

地震やらテロやら 好き勝手にやってくれますねぇ――ボストン・マラソン爆破事件も大いに「ヤラセ」の可能性より
例の「両足を失った血みどろ足の青年」は、すでにアフガンで両足を失っていた青年であった。これなら出血多量で死ぬはずがないヨナア。NWOは人間の感情の特性のすべてを突いて来るというわけですナ。

問題は、これがオバマの「銃刀法規制法案」不成立の時の脅しとしての報復で行われたのか、あるいは、もっと別の特殊な重要法案を通すためのカモフラージュとして行われたのかどうかということであろう。おそらく、その両方だったのだろう。さもなくばこれほど金と時間と人材をかけてまでして行うはずはないからである。

マシュ〜〜君、アセンションまだ〜〜??? 古歩道君、大量逮捕まだ〜〜???
いやはや、世も末ですナ。


おまけ:
これには右端の私服の工作員の顔もしっかり映っているようですナ。

[PR]

  by KiKidoblog | 2013-04-22 08:35 | コンスピラシー

<< 「チャーリーとテロ工場」:メイ... Wanted !:いまや世界ネ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE